FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in 仁王 無難にボス攻略

仁王 無難にお勝攻略 仁王攻略日記

-- COMMENT




お勝3

お勝戦ですが、お勝は移動速度、攻撃速度が全体的に早いですが、1週目では気力の絶対量が低いため大太刀や槍といったリーチの長い武器であればお勝に攻撃を当てやすくヒットアンドアウェイで攻撃を繰り返していれば気力を容易に削ることができ追い打ちを取れるとそれほど苦戦しませんでした。

ただその様相が変わってくるのは悟りの道以降ですが移動速度や攻撃速度は全体的に速さを増している印象でそのスピードは攻撃パターンによってはマリアを超えているのではないかと感じる次第ですが、仁王の道や無間獄のお勝は火力も相当高いため接近戦におけるお勝の連続攻撃はその攻撃速度の速さと相まってお勝の連続攻撃をまともに食らうと即蒸発のため個人的には怖いの一言です。仁王の道でははお勝の気力の絶対量が非常に高いため低周回と同じようにヒットアンドアウェイで攻撃をチクチクと繰り返していても気力を削り切ることがなかなか難しい印象です。

そのため仁王の道や無間獄では接近戦を避け、お勝の前半戦はお勝の使用する3本クナイ攻撃に合わせて2ステップ程度でお勝に密着して攻撃できる距離感をキープし3本クナイの攻撃時のみ攻撃を入れるようにし後は回避に専念しています。使用する武器は刀で流影斬で安全に攻撃できるタイミングだけを狙い後は極力スルーしています。

前半戦ではお勝と距離を取ると離れた距離から一気に距離を詰め突進突きのような攻撃を仕掛けてきますが、この攻撃を前半は連発してきます。この攻撃は前ステップで回避しお勝と距離を取り直します。この前半戦の突進突きの回避タイミングは後半戦も同様ですがお勝の使用する武器が光ると同時に「ピーン」という音がするのでその光と音に合わせて前ステップ回避で安定して回避できます。この攻撃を含めお勝の攻撃は下段構えのほうが回避しやすい印象です。

ただ3本クナイの攻撃に合わせてお勝に接近する場合は中段構えのほうがステップ時の移動距離が長いので3本クナイを回避しつつお勝に密着する際には有利です。状況に応じて中段構えと下段構えを切り替えるのがベターですが、お勝戦ではそれほど余裕がないので下段構えで運用しています。




nioh 2018-10-18 14-49-36-595


個人的にお勝の3本クナイ攻撃を確実に回避して密着するのが苦手なので防具のオプションに「忍術・陰陽術の被ダメージ怯まない」をつけています。神宝限定のOPのようですがこれがあるとお勝や佐助などクナイなどの忍術アイテムを使用してくるボス戦ではその名の通りクナイ等の投擲武器で被弾しても怯まずにそのまま回避行動や攻撃をすることができるため、多少の被ダメージは受けるもののクナイ攻撃をうまく回避しつつ敵に密着するのが苦手な場合にはあると立ち回りが楽になります。



後半戦に移行すると守護霊モードとなりお勝の攻撃パターンで特徴的な離れた距離から一気に距離を詰めてくる突進突き攻撃の
パターンが変化します。1パターン目は1回目、地面に着地した状態での突進突き攻撃の後、2回目の突進突き攻撃時には空中に飛び上がり空中から切りつけてきます。2パターン目は空中に飛び上がり3本クナイを飛ばした後空中から切りつけてきます。

1パターン目の突進突き攻撃ですが1回目の攻撃は前ステップで回避した後、2回目の攻撃はバックステップで安全に回避できると同時にお勝に安全に密着できるため流影斬で安全に攻撃することができるのでかなり美味しいです。突進突き攻撃の2回目をバックステップで回避する場合には個人的には下段構えを使用しています。中段構えだと回避時の移動距離が長いためバックステップ後、お勝とのバックステップ時の距離によりますがお勝から距離が離れすぎてしまい綺麗に密着することが散見されます。

下段構えは中段構えに比べ回避時の移動距離は短いですがそれがかえって2回目の空中からの突進突き攻撃をバックステップ回避時にお勝と密着しやすくなるため流影斬を3連ヒットしやすくなります。ただ下段構えでもお勝と距離が離れすぎている場合に2回目の攻撃をバックステップ回避した際に綺麗に密着できず距離が離れすぎてしまう点は変わりません。2パターン目の空中に飛び上がり3本クナイによる攻撃後、空中から切りつけてくるクナイをガード後、突進突き攻撃は前ステップで回避しています。









動画は80階層のお勝戦ですがこの動画の前にお勝のコンボを喰らい軽く瞬殺されたのでビクビクしながらプレイしています。







関連記事
スポンサーサイト
  • Share