FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in 仁王 無難にボス攻略

仁王 無難に大谷吉継攻略 仁王攻略日記 

-- COMMENT




大谷吉継

大谷吉継は巷では雑魚ボスの名をほしいままにしているようですが個人的には少々苦手な部類のボスです。大谷吉継の攻撃は手数はさほど多くはないですし動きも割と遅い、掴み攻撃もしてこないた苦戦する要素がないように感じますが、大谷吉継の攻撃をガードした際の気力の消費量が高く、特に遠距離から放ってくる横方向と縦方向の2回の斬撃はガードした際の気力消費量が非常に高いため2発の斬撃をガードすると気力をごっそり削られ気力MAXでも気力は枯渇するか枯渇寸前になってしまい非常に危険です。

大谷吉継の攻撃を回避するのが苦手でガード中心でプレイする場合には防具を大鎧で固めることで敵の攻撃をガードした際の気力の消費量を大幅に下げることができ、尚且使用する武器にガード時の気力消費量軽減OPをつければさらに気力の管理が非常に楽になります。

大谷吉継にぴったりと肉薄することで敵の攻撃を左方向にステップ回避ないし左斜め前などでステップ回避することでうまい具合に背後に回り込むことができ背後から攻撃を加えることができるのはわかりますが、大谷吉継との密着度が悪いと同じ回避タイミングでも攻撃があたってしまうため個人的に背後に回り込むスタイルは苦手の一言です。

大谷吉継戦ではもっぱら敵の前面に位置し敵からの近接攻撃を誘発しつつ攻撃が当たらないギリギリ程度の距離感を後ろに下がりながら移動しつつ距離が近く当たりそうな場合には後ろにステップ回避で距離を取りつつキープし、やや左方向に移動する感じで攻撃後の硬直時に一発攻撃を入れてすぐに距離を取るするスタイルでプレイしています。このプレイスタイルの場合には刀だとリーチが足りないため必然的にリーチの長い槍を使用しています。

大谷吉継の正面に位置し後ろに下がりつつ、やや左方向に移動しながら敵との距離を取るメリットとしては遠距離からの縦方向の斬撃飛ばし攻撃の回避が非常に楽になる点ですが、縦方向の斬撃攻撃の予備動作を確認したら左サイドステップ2回で楽に回避できます。

大谷吉継の遠距離からの斬撃攻撃はどちらも物理攻撃のため属性攻撃の被ダメージ軽減率が低くても問題ないですが横方向の斬撃飛ばしに関しては個人的に1回目の斬撃攻撃の回避タイミングが計りづらいため1回目の斬撃をガードし2回目の斬撃を前ステップで回避しています。2回目の斬撃を前ステップで回避した後は攻撃のチャンスです。

槍の強攻撃は刀に比べ気力の削り値が地味に高いので攻撃を繰り返し入れていれば大谷吉継の気力を削ることも容易にできますが、敵の気力が切れた際には好きな武技などを使用し攻撃を入れればよいですが当方はボス戦開始直後と気力を削ってからの攻撃の際には螺旋風を使用しています。

螺旋風を使用する場合には当然、左近槍を使用するほうが火力は出ますし螺旋風OPつきの左近槍も所持はしていますが、大谷吉継戦ではガード時の気力消費量が全体的に高いことから攻撃力よりも気力の回復速度を優先したいのでアマテラス6揃えを維持したいためアマテラス恩寵の槍を使用しています。大谷吉継に限りませんが敵の攻撃をガード時に気力消費量の高いボス戦において、ガード中心でプレイする場合において気力管理がきついと感じる場合には防具を大鎧で固めると同時に禍斗+アマテラス6のように気力回復速度を上昇させる守護霊や恩寵を使用すると気力管理がかなり楽になります。

もう一点、後半戦で多用してくる突進突き攻撃ですが1回のみと2回飛んでくる場合があります。基本的に2回飛んでくると考えたほうが無難ですが、回避タイミングとしては大谷吉継の周囲に残像のようなものがブワっとしたものが現れたらサイドステップなどで回避。

この攻撃の回避が苦手であれば気力管理を徹底してあげればガードが無難だと思います。この突進突き攻撃は攻撃の出が早く被ダメージは結構エグいのでHP次第では一気に危険な状態となります。

槍であれば敵と距離が離れていてもここから当たるのかというくらい離れた距離の敵に攻撃を当てることができますので、前面に位置しつつ距離を取りながらチクチク攻撃していくプレイスタイルの場合には槍などリーチに優れた武器が無難というか実質的に必須になりそうですが。










動画は96階層の大谷吉継戦ですが修羅符と克金符を使用すればそれほど時間もかかりませんし、使用しなくても前面に位置するプレイスタイルの場合には火力がなくても時間を掛ければ比較的に安全に処理できます。





関連記事
スポンサーサイト
  • Share