FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in ダークソウル&リマスタード

アルトリウスの大剣(聖) ダークソウル検証武器

-- COMMENT


DarkSoulsRemastered 2018-06-16 10-44-35-430

この武器は灰色の大狼シフのソウルから錬成できますが錬成する際に使用する武器は直剣+10などではなく折れた直剣もしくは直剣の柄が必要となるため注意が必要です。必要能力値が筋力24、技量18、理力20、信仰20と小ロンド遺跡の亡霊に対してダメージを与えることが出来るアルトリウスの大剣よりも理力と信仰に求められるステータスがやや高いためより敷居が高いです。

この武器の最大の特徴は数ある神聖武器の中で最高峰の火力を誇る点ですがデーモンの楔石強化で+5まで強化し、筋力50、技量40では物理攻撃力180+補正値171、魔法攻撃力127+補正値138(合計616)と数値だけ見れば深淵の大剣を超え最強クラスの大剣と言えます。武器のモーション自体はアルトリウスの大剣と違いはないと思います。

神聖武器は魔法攻撃力が付与されている反面、武器を神聖派生させた場合には信仰補正が乗りますが筋力や技量補正は1段階落ちることとなり通常武器と比較するとかなり見劣りします。こればかりは止む終えないところですがこの武器が光るシチュエーションといえば必然的に神聖武器が必要となる地下墓地での攻略におけるスケルトン対策とと巨人墓場のボス戦である墓王ニト戦の前哨戦である3体のスケルトンとの戦闘になると思います。また前述した関係で例えば無派生のグレートクラブと神聖派生させたグレートクラブだと上記以外のシチュエーションで通常攻略に置いて使用した場合には神聖派生させた武器は無派生の武器に比べてダメージ量は大きく目減りすることとなります。

手持ちの神聖武器で3週目の地下墓地のスケルトンに対してどの程度ダメージが入るのか前述したステータスで簡単に検証してみました。地下墓地のスケルトンと巨人墓地の墓王ニト戦でのスケルトンにHPの違いはないと思われます。

武器の攻撃力

神聖のグレートクラブ+10 物理攻撃力227+74、魔法攻撃力277+57(合計635)
銀騎士の槍+5 物理攻撃力244+133(合計377)
神聖のクラブ+9 物理攻撃力120+49、魔法攻撃力147+38(合計354)
神聖のエストック+9 物理攻撃力122+35、魔法攻撃力148+32(合計354)
アルトリウスの大剣(聖)+5 物理攻撃力180+171、魔法攻撃力127+138(合計616)
神聖のクレイモア+9 物理攻撃力168+58、魔法攻撃力204+49(合計479)

3週目のスケルトンのHPおよそ475程度、片手持ちR1攻撃一回あたりのダメージ量と倒すまでに必要な回数

神聖のグレートクラブ  ダメージ量331 2回
神聖のクラブ  ダメージ量95 5回
神聖のエストック  ダメージ量61 8回
銀騎士の槍  ダメージ量123 4回
アルトリウスの大剣(聖) ダメージ量322 2回
神聖のクレイモア+9 ダメージ量144 3回


攻撃力だけ見ると神聖のグレートクラブは合計攻撃力635とアルトリウスの大剣(聖)より若干火力が出ています。ただグレートクラブは武器の振りが遅く攻撃後の硬直時間も長いです。地下墓地での攻略では1体ごとに各個撃破していく場合にはスケルトンの攻撃を盾受けしてから攻撃をすれば武器の振りが遅い大槌でも十分に間に合いますが墓王ニト戦では3体のスケルトンとの複数戦になるため1体のスケルトンの攻撃を盾受けしてから攻撃している間に他のスケルトンから攻撃を受ける可能性があります。

その場合には防具や指輪を装着して強靭を上げて多少ゴリ押し気味で攻めれば良いですが重い防具を着て強靭を稼ぐとローリング性能が低下して今度はニトが仕掛けてくる叫び声に続き地面から剣が突き出してくるニトの攻撃の回避が難しくなるデメリットがあります。被ダメージ量自体は3周目程度でも即死級の攻撃ではないので無視しても良いですがノーダメージ攻略ないし、限りなくノーダメージ攻略に近い形を狙いたい場合には少々ネックです。

銀騎士の槍や神聖のエストックは盾チクが使用できるため3体のスケルトンと戦うニト戦ではベターですがエストックは火力が低いため1体倒すまでに8回ほどの攻撃を要します。1周目では刺剣で十分ですが、3周目だと火力が不足しがちでなるべく短時間で倒しニトの叫び声からの剣での攻撃に備えたいためその点は少々ネックです。銀騎士の槍は4回で倒すことが出来きリーチの長さから遠距離から斬りつけることも出来るため悪くないです。ただ近距離戦で盾チクを使用する場合には刺剣のほうが攻撃の出が早く攻撃後の硬直時間が短いため槍を使用するよりも具合が良い場合が多いです。


神聖のクレイモアは3回の攻撃で倒すことができますが大剣で攻撃すると若干スケルトンが崩れ落ちるた敵にめ大きな隙きが生まれます。その隙に畳み掛けることができ尚且横払いで複数のスケルトンを攻撃できるため割と使いやすいです。

神聖のクラブは一発でスケルトンを崩すことが出来るものの5回の攻撃を要します。振りが遅く攻撃範囲も狭い、外すとふらついて隙きが大きいとこの点は少々ネックです。

アルトリウスの大剣(聖)は3週目のスケルトンでもわずか2回で倒すことができますがグレートクラブよりも遥かに武器の振りも早く攻撃後の硬直時間も短いため非常に使いやすく火力も高いと文句のつけようがありません。地下墓地やニト戦でのスケルトン対策として理想的なのはアルトリウスの大剣(聖)で間違いないと思います。ただ神聖のクレイモアでも前述したステータスだと3回の攻撃で倒すことが出来ることを考えるとクレイモアでも良い気もします。

ただこの武器は補正値が高いもののベースとなる武器の物理攻撃力はやや低いため高レベル帯では補正値の伸びに従い総合的な火力は高い武器となりますが武器を所持できる最低限のステータスだと補正値の伸びが悪いため総合的な火力はかなり控えめになると思われます。これはクレイモアのように筋力C、技量C補正がつく能力補正が高い武器全般に言えることなのでこの武器に限ったことではありません。

又理力や信仰に20を割り振る必要があり、費用対効果という点を見るとこの武器のように神聖武器という特定のシチュエーションでのみ真価を発揮する武器のためだけに理力や信仰に20を割り振る必要性があるのかという問題があります。無印ではステータスの振り直しはリマスタード版でもできないと思われますが(仕様が変わっていなければ)無印にはダークソウル2やダークソウル3のように一回のソウルマラソンで10万単位でソウルを稼ぐことが出来るポイントがあるわけでもなくレベルを上げるのは個人的に200弱が限界です。(一回辺りのソウル獲得量が低すぎてマラソンがしんどすぎる)普通は200までレベルを上げることもないと思いますので限られたレベルに対してステータスの割り振りを考えると正直この武器のためだけに理力や信仰を20上げるだけの価値はないように感じます。

個人的に理力を上げておくとデーモンの楔石や竜のうろこマラソンなどの各種マラソンをする際にソウルの結晶槍や結晶塊などの魔術が強力で便利なので理力は50程度まで上げています。信仰は18まで上げると家路が使用でき帰還の骨片が要らなくなるので上げるだけの価値はあると思います。深淵の大剣は信仰18で使用できるし火力も物理攻撃力最高峰の大剣であることから通常の攻略において非常に有用でありR2のモーションはアルトリウスの大剣と同じ攻撃を繰り出すことができると文句無しで格好良いためこの武器のために信仰を18確保することは悪くないと感じます。(なくても問題ないですが)

深淵の大剣を使用できるだけのステータスを確保するなら信仰を+2上げればこの武器が使用できることからその場合には神聖武器最強の火力を誇るこの武器を作成するのも悪くはないと思います。筋力と技量を40程度に割り振る場合には補正値の伸びも良く火力は高いし扱いやすい大剣ということもあり有用な武器ではあります。






リマスタード版の3周目ニト戦で使用してみました。お供のスケルトン対策としては火力も十分で武器の振り、攻撃後の硬直時間も短いことから使いやすさは今まで使用していた神聖武器の中ではずば抜けていると感じます。ただニトに対してはクラーグの曲剣などのほうが手数の多さから火力が出るし攻撃後の硬直時間も短く使いやすいためため素直に別の武器を使用したほうが良いと感じます。武器の検証なのでこの武器で攻略していますが。


















関連記事
スポンサーサイト
  • Share