FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in ダークソウル検証武器

アルトリウスの大剣 ダークソウル検証武器

-- COMMENT


アルトリウスの大剣

アルトリウスの大剣

この武器は大狼シフのソウルと短剣、直剣、大剣、特大剣+10を錬成することで作成することができますが、直剣の柄から作成するほうの神聖効果の付与されたアルトリウスの大剣とは別になります。

必要能力値は筋力24、技量18、理力18、信仰18、重量は10です。筋力や技量はともかくとして理力と信仰にも18とやや高いステータスを必要とするため人によってはその辺りがネックとなりそうです。この武器はデーモンの楔石強化で+5まで強化すると筋力46、技量40の場合に物理攻撃力267+能力補正値274(合計541)になりますが深淵の大剣にはやや及ばないものの同じステータスでは大王の大剣を抜く攻撃力を有するとかなり強力です。

武器のモーション自体はR2攻撃以外は他の大剣と大差ないと思います。R2攻撃は片手持ちがやや貯めが入った後で突き攻撃、両手持ちR2は右下から左上に対する袈裟斬りのようなモーションですがアルトリウス同様のモーションで攻撃できる点は面白いもののどちらもやや貯めが長いため少々使い勝手が難しいと感じます。

そのまま使用しても十分に強力ですがこの武器の最大の特徴は小ロンド遺跡の亡霊に対して一時の呪いを使用せずとも攻撃することができ、尚且亡霊からの攻撃も武器でガードすることが出来る点です。この武器と同じように亡霊に対して一時の呪いを使用せずとも攻撃できる武器としては亡霊ドロップの亡霊の刃や亡霊のギザギザ刃が挙げられますがこちらは単発の火力も低くリーチも短いと複数の亡霊を相手にするには心もとないです。





その点この武器はリーチがあることから複数の亡霊に対して攻撃することができ大剣カテゴリの中でも最高クラスの威力を誇ることから十分なダメージを与えることができます。なおかつ亡霊の攻撃を武器でガードしても物理カット率60%、受け値38%と単発の攻撃なら十分に対応することもできます。動画は3周目で検証したものですが両手持ちダッシュ攻撃なら1回、片手持ち、両手持ちR1攻撃なら2回で倒すことが出来ることから火力は十分だと感じます。

一時の呪いは金蛇の指輪を装備してアイテム発見率を上げていれば割とドロップしますし、店で1000ソウルで(たしか)購入することも出来ます。2周目以降ソウル獲得量が上がるため店で購入しても良いと思いますがいずれにせよ数に困るということは基本的にはないと思います。

一時の呪いを使用せずとも亡霊を攻撃することができ、尚且亡霊の攻撃をガードすることが出来るのは便利といえば便利ですが個人的には斧槍といったリーチの長さと攻撃範囲の広さ、手数の多い武器のほうが具合が良いと思います。この武器を一時の呪いを使用せずとも亡霊に攻撃できるという点のみで作成するメリットが有るかといえば個人的には微妙だと思います。

ただ一時の呪いは制限時間が5分ほどですがいつのまにか効果が切れてしまい亡霊に攻撃することも亡霊の攻撃をガードすることもできずにパニックになっているうちに複数の亡霊からフルボッコされたということを経験された方もいらっしゃると思います。一時の呪いの制限時間の管理が適切にできていないとその様になってしまいますがこの武器を保険として使用していれば一時の呪いの効果がいつの間にか切れていても亡霊に対して攻撃や武器でガードすることも出来るので、一時の呪いの制限時間の管理の点から言えば有用といった感じでしょうか。

R2攻撃はやや貯めが長いので個人的に使用することは稀ですが、R1攻撃主体であれば使いやすく大剣カテゴリでは最高クラスの火力を誇りなおかつ一時の呪いを使用せずとも亡霊に対して攻撃することも出来る。重量が10とツヴァイヘンダーと同じ重量である点はややネックと言えますが武器を持つための必要要件を満たしておりシフのソウルが余っていたら作成するのも面白いかもしれません。















関連記事
スポンサーサイト
  • Share