FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in ダークソウル検証武器

居合刀 ダークソウル検証武器

-- COMMENT





DarkSoulsRemastered 2018-05-27 21-17-20-822


居合刀

この武器は病み村に向かう途中の篝火近くの高台の上に落ちていますが高台の上にはジャンプでしか行くことができませんが失敗すると複数のMOBの直ぐ側に落ちるためその点がややネックです。ジャンプの練習にちょうどよいですが。打刀に比べると必要能力値がやや高く筋力14、技量20と技量に求められるレベルが高い点が少々難があります。打刀同様攻撃時のスタミナ消費量はやや高めです。能力補正がA補正かかり+15まで強化した場合には、技量25で物理攻撃力220+能力補正値115(合計335)。
技量40だと物理攻撃力220+補正値190(合計410)です。居合刀は必要技量が打刀より高いものの技量40の場合には打刀が物理攻撃力225+補正値195(合計420)と若干劣ります。


攻撃モーションはR1攻撃が刀カテゴリである打刀、物干し竿と同様となっており1段目が右斜め上段から左斜め下への袈裟懸けです。この袈裟懸けは斜めに振り下ろすため広範囲の敵に当てやすいという特徴があり武器の振りが早く攻撃後の硬直時間も短く武器のリーチ自体もそこそこあるため割と使いやすいです。

R2攻撃が独特なモーションとなっており居合刀の場合は片手持ちR2が居合斬りのモーションに入った後に前方に素早く移動しつつ横払して切りつけます。これは攻撃の出が早く広範囲を斬りつけることができますが決まれば広範囲のMOBを纏めて斬りつけることができることからなかなか気持ちが良いです。両手持ちR2はやや貯めが入りじんわりと前方に歩いていきつつ前方へ大きく踏み込んで横払で切りつけます。こちらは発動までの時間がやや長いため少々扱いが難しい印象です。片手持ちR2攻撃は発動までが早いため扱いが容易で威力もそこそこあるため気分転換に使うとなかなか面白いです。

刀カテゴリの武器は出血ダメージを与えることができますが出血耐性の低いボスに対して出血ダメージを蓄積させ出血による大ダメージを与えることが可能であり出血耐性の低い敵には非常に具合が良いです。ただ手数の多さは短剣には劣るため出血ダメージを積極的に狙う場合にはプリシラの短剣などの出血武器を使用したほうが具合が良い場合も多いです。








DarkSouls Remastered デーモンの炎司祭 居合刀

参考動画はリマスター版のデーモンの炎司祭戦で使用したものですが安置となるデーモンの背面に位置せず、あえてロックして前方に位置して戦う場合においては武器のリーチの長さから短剣よりも切りつけやすく通常のダメージを与えつつ出血ダメージも適度に狙うことができます。このような場合はプリシラの短剣などよりも具合が良いです。










ダークソウル リマスタード 四人の公王 2周目 居合刀

参考動画は2週目の四人の公王戦で使用したものですが手数の多さでダメージ量を稼ぐスタイルだと公王戦では非常に使いやすく強力です。居合刀+14、技量36、理力44で内なる体力と触媒に結晶の錫杖を使用した結晶魔法の武器によるエンチャントで一発あたりのダメージ量は実に680弱と手数の多さから公王のHPをゴリゴリと削っていきます。




関連記事
スポンサーサイト
  • Share