FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in 未分類

動画編集ソフトPowerDirector16を導入しました

-- COMMENT



PowerDirector-SS.png

今まで動画編集ソフトとしてAviUtlとかBandicutを使用していました。AviUtlは無料で使えるにも関わらず機能的には有志の作成したプラグインを追加すれば有料の動画編集ソフトに比べて遜色ないと思われますがエンコードの設定が非常に煩雑で未だにYoutubeにアップロードする際に画質とエンコード時間のバランスの取れたエンコード設定の最適解が分かりませんが今の設定だとエンコード時間が10分程度の動画で3時間を超えるなど非常に長いためその点がネックとなっていました。後、無料なのは嬉しいですがあまり直感的に使用できるようなユーザーインターフェイスになっていないと感じ個人的に感じますがその辺りも少々ネックです。

BandicutはBandicamの姉妹ソフトですが動画のカット、分割、統合といった簡単な処理しかできないもののエンコード時の画質の低下がほとんどなくエンコードの処理時間も非常に早いため個人的に動画を多少カットしたり複数の動画を統合すると行った簡単な編集しかしないのでBandicutは重宝していました。

ただBandicutはテキストを挿入すると行った作業すらできません。そろそろ動画にテキスト入力くらいはしたいので有料でも使い勝手に優れた動画編集ソフトの導入を検討していました。お試し版のPowerDirector16を使ってみたところ操作性は悪くなく割と直感的に使うことができると感じましたが特筆すべきはAviUtlでは非常に煩雑だった動画の出力時のエンコードの設定がプリセットからYoutubeにアップロードする際に最適なものを選ぶだけで綺麗な画質の動画に仕上がる点です。

エンコードはGPUによるハードウェアエンコードを使用することができることからエンコード時間は非常に早いと文句なしです。ハードウェアエンコードは使用せずにソフトウェアエンコードのほうが出力される動画は画質的に有利なようですが画質に極力こだわりたいときはソフトウェアエンコードを使用し、普段は画質そこそこ、エンコード時間が早いハードウェアエンコードを使用すると使い分けができるのは嬉しいです。

今回購入したのはパッケージ版ですが今どき珍しく紙媒体のマニュアルが用意されておりマニュアルは分厚く200P弱あります。個人的にオンラインマニュアルやPDFの類は使い勝手が悪く感じるため確認したい事項があるときにさっとマニュアルを取り出して調べることができるため重宝します。AMAZONだとダウンロード版と値段の差はさほどないのでパッケージ版を導入したほうが良いと思います。

まだ使い始めたばかりなので基本的な操作しか分かりませんが徐々に慣れていきたいと思います。イリュージョンゲームを含めMODの紹介動画やMODの導入動画などにテキストを入れて解説するような動画を今後作れたらと思っています。










関連記事
スポンサーサイト
  • Share