FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in コイカツ日記

コイカツ ゲーム本編のフレームレートが安定しない件

-- COMMENT


CharaStudio 2018-04-29 23-01-53-603


コイカツはゲーム本編で同時に表示される女の子の数が多い昼休み時間の食堂などでフレームレートがまるで安定せず時折30FPSを大きく下回るなど大きく落ち込みます。どの程度ゲーム中にCPUやGPUに負荷が掛かっているのか以下の動画ではMSIのアフターバーナーでCPU、GPU、メモリなどの使用率について計測しています。項目1段目のGPUの項目の左から2個目がGPU使用率、D3D11の項目がフレームレートです。


環境
CPU i7 2600k+GTX1070+メモリ16GB(垂直同期はオフ)






確認して見た限りでは昼休み時間の食堂などでフレームレートの落ち込みが顕著に出る場合でもCPUやGPUの使用率自体は別段高くもありません。それにもかかわらずフレームレートが安定しないというのはコイカツのゲームエンジンのパフォーマンスが単純に低すぎることが原因と思われます。たしかにハニーセレクトやプレイホームに比べれば同時に表示されるオブジェクトの数は多いですが多いと言っても精々20体程度だと思いますので2018年にリリースされたゲームがこの程度の処理でフレームレートを60FPSをキープできないのは少々困りものです。

コイカツで使用されているゲームエンジンの名称は分かりませんが非常に重いことで知られているリアルFPSであるArma3は複雑な演算処理が伴う物理エンジンを使用していることもあり配置されるオブジェクトの数が増え高い負荷が掛かるとフレームレートの落ち込みが顕著となります。Arma3はGPU使用率は低いけど高負荷がかかった際にフレームレートが安定せず大きく落ち込みます。これはゲームエンジンのパフォーマンスが低いためフレームレートが安定しないと思われますが逆にWitcher3は負荷がかかった際のGPU使用率が非常に高くGPUをぶん回すことで知られていますがWitcher3のように高負荷時にGPU使用率が高くフレームレートをしっかりと稼ぐことができるゲームエンジンはパフォーマンスの観点から見れば非常に秀逸だといえると思います。

コイカツもArma3と同様の理由で重いのだと思われますがコイカツで使用しているゲームエンジンがそもそも同時にあれだけの数のオブジェクトを表示することを想定していないのだと思いますが前述したGPUを使用してもシチュエーションにより快適にゲーム本編を楽しむというには程遠いため素直にアンリアルエンジンでも採用して欲しかったと感じます。

Arma3はGTX760相当のGPUからGTX1070に切り替えてもフレームレートの落ち込みが顕著となる同様のシチュエーションでほとんどFPSに違いはありませんでしたが(そもそもArma3はCPU依存だと聞きますが)コイカツも恐らくはGPUをGTX1080Tiなどに変更してもさほどの違いはないのではないかと思います。逆にいえばGTX1050Ti等を使用してもGTX1070環境とフレームレートにさほど違いもないのではないかと推測します。

仮にSkyrimやFallout4を手がけるベセスダの新作がリリースされ同様の現象が出たらSteamのフォーラムは炎上間違いなしだと思いますが、そこはエロゲーをリリースしているイリュージョンですので管理人もコイカツのフレームレートがシチュエーションにより低すぎる問題についても、まあイリュージョンだからなあの一言で済ましてしまいます。世界的なスタジオと細々とエロゲーを作っている零細スタジオを比較するのも酷というものですので。

プレイ初日は新作を遊ぶことができるワクワク感が勝り気になりませんでしたがその感覚が徐々に落ち着いてくるとゲームの重さというものが気になりだしフラストレーションが地味に溜まります。一層のこと読み込む女の子の数を少なくしようとかとも思いましたがそれも味気ないです。ゲーム自体は面白いんですけどね。



関連記事
スポンサーサイト
  • Share