FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in プロジェクトカーズ2日記

ブレーキングポイントの簡単な見極め方 プロジェクトカーズ2

-- COMMENT






プロジェクトカーズ2では設定を変更すれば走行ラインを常に表示することができるため減速が必要になった際に走行ラインの色が緑色から赤色にリアルタイムで変化して知らせてくれるため大まかなブレーキングのタイミングはレースゲーム初心者でも掴みやすいです。ただ実質的なブレーキングポイントのかなり手前から走行ラインの色が赤色に変わるためCPUレベルが30とか40とか低い場合はアバウトにブレーキングポイントを設定しても対応できてしまいますがCPUレベルが50を超えてくると全体のペースは目に見えて早くなるため使用している車種に応じて適切にブレーキングポイントを見極めることが重要になってきます。

特に長いストレート区間でトップスピードからのフルブレーキをする箇所はブレーキが早すぎれば大きくタイムをロスし遅すぎればコースアウトしてしまうとさらにブレーキングポイントの見極めが重要ですがタイムを縮めるためには使用している車種に対するブレーキングポイントの正確な見極めが非常に痛感しています。




sugo1-1.jpg

画像1

比較的簡単にブレーキングポイントを見極めるやり方はサーキットの配置されている標識などのオブジェクトを目印にするというものです。ただコースによってはコーナーに標識がない場合も多々あります。画像1はSUGOのホームストレートですがここには標識といった目印になるようなオブジェクトはありません。個人的にここで目安にしているのは画像1の緑色の○で囲った箇所です。ここには「YOKOHAMA」と書かれた看板が並んでいますがこの「YOKOHAMA」の看板が途切れる箇所を一つの目安にしてブレーキングポイントに設定してフルブレーキを掛けています。

当方が主に使用しているF50だと上記の箇所を目印にすればデフォルトのセッティングならトップスピードからでも十分にブレーキは間に合います。車種によって異なるため後は実際に走りながらブレーキングポイントを微調整すれば良いと思います。後はブレーキングポイントの見極め方としてCPUのブレーキングポイントを参考にするというものです。CPUの速さは1位から3位までとそれ以下で大抵の場合速さも大きく異なるため1位から3位までの車の後ろに張り付いてCPUがブレーキを掛けたポイントを把握しておけば後はそれを参考にサーキット場に配置されているオブジェクトを目印にして自身でブレーキングポイントを設定します。





sugo2_20180427074805a2d.jpg

画像2

このSSはSUGOのホームストレートと別のもう一つのストレート区間ですがここでは緑色の○で囲った箇所を目印にしています。



バルセロナ1

画像3

このSSはバルセロナGPのホームストレートですがここでは緑色の○で囲った看板を目印にしています。




走りながらそれらを正確に把握することはなかなか難しいためレースが終わった後リプレイ動画で確認しても良いですしゲームをキャプチャーソフトで録画しておいてそれを後で見返してブレーキングポイントになりそうなオブジェクトを確認する作業をするとゲームを終了した後でもプレイを見返すことができるため作業がはかどります。公開するかどうかは別としてYoutubeにアップしておけばPCのストレージ容量を圧迫することもないので自分の検証用にアップしても良いと思います。




関連記事
スポンサーサイト
  • Share
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。