FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in プロジェクトカーズ2日記

プロジェクトカーズ2 G29セッティング暫定 

-- COMMENT





G29を導入したものの今まで使用していたT80と同じようにハンドルを切ってもイメージする走行ラインをどうにも走ることができないというかまともに曲がってくれません。どうもプロジェクトカーズ2ではハンコンのプリセットからG29を選択しただけのデフォルトのセッティングはG29に最適化されておらず適宜セッティングの微調整を図る必要がありそうです。アセットコルサではG29を選択するだけでこれといって調整する必要はないんですけどね。

プロジェクトカーズ2でG29を使用する場合のセッティングを関連サイトなどを参考にしつつ主に走行しているコースを走りながら調整を行ってみましたが概ね以下のセッティングでT80と同じようなハンドルの切り角で曲がることができそうです。

またG29はT80よりもアクセルとブレーキペダルのストローク量が少ないと思われますが、そのためT80と同じ感覚でアクセルペダルの開度を調整して踏んでいくとアクセルを踏みすぎてスピンすることが散見されます。ただG29のブレーキペダルはベタ踏みする一歩手前のロックする手前でぐぐっと重みが出るためかえってロック手前のブレーキの踏み込み量を維持しやすい印象を受けます。アクセルペダルはストローク量がやや少ないため違和感を覚えますがG29のペダル操作に慣れるためあえてセッティング側で調整はしていません。









ハンドリングとペダル設定

image1_20180414103126f61.jpg


ステアリング感度

ステアリング感度はハンドル操作に応じてどれだけゲーム内の車両のホイールが動くのかを決定するものでありホイールの反応を良くして小さなハンドル操作で大きな旋回力を得たい場合にはステアリング感度の数値を上げます。

この数値を大きくすることでより少ないハンドルの切り角で曲がることができますがFFBが働いた際の挙動とハンドル操作のダイレクト感は数値が100のほうが得ることができそうですが、車体がクイックに曲がることができる分一度車体が挙動を見出した場合のリカバリーは非常に難しい印象を受けます。個人的には85前後くらいが扱いやすさと曲がりやすさのバランスが取れていて具合が良い印象です。




image2_201804141031288b2.jpg

コントローラー入力のダンプ

左から右へ、あるいは右から左へどれだけ速くハンドルを着ることができるかを調整します。この値を小さい値にすることでより素早く左右に曲がることができるようになります。

この数値はステアリング感度とあわせて調整することでよりクイックに曲がることができるようになりますがT80に準拠すると概ね25程度が丁度良い印象です。

アクセルやブレーキなどのペダルの遊びは基本的に左足ブレーキを使用していますが微かに左足がブレーキペダルに触れただけで反応してブレーキを引きずっていることが散見されるためペダルの遊びはそれぞれ1で設定しています。







FFB設定

image3_2018041410323431b.jpg





FFB特性


臨場感
現実世界のドライバーがハンドルを通して感じる路面、縁石、タイヤスリップ、重量、サスペンション挙動のディテールを強く感じることができる。

ダイレクト
フォースフィードバックに手を加えずドライバーが体験する様々な反応をそのまま感じることが可能。

情報伝達
路面、縁石、タイヤスリップ、重量、サスペンション挙動のディテールを強く感じることができる。


FFB特性は3パターンありますがもっともFFBの働きにより路面の状況等がわかりやすく感じるのは解説にある通りダイレクトだと感じるためダイレクトで設定しています。



FFBボリューム

フォースフィードバックの重さを調整することができます。ボリューム設定を大きくするとホイールが重く感じることができる半面、路面や縁石などのディテールがそれほど感じられなくなります。全体的な硬さには影響がないものの路面や縁石などのディテールが強く感じられるようになります。

路面の状況をFFB経由で感じることができることを優先してデフォルトからやや下げて調整しています。またデフォルトのままだとハンドルの重さがコースによってはきつくハンドルを支えることができずに車体が挙動を乱してコースアウトといったことが散見されたため30前後で様子を見ています。


FFBトーン
路面のディテールやタイヤスリップの感触です。これはゲームオプションで選択される「特性」に応じて変化します。

「0」に設定すると調心トルク(Mz)フォース、路面ディテールが目立つがタイヤスリップはそれほど感じない方向に最適化することができ、「100」に設定すると横方向荷重(Fy)フォース、タイヤスリップを強く感じるが路面ディテールはそれほど感じないに最適化するように調整することが可能。

この設定は個人的にコーナーリング中にタイヤがスリップしそうになる、もしくはした際の挙動を掴みやすくすることでリカバリーしやすくすることを重視して100に設定しています。



FX
路面のディテールに作用します。この設定を上げると路面の凹凸や縁石といったディテールが強調されるものの、フォースフィードバック・クリッピングがより大きく、強くなる可能性があります。設定を下げるとディテールは弱まりますがクリッピングを防ぎ凹凸や縁石に乗り上げた際のフォースフィードバックがソフトになります。

個人的には路面の凹凸や縁石に乗り上げた際のフォースフィードバックの感触はそこまで重視していないためフォースフィードバック・クリッピングを防ぐ方向でFFBが働くほうがメリットが高いと感じるため「0」に設定しています。










関連記事
スポンサーサイト
  • Share