こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in プロジェクトカーズ2日記

プロジェクトカーズ2 レース日記 Red Bull Ring(GPコース)

-- COMMENT



red bull

Red Bull Ring(GPコース)ですが、このコースは全長4.32Km、コーナーの数は10個となっており、このコースの特徴は第1、第2コーナーが直角に近い角度となっています。どちらのコーナーもストレートが長いためトップスピードからのブレーキ勝負となっているものの、各コーナーが直角に近い角度であり、コーナーを抜けるまでに限りなく速度を落とす必要があるので返って難易度は低い印象です。

このコースで少々苦戦したのはSSでいうところのコース中央のU字というかオメガのような形状の黄色と青色のコースが重なる箇所となります。第2コーナーを抜け長いストレートを走った後第3コーナーを抜けて、やや短いストレート区間をF50の場合だと4速で走っていきオメガ形状の箇所に差し掛かったら2速まで減速しつつ左方向に抜けるコーナーに進入しパーシャルスロットルを基準としてアクセル開度を微調整してロール量をコントロールしてコーナーの出口までやり過ごしコーナーの出口に車体の向きが向いたらアクセルを全開にして3速で走り、次のコーナーでは再度減速しつつ2速にシフトダウンし再度コーナーの出口に車体の向きが向くまでパーシャルスロットルを基準としてアクセル量を微調整しつつやりすごしています。

この箇所は車種によると思いますがF50だと3速で抜けようとするとコーナーのRがきついため曲がりきれずにコースアウトしてしまいます。また2速でアクセル全開だとロールを抑えることができずにコースアウト、アクセルを抜いたままだと速度が低下しすぎて先頭車両に大きく差をつけられる事になります。よって2速と3速を使い分けアクセル開度はパーシャルスロットルを基準としてアクセル開度を微調整してコーナーの出口に車体の向きが向くまではアクセルを開けることをひたすら我慢してやり過ごすのが無難だと思います。

Red Bull Ring(GPコース)はこの箇所以外に特に苦戦するポイントは無いと思います。しいていえば第1、第2、第3コーナー手前の長いストレート区間を走りコーナーを抜けた後の立ち上がりの加速処理がCPUは上手いのでコーナーを抜けたらギアをすかさず1速に入れて加速してあげることを意識しています。このコースに限りませんがコーナーを抜けた後いかに早く車体の向きをコーナーの出口に向けてアクセルを開けて加速できるか。その操作を以下に短時間で行うことができるかを意識してあげればコーナーを抜けた後の立ち上がりからの加速で先頭車両と差が開くことを最小限に抑えることができそうです。

第3コーナーでは減速後2速で抜けようとするとF50だと曲がりきれずに微妙にコースオーバーして立ち上がりの加速が遅れることが散見されたため確実に1速で抜けるように意識しています。








関連記事
スポンサーサイト
  • Share