FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in プロジェクトカーズ2日記

プロジェクトカーズ2 レース日記  Circuit de Barcelona-Catalunya(GP)編

-- COMMENT



pCARS2AVX 2018-03-13 22-38-24-183

Circuit de Barcelona-Catalunya(GP)ですが、このコースは全長4.62Km、コーナー数が16個となっていますが全体的にアクセルを全開にできる時間はそこそこありますがコーナーのRが割ときつい箇所が多くコーナー手前で減速し次のコーナーのクリッピングポイントに対して余裕を持って車両の向きを向けて侵入するだけの時間的な猶予があります。ストレート区間の後に続くコーナーのRがきついため限りなく減速をする必要があることから個人的にはSUGOよりは楽な印象を受けます。ただハンドルの切り角が大きい状態かつアクセルワークが雑だとスピンしやすい箇所が多いです。

スタートダッシュから長いホームストレートをアクセル全開で走り、第一コーナー手前でのフルブレーキでの減速時に大渋滞となりがちなため、第二コーナーを抜けるまでに、渋滞を綺麗に抜けることができればその後のレース展開が楽になります。道幅は広くもないのでなかなか難しいですが上手く抜けないままだと、その後も渋滞に捕まり、先頭車両を抜けるポイントもそうあるわけでもないので、遅いペースのままトップグループに肉薄することが難しいというか時間が掛かります。



pCARS2AVX 2018-04-24 15-32-21-070


個人的にこのコースで苦戦するのは第二コーナーを抜けたあとのU字コーナーの処理です。ここでは第二コーナーを抜けた後、右方向に緩やかに弧を描きながらU字コーナーが続いていきます。CPUレベルが40くらいまでの一番簡単な処理の仕方はF50だと2速でレッドゾーンに入らないぎりぎりの回転数をキープしてコーナー出口に車体の向きが向いたら3速に入れるようにしています。


ただ前述したやり方だとCPUレベルが40以上だと大きくタイム差を付けられてしまいます。そのため3速に入れた後アクセル開度を半分程度に絞りつつハンドルはG29の場合だと90度前後を維持しつつコーナーの出口に車体が向いたら4速に入れてアクセルを徐々に踏んで加速していく。アクセル開度とハンドルの切り角のさじ加減が悪いとコーナーの外側に膨らんでコースアウトすることが散見されるためこのコーナーの処理は苦手です。





image2_20180426144939424.jpg

pCARS2AVX 2018-04-24 15-32-21-070

あと個人的にアクセルワークの処理が怖いのがコースの緑色の○で囲ったコーナーですがストレート区間を抜けた後、緩やかなS字区間に入りますが左コーナーを抜けた後焦ってアクセルを急激に踏んでいくとパワースライド気味にスピンしやすく怖いです。ここは慎重にアクセルオフで左コーナーを抜けた後次の右コーナーのクリッピングポイントを抜けるまでパーシャルスロットルを維持してやり過ごすのが無難だと思います。ハンドルの切り角が大きい状態でアクセルを急激に開けると途端にスピンに繋がるためアクセルを開けるのをぐっと抑える必要があります。








pCARS2AVX 2018-04-24 15-32-21-070

S字区間を抜けた後右コーナーが続きますがここではF50だと4速で若干減速した後、アクセルオフしてコーナーのクリッピングピントを通過する感じで抜けています。減速しすぎると長いストレート区間で一気にタイム差を付けられてしまい、減速が足りないとコースオーバーする危険性を孕んでいると少々怖いです。






image2_20180501083634ae3.jpg


pCARS2AVX 2018-04-28 16-00-16-413

この区間ではF50の場合だとストレートは2速全開で抜けていきますがSSの緑の○の箇所はブレーキは踏まずにアクセルオフしてエンジンブレーキで減速し速度を調整しています。緑の箇所をアクセルオフ、通過したらアクセル全開、アクセルオフという感じです。





image2_20180501084057307.jpg

pCARS2AVX 2018-04-28 16-00-16-413

この区間は右に緩やかに弧を描きながらコーナーを抜けていきますがアクセルを半分程度開けてハーフスロットルを維持して処理しています。









image2_20180501084452b06.jpg

pCARS2AVX 2018-04-28 16-00-16-413

この第13から第15コーナーまでの低速区間はコーナーを抜ける際はアクセルオフ、抜けたらアクセルオンを繰り返して極力ブレーキを掛けずに減速はエンジンブレーキでコントロールしていきます。なまじブレーキを踏んで減速すると次の最終コーナーで一気にタイム差をつけられます。この区間の処理は意外と難しい印象です。






pCARS2AVX 2018-04-28 16-00-16-413


第15コーナーを抜けた後は即座にアクセルを全開にしていきます。最終コーナーである第16コーナーのクリッピングポイントに対して車両の向きを向けつつ侵入しますがここではハンドルの切り角を大きくする関係でアクセル開度は全開だと最終コーナーを抜けた後パワースライド気味にスピンしたりコースアウトしたりと安定しません。ハンドルの切り角を大きくして抜ける関係でアクセルを全開にするのはなかなか処理が難しいです。アクセル開度は安全マージンを取り8割り程度を維持して抜けています。







冒頭で楽といえば楽なコースと書きましたがCPU50以上だとペースが早いためブレーキングポイントを適切に見極めて減速をし、クリッピングポイントを適切に通過するといった基本ができていないと対応できず、ハンドルの切り角を大きく切る場面が多いけど焦ってアクセルワークが雑になるとスピンしやすい箇所が非常に多く慣れないと結構難しいコースかもしれません。このコースは個人的にはかなり好みのコースレイアウトとなっており全体的にテンポ良く走ることができるので走っていて楽しいコースです。








動画はCPUレベル50、スタビリティコントロール以外は無効。




CPU60

関連記事
スポンサーサイト
  • Share