こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in プレイホーム日記

プレイホーム スタジオでポーズ作成時の小話

-- COMMENT





image1_20180222141842954.jpg


プレイホームのスタジオでIKを使用してポーズを作成する際、通常調整したい箇所の○を選択し、緑、赤、青の棒状の矢印を微調整してX,Y、Z軸を調整していくものと思います。ただ実際に棒状の矢印で調整してみると特にSSのように頭の後ろに腕を回す際などかなり難儀します。SSはハニーセレクトのあるポーズを真似たものですが、当初これどうやってやったんだろうと不思議に思ったものです。いえ、できなくはないですが非常に手間がかかりもう少し楽にできないものかと思っていました。

これ、非常に簡単でしてSSの紫色で囲ったキューブがあると思いますがこれを直接操作するも可能で、緑、赤、青色の棒状の矢印で操作するよりも非常に使いやすくなります。何を今更とという声が聞こえてきそうですが管理人はハニーセレクトのスタジオNEO含め今まで知りませんでした。

キューブは配置したキャラクター全体をマップ上で移動させる際に使用するものだと思っていましたが、キューブを使用して微調整ができるんですね。なにはともあれ、頭の後ろに腕を回す際などの作業では棒状の矢印は何のためにあるのか疑問に思うレベルで使いづらく、キューブを選択して微調整すると非常にIK操作によるポーズ作成が楽になります。上手にこの二つを使い分けると作業効率が断然上がります。








PlayHomeStudio64bit 2018-02-22 14-00-18-503


頭の後ろに腕を回す際などはイメージとしてはキューブを選択して腕を移動、手の関節の角度を調整してスムーズに移動できる角度に調整、腕を移動、手の関節の角度を調整の繰り返しになります。









image1_201802221440513da.jpg

キューブと棒状の矢印を使い分けて操作することで作業効率も上がりIKでのポーズ作成が特定のシチュエーションにて非常に楽になります。グラビア撮影で使用されるポーズなどは腕を頭の後ろに回すものが少なくないため個人的にグラビアポーズを作成する際に非常に楽ができます。管理人同様に知らなかった方は用途に応じて使ってみてください。




関連記事
スポンサーサイト
  • Share