こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in プロジェクトカーズ2日記

Project Cars 2 速く走るために意識すること クリッピングポイント

-- COMMENT









pCARS2AVX 2018-02-15 18-32-14-669



プロジェクトカーズ2でレースを重ねても思うようにタイムが短縮できない。なかなか初心者を抜けられない方が最初に意識したいのはクリッピングポイント(以下CPと表記)です。レースではアウト・イン・アウトを常に意識して走っていると思いますがCPとはコーナーリング中に車がもっともコーナーのイン側に寄った地点を指します。



image1_20180215124002972.png

図1


この図1のような右コーナーを抜ける際の流れを大まかに説明すると以下のような流れになります。CPは図1のコーナー中心部のコーナーのイン側の黒い●です。

①.トップスピードからフルブレーキで適切な速度まで減速する。
②.車体の向きをCPに対して向けてコーナーに侵入する。その際CPに到達するまでは、アクセルを完全に抜く。

③.CPに到達したら車体の向きをコーナーの外側(左端)に対して向けてハンドル操作を行いつつ、パーシャルスロットルを維持する。
④.コーナーを抜けたら、もしくはコーナーの出口に車体の向きを向けたらアクセルを徐々に開けていく。





全体の流れとしてはこのような感じですが、今までやって来られなかった方が実際にやってみるとコーナーを抜ける際のスピードによりますが狙い通りに理想的なラインを走ることは意外と難しいと思います。そのため練習の意味で走行ラインの表示をオフにしている場合は練習時のみでも常時表示するように設定すると良いと思います。これにより常時走行ラインが表示されるため後は表示されているラインを常にトレースするように走ることを意識するだけです。

コツとしてはコーナー手前でブレーキングをして確実にコーナーを抜けることができる速度に減速する。次にCPに対して車体の向きを向けますが、このCPに対して車体の向きを向けるハンドル操作が遅れると狙い通りのラインを描くことができないばかりか、車体は外側に膨らんでいきコースアウトする危険をはらんでいます。

プロジェクトカーズ2では荷重移動を意識する必要があり、コーナー手前でブレーキングを終えブレーキペダルを離した直後でハンドルを切っても車体はなかなか思うように曲がってくれません。そのため慣れるまではワンテンポ早くブレーキを掛けて減速を終えてハンドルを切り車体の向きを確実にCPに向けるようにするようにしたほうが無難だと思います。

CPに到達したらハンドルを切りコーナーの外側に対して車体の向きを変えつつアクセル開度を調整しパーシャルスロットルを維持。後はコーナーの外側に到達ないし車体の向きがコーナー外側出口に向いたらアクセルを徐々に開けていきます。






Circuit_Suzuka.png

画像はwikipediaの鈴鹿サーキットより

※プロジェクトカーズ2の鈴鹿サーキットを模したSakitto(スプリントコース)は第9コーナー以降で若干コースレイアウトが異なるようです。



確実にコーナーを抜けるだけならコーナー手前でブレーキを掛けて減速を終えCPに到達するまではアクセルペダルを完全に離しアクセルオフした状態を維持する。このほうが楽ですし車体も曲げやすいです。Sakitto(スプリントコース)の第一コーナーの2週目以降ではF50だとトップスピードは280Kmを超えますがコーナー手前でフルブレーキを掛けて減速し綺麗にCPに車体の向きを向けてコーナーを抜けるのは慣れないとなかなか難しいです。

このようなときはコーナー手前で減速後、アクセルを完全に抜きCPに車体の向きをむける、CPを抜けたらパーシャルスロットルを維持してコーナー外側に車体の向きを向けたらアクセルを開けていくという感じでプレイしています。







image1_201802142222273e8.jpg

流れとしてはこのような感じですが、当方が意識しているのはコーナーの手前で確実に曲がれる速度まで減速する。車体をCPに向けコーナーに侵入。コーナー進入時にコーナー手前の縁石に乗り上げる感じでコーナーに入りCPに到達する。といった感じです。

参考SSはプロジェクトカーズ2のSakitto(スプリントコース)という鈴鹿サーキットを模したコースの第4コーナーの入り口の一枚ですがここはS字コーナーとなっておりすぐ奥に第5コーナーが控えています。コックピット視点だとSSを撮影する際に、奥のコーナーが見えないので三人称視点にしていますが、イメージとしては第4コーナー入り口の縁石を乗り上げる感じでコーナーに進入しパーシャルスロットルを維持しつつCPに到達。その後は同様に第5コーナーの入り口手前の縁石を乗り上げる感じでコーナーに進入の繰り返しです。

この第4から第5コーナーではパーシャルスロットルを基本として車体のロール量をアクセルワークで調整しています。イメージとしては第4コーナー手前で減速を終えコーナーに進入、ここではアクセルオフではなくパーシャルスロットルを維持しつつ縁石を乗り上げてコーナーに進入しています。

そのままCPに到達、CPを抜けたら次の題5コーナー手前の縁石に車体の向きを変えたらアクセルを徐々に開けて全開にして行く。第5コーナーの縁石を乗り上げコーナーに侵入。後は第5コーナーの縁石のラインをトレースするように走行しつつパーシャルスロットルを基本としつつアクセルワークでロール量をコントロール。

第4ないし第5コーナーでアクセルを踏んでいき外側に膨らみすぎると感じたらブレーキを掛けずにアクセルを踏む量を抑えてアクセル開度を調整してロール量を抑える。確実にコーナーを曲がることができる速度をアクセルを踏む量を上下させて調整しています。




感覚的には各コーナー入り口の縁石から縁石、コーナーの入り口の縁石から縁石という感じでコーナー入り口の縁石をすり抜ける、もしくは乗り上げる感じで縁石の上を通過するようにすると良い感じでCPを綺麗に通過できる印象です。ただSakittoの最終コーナーのように稀に縁石の段差が大きく、進入する角度が悪くスピードが乗ったまま縁石に乗り上げしまうと車両の挙動が大きく乱れてしまう箇所もあります。うまく処理できない場合はやや速度を落とし確実に抜けることを意識するほうが無難かも。


このクリッピングポイントを意識しつつコーナーを綺麗に抜けるようにできるようになると、必然的にコーナー手前で確実に減速し車体の向きをCPに向けてコーナーに侵入、アクセルオフないしパーシャルスロットルを維持、CP通過、パーシャルスロットル維持、車体の向きををコーナー出口に向ける、パーシャルスロットルないしアクセルを徐々にあけて行くという基本的な部分ができている必要があります。

それらがきっちりとできることによりコーナー進入時にコースアウトするミスも減るしタイムの短縮もできると、Sakitto(スプリントコース)は初見では苦戦を強いられましたがこれらを確実に実践することでレースが飛躍的に楽になりました。Sakittoは慣れれば難易度はそうでもありませんが、コーナー手前で確実に減速する、車体の向きを確実にCPに向ける、パーシャルスロットルを含めプロジェクトカーズ2で要求される繊細なアクセルとブレーキコントロール。このあたりの練習に最適なコースの一つだと思います。


これはサーキット走行をされている方が実際に実践するテクニックのひとつのようですが、レースシムであるプロジェクトカーズ2でもより速く走るためには同様のテクニックを使う必要がある点は面白いです。


















関連記事
スポンサーサイト
  • Share