こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in プレイホーム日記

プレイホーム スタジオの既知の問題

-- COMMENT





プレホームのDLCである追加データ+スタジオがリリースされてまだ日が浅いですが、DLC導入環境であるVer1.4に対応したPH_WideSliderが早くもリリースされたようです。(プラグインの導入記事については修正済み)さすがにもう少しかかると思っていましたので嬉しい誤算です。

これで最低限Ver1.4環境でキャラメイクをすることもできるようになりましたが、他のプラグインの問題もあるので当面はVer1.2とVer1.4でゲームフォルダを分けて使用するのが無難な気がします。









話は変わりますが、あれからプレイホームのスタジオ機能を使用していて少々気になった箇所がちらほらでてきました。一つ目はライトの問題です。ライトのセッティングがデフォルトだと全体的に配置したキャラの照らされ方が暗く感じましたが、配置したキャラの側面や後ろを見てみるとライトが当たっておらず洋服も含めキャラが黒くつぶれています。

PlayHomeStudio64bit 2018-01-29 14-33-23-604
PlayHomeStudio64bit 2018-01-29 14-33-46-212
PlayHomeStudio64bit 2018-01-29 14-33-34-474


どうも現時点ではライトが前面からしか当たっていないのかと思いきやキャラが前面を向いた状態でキャラを180度反転して背中を向けるとやはり黒くつぶれてしまいます。ハニーセレクトのスタジオNEOでは問題なく配置したキャラの視点移動をしても少なくともデフォルトのセッティングでこのように黒くつぶれるということはありません。ライトの縦軸と横軸を調整し、なおかつライトの明るさを調整すれば何とか使えるレベルですがライトの明るさを上げると女の子の肌の質感や部屋の壁紙などの色調が飛んでしまうため、ちょっと何とかして欲しいです。






PlayHomeStudio64bit 2018-02-06 23-19-08-642

追記(18/02/06)
2/2日のアップデートによりライトの仕様が変更されライトに固定モードと追尾モードというものが追加されました。これにより追尾モードにすることでカメラの視点を切り替えた際に配置したキャラを変更したカメラ視点から常に設定したライトの設定で照らすことが可能となり少なくとも画面が真っ黒になる現象は改善されています。

ただ、キャラメイク時のライティングはバウンスさせたような柔らかなライトで配置したキャラを照らしているような自然なライティングでしたが、スタジオでのライトは直接ライトを配置したキャラに当てているような強い光で明らかにキャラメイク時のライティングとは仕様が異なります。

このキャラメイク時とスタジオでライトの仕様が変更されていると思われる件についてイリュージョンに対して問い合わせたところ仕様であるとの解答がありました。個人的にキャラメイク時のライティングは柔らかで自然な照らされ方で好みですがスタジオのライティングは正直違和感を覚えます。






20180204235730b66_20180205235113374.jpg

Ver1.2のキャラメイクで撮影




20180205230011869-min.png

Ver1.4 スタジオで撮影 (ライト 追尾モード)




この参考SSはVer1.2のキャラメイク時とVer1.4のスタジオ機能で同じシチュエーションで撮影し比較したものですが、Ver1.2のキャラメイク時(Ver1.4のキャラメイク時も同様)はライトのセッティングはデフォルトのままですが自然なライティングで肌の色調や質感はとても良いです。

スタジオで撮影したものはライトのモードを追尾モードにすれば少なくとも設置したキャラの側面や背面が不自然に真っ黒になる現象は改善されています。参考SSはライトの縦軸と横軸をキャラメイク時と同等に全体的に照らされるように調整していますが、肌の色調は完全に損なわれており、顔の肌色は土気色で見るに耐えません。

ライトの明るさをあげれば今度はライトの明るさで肌の質感は完全に飛んでしまうため、少なくともキャラメイク時のように自然な肌の質感や色調を維持することはできません。






PlayHomeStudio64bit 2018-02-06 23-19-08-642

Ver1.4 スタジオで撮影 (ライト 追尾モード、ライトの色を赤をベースに変更)

参考SSはライトの色を赤をベースにして微調整したものですが、こうすることで肌の色調は土気色の肌色からかなり改善されています。ただキャラメイク時の柔らかで自然なライティングをスタジオで再現することはライトの設定をどれだけ調整しても現時点では難しいというかできません。







PlayHomeStudio64bit 2018-02-06 23-19-08-642

Ver1.4 スタジオで撮影 (ライト 追尾モード、ライトの色を赤をベースに変更、セルフシャドウ:オフ)




PlayHomeStudio64bit 2018-02-06 23-19-08-642

Ver1.4 スタジオで撮影 (ライト 追尾モード、ライトの色を赤をベースに変更、セルフシャドウ:オン)







待ち望んでいたスタジオ機能ですが、IKでポーズを作成するのは問題ないのですがライティングはキャラメイク時とスタジオではかなり仕様が異なります。このライトの件はバグの類ではなく仕様であると解答があった以上今後大きく修正されることは無いと思われます。

キャラメイク時とスタジオで撮影した際の参考SSを見てもライティングの仕様が別物であることはお分かりいただけると思いますが、個人的にはキャラメイク時のライティングが好みでありスタジオのライティングのこれじゃない感が半端ではないです。人によってはかなり違和感を覚えるレベルのため購入を検討されている方はこの件について留意願います。






PlayHomeStudio64bit 2018-02-20 23-36-43-227


追記(18/02/22)
現時点でスタジオのライティングの仕様は変わっておらずキャラメイク時のような自然なライティングを再現することは難しいです。
ただスタジオ対応プラグインであるAllegrettoプラグインを使用すし、スタジオ時にライトを追加配置することでライトの問題は概ね解決が可能でありImage Based Lightingを合わせて使用することで自然な肌色を再現可能です。

参考SSはAllegretto、Image Based Lighting、ShortcutsPHSの3つのプラグインを使用して撮影したものですが、Allegrettoプラグインによる追加ライトを配置したものです。Allegrettoプラグインについては以下の記事で使用した感想とダウンロード先について触れています。



プレイホーム スタジオ対応Allegrettoプラグインがすごい 











関連記事
スポンサーサイト
  • Share