FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in プレイホーム日記

プレイホーム 追加データ+スタジオをプレイしてみました

-- COMMENT





PlayHome64bit 2018-01-27 11-12-53-947

プレイホームのDLCである追加データ+スタジオをプレイしてみましたので簡単に感想を書いてみたいと思いますが、この記事ではスタジオ機能に限定して触れてみたいと思います。







PlayHome64bit 2018-01-27 11-12-53-947

プレイホームのスタジオ機能ですがイリュージョンの公式サイトでアナウンスがあった通りハニーセレクト版スタジオ機能であるスタジオNEOをベースにしており、基本的なインターフェイス、IKでの操作などはまったく同じと思われます。そのためハニーセレクトでスタジオNEOをプレイされたことがある方は違和感なく使用することが可能です。プレイホームで初めてスタジオを使用される方でもインターフェイスは割と使いやすいデザインとなっているため、IKを使用して好きなポーズを作成するに当たり全体的な流れに慣れてしまえば問題もないと思います。

またハニーセレクトのスタジオNEOは起動時間が管理人の環境でおよそ34秒ほどとやや長かったものの同じ環境でプレイホームのスタジオが起動するまでの時間はおよそ9秒程度と大幅に短くなっています。ざっくりと操作してみた感じ、何処が違うのか異なる場所を探すほうが難しいくらい両者のインターフェイスは似通っていますが一点追加された機能としては壁紙が指定できるようになっています。

これによりマップを指定する、または一からアイテムを使用して部屋を構成するほか、お手軽に壁紙を背景として使用することができるほかマップの背景としても使用可能です。ハニーセレクトのスタジオNEOではHS_Shortcutsプラグインの機能を使用して壁紙を指定することは可能ですがMODを使用しない場合には壁紙を使用することができませんでした。お手軽に壁紙を使用して撮影したいことも多いため、この機能の追加は地味に歓迎したいところです。






PlayHome64bit 2018-01-27 11-12-53-947


プレイホーム版スタジオ機能でのプリセットポーズですが、開始ポーズ24種類、見学者ポーズ24種類、カスタムポーズが揺れ、立ちポーズ19種類、寝ポーズ1種類、座りポーズ3種類となっておりゲーム本編で用意されているプリセットポーズはざっくりと確認した限りでは概ね網羅していると思われます。(一部無い物もあるような)開始ポーズはゲーム本編の行為前のポーズのことのようで見学者ポーズは行為中の二人目の女の子のポーズのようです。他は行為中の体位がポーズとして選択可能なようです。ただ静止したポーズについてはスタジオ機能で追加されたポーズは無い様に感じます。

プリセットポーズが多ければ一からポーズを作らなくてもベースとなるプリセットポーズを選択し微調整を掛けてあげれば済みますがプレイホームのゲーム本編で用意されているプリセットポーズは個人的にグラビア撮影的に使用する場合には使えるポーズが多いため個人的には質、量ともに十分だと感じます。ただハニーセレクトのスタジオNEOでも幾つかのポーズは割りと重宝していたため欲を言えばハニーセレクト版のスタジオNEOのプリセットポーズもそのまま移植してもらえるとありがたかったです。





PlayHomeStudio64bit 2018-01-27 17-56-05-914-1

次に肝心のスタジオアイテムについてですが、これはおなじみの律子ちゃんの部屋ですが、この律子ちゃんの部屋を含めゲーム本編で使用されていた部屋はマップから指定することが可能です。DLCで追加されたのは以下の地下室、教室、地下鉄、公園の4つですが、これらのマップはテクスチャのクオリティも十分な品質であり良くできていると思います。





20180127174110787-2-min.png

地下室

20180127174138568-3-min.png

教室

20180127174233120-4-min.png

地下鉄

20180127174320352-5-min.png

公園






PlayHome64bit 2018-01-27 11-12-53-947

問題となるのが例えば律子ちゃんの部屋をスタジオアイテムを駆使して再現できるかといえば現時点ではできない点です。このSSは部屋を一から作成するに当たりベースとなる床、壁などのアイテムやベッド、椅子などの家具などスタジオで追加できるアイテムを並べたものですが特に部屋を作成するに当たりベースとなる床や壁などのスタジオで用意されたアイテムは基本的にはこのような感じですが、日本昔話に出てくるような古民家を作成するなら問題なさそうですがこれらを駆使して律子ちゃんの部屋を再現することは難しそうです。






PlayHomeStudio64bit 2018-01-27 17-56-05-914-1

こちらの参考SSは部屋に置く時の小物類を配置したものですが、個人的にはあまり使えるものがない印象です。プレイホームのスタジオを導入すればゲームに出てくる律子ちゃんや明子ちゃんの部屋を再現できる。カスタマイズして自分だけの部屋を作って撮影しようと思っている方は少々面食らうと思われます。

スタジオ機能で最低限期待していたのはせめてゲーム本編で使用されている律子ちゃんの部屋などをスタジオアイテムを駆使して配置して作成することができることですが少々残念な結果というしかないです。一応スタジオ機能についてはスタジオアイテム等を今後何回かのアップデートで追加すると公式サイトでアナウンスされていますが、現状が現状ですのでこのあたりにあまり過度な期待はしないほうがよさそうです。








20180126201037184_convert_20180127192542.png

このSSはスタジオ機能を使用し既存のプリセットをベースにして簡単に微調整して作ったものですが、お手軽にポーズを作ることができるのはやはり楽しいです。

このプレイホームのDLC第一弾をスタジオ目的のために導入する価値があるかどうかですが、プレイホームはキャラメイクの面では明らかにハニーセレクトよりも美少女を作成するに当たり敷居が低いと思われますがキャラメイクの自由度も高いため誰でも時間を掛ければ自分好みの理想の娘を作ることができると思います。正直ハニーセレクトでは自身のイメージする理想の美少女を満足できるレベルで作成することができませんでしたがプレイホームでは概ね満足する女の子が作れています。

有志の作成されるプラグインはともかくとして肌や髪の質感についてグラフィックのクオリティも高く洋服の種類も非常に多くテクスチャのクオリティも十分に高いため個人的には髪型や服装、肌のクオリティを4Kにあげる等のMODを導入する必要性は今のところ感じません。

ハニーセレクトのグラフィックもプレイホームをプレイした後でも味のあるグラフィックだとは思いますし今見ても十分なクオリティだと思いますがプレイホームは後発な分その上を行っており、グラフィックを除いてトータルで見ても髪型や服装などのMODを導入する必要がないくらい環境が非常に整っていると感じます。その整備された環境下でスタジオ機能を追加することによりIKでオリジナルのポーズを作成することができる点はやはり大きいです。

個人的には現時点でヴァニラのスタジオアイテムを使用し部屋を作成して撮影するとのは用意されたスタジオアイテムのクオリティ的に見てやる気になりません。ただ既存のマップはテクスチャのクオリティも十分満足できるレベルでありをこれら既存のマップを使用、もしくはお手軽に壁紙を使用して撮影を楽しむに当たり既存のプリセットポーズを微修正してオリジナルのポーズを作成する、新規でオリジナルのポーズを作成する機能は外せませんし、作成することができればより撮影を楽しむことができます。

PH_DHHプラグインの機能をを使用すればプレイホーム版スタジオ機能と同じようにポーズを作成することは可能ではありますし関節補正機能も完備しておりポーズを作成するに当たり操作性も機能もスタジオNEOと比較しても遜色なく非常によくできていると感じます。ただPH_DHHプラグインには作成したポーズを個別に保存し、作成したポーズを任意でLOADする機能がみたところありません。

複数作成したポーズデータは個別に管理されておらずひとつのセーブデータで管理していると思われますがポーズの作成途中に操作ミスをして苦労して作成したポーズが作り直しになったという経験が何回かあり長期的に使用するには不安が残り公式のスタジオ機能を待ち望んでいました。

PH_DHHプラグインはスタジオ機能のリリース前にできたものであり、キャラメイク時にプリセットポーズをベースにポーズの微調整やオリジナルのポーズ作成ができると機能的には十分すごいとは思います。ただ複数のポーズを作成し個別に名前をつけてセーブすることはシステム上難しいと思いますが、せめてファイル名を指定して保存する、任意で指定したファイルをLOADする。その機能がないと作成したポーズデータの管理をする上で不便すぎます。仮にMODのVerアップで仕様が変わりSAVEデータの互換性が失われてしまう事が起こった場合それまでに作成したポーズはすべて作り直しになりますが想像しただけで恐ろしいです。(これはあくまでも可能性のお話)


既存のプリセットを微調整する程度の短い作業時間でできる簡易的なポーズの作成であれば作業ミスで消えても問題はないですが時間を掛けて苦労して作成したポーズが作り直しというのは作業時間に比例して徒労感がきついです。

プレイホーム版スタジオ機能では当然作成したポーズを個別に名前をつけSAVEし任意でLOADすることもできますし作成途中のポーズを一時的に保存して次の日に作業を持ち越すことももちろん可能です。やはり作成した複数のポーズを個別に任意でSAVEし、任意のものをLOADできる機能は最低限必要ですし長期的に使用することを考えると両者の機能の違いは非常に大きいです。

現時点ではスタジオアイテムについては質、量ともに不満が残りますが、個人的な使い方は既存のマップを使用したり壁紙を使用してお手軽に撮影を楽しめればそれで良く、使うとしてもスマフォや煙管といった小物を使うぐらいになると思うのでこのあたりは別段問題にはなりません。というのは嘘で本音を言えばプレイホームのグラフィックが大きく上がったためそれに見合うスタジオアイテムの拡充とテクスチャクオリティの高いものを期待していましたが、このあたりは少々期待はずれに終わった感はあります。

後は、例えば追加されたスタジオマップに興味がなく既存のマップで事足りる。スマフォといった小物をキャラクタに持たせて撮影する必要はない。ただIKを使用してポーズの作成はしたい。作成したポーズデータは個別に保存できなくても良い。最悪作り直しになっても構わない。ということであればPH_DHHプラグインの機能を使用すれば可能ですのでスタジオ機能について急いで購入する必要はないので様子見でよいと思います。

スタジオNEOをベースにしているだけありIKを使用したポーズの作成については使いやすくプレイホームで自分でキャラメイクして作ったお気に入りの女の子でプリセットポーズを微調整したり、オリジナルのポーズを作成して撮影して遊ぶことができることを考えるとスタジオ機能のためだけにでも今回のDLCを導入する価値は値段に見合うかどうかは別として十分にあると思います。














関連記事
スポンサーサイト
  • Share
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。