FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in ダークソウル3検証武器

イルシールの刺剣 ダークソウル3おすすめ武器

-- COMMENT



DarkSoulsIII 2017-06-13 18-06-57-154


イルシールの刺剣

この武器はロスリック城の外征騎士を倒すことでドロップしますが威力は光る楔石強化+5で物理202、補正値174(202+205)必要能力値は筋力10技量16、重量3。能力補正は筋力C、技量C。威力だけ見れば直剣であるロングソードやダークソードより劣るのですが実際に使用してみるとこの武器は数値上の威力以上に今作では有用だと感じました。今作では攻撃の出が早く手数の多い敵が目立ち尚且つ攻撃後の硬直時間も短い敵が多いですがこの辺りは特に人型のボス戦で顕著となります。



















この武器に限りませんが、刺剣は攻撃の出の早さ、攻撃後の硬直時間の短さ、手数の多さは数ある武器の中でも最も早い部類といえますが、その性質上今作における使い勝手は直剣と並んで抜きん出ています。敵の攻撃後の硬直時間の短い今作においては幾ら威力が高くても攻撃後の硬直時間の長い武器の使用は反撃を食らうことに繋がりますが、周回を重ねるごとに敵からの被ダメージは大きく上昇します。

1週目や2週目では被ダメージもまだ低いため少々の被弾は気にせずごり押しプレイも可能ですが、4週目や5週目程度でも敵の種類によっては2発食らえば即蒸発、竜狩りの鎧に関しては敵の攻撃によってはHP次第で一発で蒸発です。そのような状況ではごり押しは避け限りなく被弾しないようにする立ち回りが求められます。必然的に攻撃後の硬直時間の短い武器をチョイスする必要に迫られますが、この刺剣というカテゴリは非常に有用です。

冷たい谷のイルシールのメインとなるMOBである法王騎士は火力も攻撃の出も早い、なおかつ手数も多いため初見では苦戦は必死ですが、この敵は強靭が低いため一発当てれば強靭を奪い硬直させることができるため攻撃の出と武器の振りが速い尚且つ攻撃後の硬直時間の短い刺剣をチョイスは個人的に非常にマッチしていると感じます。法王サリヴァーンも同様でこのボスの両手持ちの武器の攻撃の出の速さ、手数の多さは初見では苦戦は必死といえますが、攻撃後の硬直時間の短い刺剣は非常に相性が良いです。なによりサリヴァーンは弱点属性が刺剣と冷気属性でありこのイルシールの刺剣は非常に具合が良いです。

このイルシールの刺剣の冷気ダメージは冷気属性が弱点なエリアの道中のMOB、ボス戦では非常に具合が良いのは言うまでもありませんが、冷気属性が弱点のボスというのは灰の審判者グンダ、深淵の監視者、法王サリヴァーン、竜狩りの鎧、兄王子ローリアン、英雄グンダ、無名の王、奴隷騎士ゲールなど割と多いです。

冷気属性が比較的に有効でなおかつ刺剣が使いやすいボス戦という意味では人型のボス戦における相性は抜群に良いです。この辺りの冷気属性が弱点であるボスに対しては攻撃を繰り返すことで冷気が蓄積し蓄積しきると大ダメージを与えることができることから数値以上の火力を期待できます。

5週目では竜狩りの鎧、兄王子ローリアン、無名の王、奴隷騎士ゲール戦でこの武器を使用しましたが、非常に楽に立ち回ることができました。竜狩りの鎧は大斧の攻撃は大振りですが大盾によるシールドバッシュの出が早いことから油断はできませんし、無名の王は攻撃の出と武器の振り、攻撃回数が多いことから、攻撃後の硬直時間が短い刺剣というのは攻撃後すぐに盾受けないしローリング回避に移行できるというのは非常に安全に立ち回ることができ使いやすいです。

唯一のデメリットはやや武器のリーチが短い点とエンチャントが出来ない点です。エンチャントにより威力の底上げを図ることが出来ない点は否めないものの、基本となる攻撃力は十分に高くステータスが低くても十分な威力を出すことができる点は非常に魅力と言えます。攻撃の出は早い、攻撃後の硬直も非常に短いのですぐに盾受けないしローリング回避に移れるため道中の攻略からボス戦まで攻略で使用する場合オールラウンドで使用できる非常に使いやすく尚且つ強いおすすめな一本です。個人的に入手してからずっと愛用している刺剣です。





関連記事
スポンサーサイト
  • Share
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。