鉛球が届いた

DSCF0599_convert_20141207130835.jpg

さて、鉛球8mm(一発3g)500発が届きました。
箱は小さいですがずっしりとした重さがあります。

あれから軽く引き方とか調べたんですけど、ちょっとコツみたいなものがあるようで、
引き方を変えたら管理人でもひけましたね。
なるほど、これならなんとかなりそうです。
後クロスボウもドライファイアは厳禁ですけど、
スリングショットも同様に空うちはNG。
昨日BB弾で3発ほど撃ちましたけど、
ちょっと重量軽すぎてドライファイアと同じ事だったかもしれませんね。
うかつでした。

的まで1mの距離から軽く2発ほどダンボールの的の後ろにタオルを敷いて兆弾を防止してあげた上で、
発射しましたけど、概ね狙い通りに飛んだかな?
しかし的を貫通したときの音がやばい。
割と射撃感ありますね。
これはこれでおもしろいかもしれない。
弾道が早すぎて的に穴があくまで何処に飛んだのかよくわからないくらいでしたが、
うーん、とりあえずスリングショットを撃つという基本的なポイントはクリアできましたね。
後は距離をとって撃てるようになり当面の目標は5mの距離から照準から直径10cmくらいの範囲に当たればよいかなといったレベル。
そんなに高い目標ではないと思いますけど、
やっぱり鉛の弾とはいえ部屋の中で撃つのはちょっと怖いですね。
何か良い的を用意できれば良いんですけどね。

とりあえず週明けにでも双眼鏡が届き次第狩場の河川敷に視察をかねて、
コーヒー缶でも的代わりに射撃の訓練をしてきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */