FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in プロジェクトカーズ2日記

Project CARS 2は難しいけど最高に面白い

-- COMMENT



pCARS2AVX 2017-12-10 15-27-11-115

Project CARS 2を初めてプレイしてその美麗なグラフィック、マシンサウンド、マシンの挙動などすべてがリアルなこのレースゲームに魅了され延々と練習をしているのですが、一言で言ってこのゲーム難しいです。

今まで管理人がプレイしてきたレースゲームは最近だと主にアーケード系のゲームであるニードフォースピード(2015)やThe Crewですが、これらのゲームはドリフトコントロールが慣れればとても簡単にできる楽しいゲームですが、これらのアーケード系のレースゲームと同じような感覚でProject CARS 2をプレイしていた当初は、コーナーに侵入する際にアクセルを踏んだまま突入してマシンが曲がらずにコーナーの度に壁に激突するか、オーバースピードでコーナーに侵入して慌ててブレーキを掛けてスピンの連続と、まともに走ることすらおぼつかない有様と酷い物でした。

この記事ではシミュ系のレースゲームが初めてでうまく走ることができない方に向けて、最低限スピンせずに走ることができるようにするためのコツについて記載しています。


難易度を下げるべく最初に行ったのはオプションの設定を変更し使えるアシスト機能はABSも含めてすべて最大限使用すること。後は走行ラインの表示を「コーナーリング」から常時表示するに変更しました。これにより走行ラインがコーナー以外でも常時表示されることにより表示される走行ラインをトレースすることによりアウトインアウトが確実に行うことができるようになりました。

このゲーム難しいですが救済措置として走行ラインが表示されるとともにコーナーで減速が必要な場合は走行ラインの色が緑から赤に変わり減速する必要がなくなると緑に変わります。そのため走行ラインの色を見てどこまでブレーキを掛けて減速すればよいか視覚的に把握できるのでレースゲームで最も難しいブレーキコントロールを容易にし難易度を大幅に下げることが可能です。このゲームではABSを有効にしてもトップスピードからのフルブレーキ時にブレーキをべた踏みすると簡単にスピンします。



その後、練習をする過程で理解したのはスピードが乗っている際にアクセルを踏んでいる際は前に進む力が強く働くことでステアリングを切っても車がかなり曲がりづらくなり、逆にアクセルを抜けば、とても曲がりやすくなること。またコーナー手前でじんわりとブレーキを掛け確実に減速しつつアクセルを抜いて進入しコーナーを抜けたらアクセルを丁寧にじんわりと開けて加速する。その際のステアリングの操作も急ハンドルは行わずにじんわりと行うという極々基本的なことを徹底することで少なくともコーナーの度に壁に激突したりスピンしたりということは避けることができるようにはなりました。

問題なのはコーナーでアクセルを完全に抜くことでとりあえず確実にコーナーを抜けることは容易になるもののコーナーの度に先頭車両に大きく差をつけられてしまいレースで上位入賞するどころか万年最下位になってしまう点です。プロジェクトカーズ2では実車同様にパーシャルスロットルというテクニックを駆使する必要があるようです。

パーシャルスロットルとはコーナリング中に加速も減速もしない状態を維持するためにアクセルを踏むテクニックとのことですが、加速も減速もしない一定速度の状態というのが車がもっとも安定するのだそうです。よってコーナーリング中にアクセルを踏む加減を調整しこのパーシャルスロットルを維持する、コーナーを抜けたらアクセルを徐々に開け加速していく。これによりコーナーリング中にマシンの姿勢を安定させるとともにアクセルを完全に抜くことに比べて速度の低下を最低限に抑えることが可能となります。



pCARS2AVX 2018-01-17 09-23-24-960

ただパーシャルスロットルを実践してみると慣れるまでは非常に難しいです。アクセルとブレーキの開度は速度表示の右側に緑色でアクセル、左側にブレーキが表示されますが、SSのアクセル開度だと現在使用しているハンコンT80ではおおよそアクセル開度10段階で1から2といった具合です。コーナーを抜ける前とコーナーを抜けるまではこのくらいのアクセル開度を維持することでマシンの挙動を安定させ少なくともスピンすることは避けられそうです。

またSSは90度コーナーの連続するコースですが、このような90度コーナーでは確実に減速することが求められますが、ここまで落とす必要があるのかと思ったら速度表示を見てみるとそれでも60kmから80km程度出ています。慣れない内はCPUの車に合わせて減速してあげるくらいでちょうど良いです。

アセットコルサを始めてプレイした際にアクセルを踏んだ際のアクセル開度がインジケータで表示されるのを見て、何のために表示されているのか謎でしたがこのパーシャルスロットを視覚的に行いやすくするためにあるのかなとようやく理解しました。

全体的にいえることですが車に荷重が掛かっている状態をキープしていればマシンがスピンすることは避けることができますが、アクセルペダルとブレーキペダルを抜いた状態でマシンの荷重が抜けきった状態だとここでスピンするのか?というくらい容易にスピンします。やはりパーシャルスロットルはこのゲームにおいては必須スキルというしかないです。

後は、どうしてもうまく走ることができない、CPUについていけないという方はカスタムレースで練習したほうが良いと思います。その際CPUのレベルはデフォルトだと早すぎるので大幅に下げる。10くらいまで下げればさすがについていけると思います。その難易度で練習を重ね上位入賞できるようになったら少しずつCPUのレベルを上げてあげればよいと思います。

またレースではあえて先頭車両に先行させてあげたほうが色々と具合が良いです。先頭車両に先行させることでコースのライン取り、ブレーキのポイントなどを把握することができますが走行ラインを常時表示していてもコースのポイントにより走行ラインの色は緑でも実はブレーキが必要なポイントというものが散見されます。そのポイントも先行させることで確実に把握することが容易となります。

後、個人的にはカメラの視点はボンネット視点にしています。この視点は車両感覚が掴みやすいためコックピット視点に比べると具合が良いです。


Project CARS 2は難しいですが練習を重ねパーシャルスロットルを確実に操作することができるようになれば少なくともマシンがスピンすることはなくなります。マシンを己の操作で自由自在に操ることができるようになると俄然このゲームがおもしろくなってきます。アクセルとブレーキコントロールはこのゲームで最も難しいポイントだと思いますが確実にものにすればマシンの挙動は非常に良くできており初見プレイではコーナーで曲がりづらいと感じていたマシンが面白いように曲がってくれることから非常に面白いです。

Project CARS 2は記事を書いている時点でグラフィック、マシンサウンド、マシンの挙動などすべてが高レベルで間違いなく現時点で最高のレースゲームの一つになりえると思います。最近のレースゲームはグラフィックも美麗ですが、マシン挙動含めすべてがリアルですごいです。













関連記事
スポンサーサイト
  • Share