Nikon 双眼鏡 アキュロンT11 8-24x25 ポロプリズム式 8-24倍25口径

nikonアキュロン双眼鏡

Nikon 双眼鏡 アキュロンT11 8-24x25 ポロプリズム式 8-24倍25口径

さて、スリングショット猟のお供として双眼鏡をさっそく注文しました。
倍率8-24倍の製品です。
さて、双眼鏡とか買うの初めてなので、どの価格帯の製品を狙えばよいのか?
さっぱり分からなかったのですが、
1万弱を予算として計上してみました。
バードウォッチングのお供としては大体倍率8倍程度、よくて10倍というのが手持ちで使える上限なのだそうです。
それ以上は手振れが酷く使用に耐えられないとか。
一見するとズームというのは使い勝手がよさそうに見えますが、
この手の製品でズームというのは鬼門というか基本的に安価な製品は地雷とも言うべきで、
決して手にとってはいけない製品みたいで、AMAZONのレビューでも酷評の嵐です。
ただ、そんなズームタイプの双眼鏡の中で光学レンズメーカーのNikonが手がけた製品として、
倍率8倍から24倍というズームの製品としては比較的実用に耐えうるらしいのがこの製品。

倍率8倍固定で40mmクラスの対物レンズを使用しているほうが明るさ的にも、
手振れ的にも有利だとは理解しているつもりですが、
正直、鳥に危機感をもたれない距離を安全に保ちつつ鳥の様子を観察するのに、
やはり倍率8倍ではやや不足していると思われます。
20倍程度あれば100m先の鳥も5mの距離で見るのと同等の距離で把握する事ができるとか。
やはり多少視野が狭くても、レンズが暗くても解像度が低下してもズームというのは魅力的な製品です。

色はレッドとかシルバーとかブルーとか大多数に訴求できるように色が豊富に揃えており、
管理人も当初はレッドとか良いかな?と思っていましたが、
フィールド上でレッドは目立ちすぎるなと・・・
本当は迷彩色でもあればよかったんですけど、それか緑。
ないので、無難に黒にしてみました。

本来ならこの手の製品はお店で手にとって使い勝手を確かめて購入するものだとは理解しているつもりですが、
管理人はネットのレビューを元に購入する習慣が身についてしまっているので、
今回もAMAZONのレビューだけをみてポチってみました。
まあ、外れ引いたらそこまでの話です。
授業料だと割り切ってます。

とはいえ、そこは安心と信頼のNikon。
ブランドネームに安心感を持ってるのは否めないですけどね。
長年Nikonの一眼レフカメラとレンズを愛用し続けてはや十数年・・・
製品の品質、耐久性はさすが世界のNikonといった感じです。
その辺りの信頼が強いというのはありますね。

こいつで、とりあえずスリングショットの狩場を歩きながら狩猟可能鳥類の観察をして、
スリングショットの餌食にしてやりたいと思います。

余談ですけど、この双眼鏡の前にAMAZONのマーケットプレイスしかなかったので、
別の商品を注文したんですけど、
当初の表示は納期2,3日とあったのに、
注文したとたん納期のお知らせまでに7日かかるとか・・・・
メールで寄こしてきおってからに。
正直お客を舐めてますよね。
在庫もないのに商売をするなと・・・
たまにあるんですよねえ。
今の時代にそういう商売しているお店。
AMAZONで個人出品してましたけど、
基本的にガイドラインで在庫を確保したうえでないと出品してはいけないと規定があるはずなんですけどね。
これだからマーケットプレイスは使いたくないんです。
キャンセル連絡したのにいまだに連絡もよこさない。
大手家電ショップなのに、これですからね。

まあ、大抵のお店はマーケットプレイスでも、
むしろ迅速に発送してくれるんですけどね。
急ぎで手にしたい商品は安心のAMAZON。
すくなくとも発送はAMAZONが手がけていないと駄目ですね。
関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */