FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in プレイホームMOD

PH_DHHの導入と基本操作 プレイホームMOD

-- COMMENT






PlayHome64bit 2017-10-28 11-47-36-772




PH_DHHの導入と基本的な操作方法についてまとめています。このMODを導入することにより記事を書いている時点ではプレイホームにスタジオ機能は用意されておらずIKを使用してポーズの作成を行うことは出来ませんが、IK機能を使用することが可能となり既存のポーズの微調整やオリジナルポーズの作成を行うことが出来ます。

また360度パノラマ画像が用意されているほか、独自のライティング機能により絵作りの幅を広げることが可能となります。



MODの導入にはIPAの導入が必須です。IPAの導入は以下の記事で解説しておりますので未導入の方は導入されてから本MODの導入を行うようお願いいたします。ちなみにIPA自体は以下のリンク先からダウンロードした場合、PH_DHHにも同梱されています。

プレイホーム版 IPAの導入






PH_DHHのダウンロード

以下の直リンク先からダウンロードします。


ダウンロード







PH_DHHの導入

以下のフォルダ群をプレイホームのインストールフォルダにコピーします。



コピー元
「abdata」フォルダ
「PlayHome32bit_Data」フォルダ
「PlayHome64bit_Data」フォルダ
「Plugins」フォルダ



コピー先
C:\illusion\PlayHome(規定値)



導入は以上で完了です。







アンインストール

以下のファイルを削除します。

パス
C:\PlayHome\Plugins(規定値)

「DHH」フォルダ
ProjectHighHeel.dll



基本的には「Plugins」フォルダの該当ファイルを削除すればとりあえず動作しなくなります。簡単に動作テストした限りでは既存のポーズも正常に動作するので問題とは思いますが、全ての動作を保障するものではありません。DHH導入時にコピーした全てのファイルを削除しクリーンな状態にする場合には以下の手順で作業を行います。



以下のファイルはDHH導入時に上書きコピーされるため事前にバックアップします。

C:\illusion\PlayHome\abdata\thumnbnail(規定値)
thumbnail_wearshoes

C:\illusion\PlayHome\abdata\wear(規定値)
cf_panst_hs00
cf_shoes_00ph






以下のファイルを削除。

C:\illusion\PlayHome\abdata\dhh(規定値)

dhhui
dhhui.manifest
dhpost
dhpost.manifest



バックアップファイルから以下のファイルを上書きコピーします。

C:\illusion\PlayHome\abdata\thumnbnail(規定値)
thumbnail_wearshoes


C:\illusion\PlayHome\abdata\wear(規定値)
cf_panst_hs00
cf_shoes_00ph















image1_20171028151748c0a.jpg


PH_DHHの基本操作

PH_DHHの起動

「P」キーを押すと「DHH工具箱」と表記されたウインドウが起動します。このメインウインドウのSS赤枠の3つの項目がDHHの主なメニューになります。

①・確認中
②・IKポーズの作成
③・360度パノラマ画像の選択とライティングと色調の調整












image1_20171029214349bb4.jpg



②・IKポーズの作成

メインメニューから②の項目を選択するとIKポーズの作成画面に移行します。

メニュー一覧

①・IKで破綻した関節部分を自動的に修復して自然に描写する(ON推奨)
②・キャラクターの頭からつま先まで合計24箇所あり、選択したパーツを基点としてIKの全体的な調整を図ります。
③・②で選択したパーツの微調整をスライダーで行うことが出来ます。ボタンは調整内容のリセット。
④・両足と両腕のIKの調整
⑤・④で指定した箇所の先端パーツの微調整
⑥・保存ボタン(恐らく)
⑦・メインメニューに戻る

項目④・

最初に④番の項目ですがこの項目で両足と両腕のIKを調整します。SS赤枠の4番は以下のようになっています。

左足IK 確定
右足IK 確定
左腕IK 確定 
右腕IK 確定 

ここでは既存のプリセットポーズを選択してそのポーズをベースとしてIKを調整してベースとなるポーズに微修正を加えたポーズを作成することも可能です。その場合には最初に調整したいポーズを選択します。

例えば左足のIKを表示して調整したい場合は「左足IK」ボタンの右隣の「確定」ボタンを選択します。これでその部位のポーズを調整できます。続けて「左足IK」ボタンを押すと左足にIKが表示されます。「確定」ボタンが有効だとIKが適用され無効だとIは適用されません。


IKの調整

緑:Y軸 縦方向に調整
赤:X軸 横方向に調整
青:Z軸 前後方向に調整


上側:関節部分を基点として調整
下側:足首を基点として調整

例えば足を調整する場合、下側の緑色の矢印をクリックして上方向に移動することで足を持ちあげることができますが、この辺りのIKの操作はハニーセレクトと大差ないと思います。このあたりのIKの挙動は文章で説明しずらいので、実際に触ってみて確認していただければと思います。


項目⑤・

ここでは④番で選択している箇所の先端の調整を行います。足であれば足首をX、Y、Z軸それぞれに対してスライダーを調整することでその向きや角度を調整できます。




項目②・

ここではキャラクターの頭からつま先まで合計24箇所ある選択したパーツを基点としてIKの全体的な調整を図ります。例えば足のを選択すれば項目③のスライダーを使用して選択箇所を基点とした全体的な調整が可能です。③のボタンを押すことでスライダーをリセットできます。




項目①・


この設定を有効にすると通常IKを調整していると破綻しがちな関節を自然な状態に自動的に修復復元し調整してくれます。この設定はいじらずにON推奨です。設定を有効と無効で比較すると分かりますが、オフにすると関節が酷い状態でもオンにすると驚くほど自然に描写されます。






image1_20171028201431e2b.jpg


項目⑥・

このボタンを押すことで現在のIKの調整した内容を保存することが恐らく出来ます。恐らくと書いたのはこのボタンを押すことで「C:\illusion\PlayHome\Plugins\DHH(規定値)」フォルダに「-628715947.dhp」といった形で「XXXX.dhp」形式のファイルが保存されますが、この「XXXX.dhp」形式のファイルがSAVEファイルと思われるため保存はされていると思われますが肝心のロードをするためのメニューが見当たらないためです。

現在確認しているのはIKでポーズを作成し終了する際に④のすべての項目を「確定」ボタンを押し有効にします。その状態で⑥のセーブボタンを押したうえでキャラメイクを終わり、続けてゲームを終了します。プレイホームを次回起動したうえでプリセットから同じポーズを選択します。すると前回のIKポーズが適用された状態に戻ります。

例えば20番のポーズをベースにIK機能でポーズを作成して保存します。その上で26番のポーズをベースにIKでポーズを作成して保存してゲームを終了すると次回ゲーム起動時に前述した番号のポーズを選択すると20番と26番のポーズそれぞれでIKで作成したポーズが適用されます。このことから、恐らくひとつのポーズ番号に対してIKで作成したポーズ1個を保存することが可能と思われます。(すべてのポーズに対しては保存されるのかは未検証なため)立ちポーズだけでもプリセットポーズは32個あるため十分な数のオリジナルポーズを作成可能ではあります。


このPH_DHHは作者の方が中国の方なのかDHHプラグインのウインドウの言語表記が中国語特有の繁体字のため、何を意味しているのか表記されている単語から一目で分からない箇所が少なくなく少々分かりづらいです。その所為もあり手探りで使い方を探っている状態です。

保存は出来るけどIKで作成した任意のポーズを読み込みができないと複数のIKポーズを管理する際に不便です。さすがに何処かに保存内容を読み込みするためのメニューがあるとは思うのですが記事を書いている時点ではよく分かりません。分かり次第、記事に追記しようと思います。

ただこのPH_DHHのIKポーズの調整は本家を凌ぐほど良く出来ており、特にIKで調整する際に油断すると簡単に破綻する関節部分の自動修復機能は非常に便利です。




追記17/11/07

PH_DHHで用意されている関節部分の修復機能はハニースタジオではサポートされていませんが、追加ディスクであるパーティを導入することで追加されるスタジオNEOでは同様の機能がありハニースタジオでは、いとも簡単に破綻していた関節部分が自動的に修復され描写されます。PH_DHHではスタジオNEOの機能を再現しているようです。




image1_20171028175213a93.jpg


③・360度パノラマ画像の選択とライティングと色調の調整

メインメニューで3番目の項目を選択するとウインドウが切り替わり主にライティングと色調の調整を行うことが可能です。


360度パノラマ画像の選択

①・「照明設置」タブを開きます。
②・ここに6つのボタンがありますがここで360度パノラマ画像(この表現で正しいのかな?)を表示できます。ハニーセレクトでおなじみの海外掲示板であるhongfireやYoutube動画では非常に画質の高い360度パノラマ画像を使用したSSや動画を撮影されているものが多数公開されていますが、その幾つかはこのPH_DHHの機能を使用しているようです。

ここで用意されている360度のパノラマ画像は非常にクオリティが高いためSSや動画のお供に重宝しそうです。個人的にはこの機能だけを見ても導入する価値はあると思います。




後はライティングと色調の調整になりますが、このPH_DHHのライティングと色調の調整は直感的にスライダー形式で操作可能で調整箇所の画面変化がわかりやすいため実際に触ってみて確認してみてください。別段説明は要らないと思います。





image1_201710292228445a9.jpg

PH_DHHのIK機能を使って簡単にチアリーディングのポーズを作ってパノラマ画像をバックにした上でライティングを微調整してPH_Shortcutsプラグインで被写界深度を調整してSSを一枚撮ってみました。もちろん他のプラグイン機能を併用することも出来ますが、 Image_Based_Lightingプラグインとはライティング機能が競合するようでその旨エラーが表示されPH_DHHのライティング機能が停止します。このプラグインはアイデア次第でポーズを作成して色々と遊べそうです。
























関連記事
スポンサーサイト
  • Share
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。