こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in プレイホーム日記

プレイホーム DOA5のような撮影モードが欲しい

-- COMMENT




PlayHome64bit 2017-10-17 21-01-42-611

プレイホームはハニーセレクトからグラフィックの大幅な強化を図った以外にもプリセットポーズ数の大幅な増加、女性をマップ上に配置して任意の場所に移動させる際に「移動」項目からマウスを使用して簡単に移動することができるようになるなど機能が大幅に拡張されています。

髪型のクオリティも高くヴァニラでも十分使用できるだけのクオリティと実質的に使える髪型の数が多いためMOD無しでも十分に遊ぶことが出来る。ハニーセレクトからのキャラデータの移植も出来ると文句なしです。これだけでも個人的には購入してよかったと思っていますが、あとはスタジオ機能が追加されれば文句なしです。

ただ、不満点がないわけではなく、これはハニーセレクトから感じていた部分ですが撮影する際のプロセスにもう少し遊び心が欲しいです。SS撮影時にカメラのシャッター音はするものの、演出として用意されているのはそれだけといえばそれだけです。








game 2017-10-17 22-04-13-791

これはDOA5の撮影モードですがファインダー越しに女の子を見て撮影しているような雰囲気が多少は出ています。なおかつレンズの焦点距離を変更することが出来るので同じポジションからズームすることで女の子を寄って撮る事が可能とSSを取る際の撮影時の楽しさに貢献しています。DOA5の開発陣はそのあたりをよく分かっています。

理想を言えばDOA5の撮影モードにレンズの絞りの概念を追加し、絞りの調整により背景のボケ味を調整できるようにしてくれれば文句なしです。

プレイホームではCONFIG設定から被写界深度の度合いを調整することは可能ですが被写界深度の設定を最高にして女の子に寄り過ぎると女の子の目元までぼけてしまいます。できれば自動ピント調整機能を追加しどのような被写界深度の設定でも女の子の目元はピントが合い、目元から離れるにつれて徐々にピントが甘くなっていくといった設定の変更が出来るようにしてもらえるとありがたいです。ピントをどこにあわせるかという設定ができればよいと思います。

それをCONFIGで設定するのではなくDOA5のような撮影モードを追加し大口径レンズの絞り開放時のような背景をぼかした絵作りができれば最高です。ポートレートで撮影するときは大口径レンズを絞り開放で女の子に寄って撮れというのがセオリーですが、寄って撮っても背景がクリアだと旅先での記念写真みたいで味気ないです。大口径レンズの被写界深度の浅さを利用して
背景のボケ味を女の子の目元にピントを合わせ、目元から離れるにつれて徐々にピントは甘くなっていき背景を派手にぼかす。

絞りの概念を追加しDOA5のように撮影モードで直感的に操作、調整できるようになればプレイホームでSSを撮る際の絵作りの幅を広げると同時に撮影する際のプロセスを楽しむことも出来ると最高です。レンズを切り替えて焦点距離ごとの被写界深度の違いをボケ味で表現できれば尚良いですね。






PlayHome64bit 2017-10-24 20-07-45-511


追記17/10/25
後から気がつきましたがハニーセレクトでおなじみのShortcutsプラグインにはエフェクトから被写界深度を調整できる機能があり絞りとブラーを調整しボケ味自体は派手にボケさせることが可能ですが、すっかり存在を忘れていました。プレイホームに対応したIPAとShortcutsプラグインはすでにリリースされていることから現在導入してプレイしていますが、背景を派手にボケさせることができるだけでかなり楽しいです。これにより絵作りの幅が広がります。

あとはDOA5のような撮影モードがあれば尚よいですね。












関連記事
スポンサーサイト
  • Share