鳥獣保護区等位置図の見かた スリングショット猟のポイント

鳥獣保護区等位置図

さて、鳥獣保護区等位置図ですが、ネットで情報拾って見方を確認してきたので、
簡単にまとめておきます。
写真の地図は神奈川県のものです。
神奈川県の方はリンクの狩猟免許試験・狩猟免許更新・狩猟者登録のページにPDFの拡大図がありますので、クリックすると拡大表示されますので、必要な方はリンク先へどうぞ。
それ以外にお住まいの方は鳥獣保護区等位置図 都道府県でググレばサイトが出ると思います。

狩猟免許をお持ちの方は何をいまさらと思われることと思いますが、
免許なしでスリングショット猟をやろうとしている人間は予備知識ゼロです。
管理人もネット上の情報と狩猟読本をちょこちょこと読み進めている状態です。

基本的な部分として、まず狩猟が禁止されている場所があります。
※狩猟読本より抜粋

・鳥獣保護区(鳥獣の保護繁殖を図る場所)
・休猟区(狩猟鳥獣の生息数の回復を図る場所)
・公道(人や車が往来する場所。農道、林道を含む)
・区域が明示された都市公園など(人が集まる場所)
・社寺境内・墓地(神聖さや尊厳を保持する場所)
・自然公園の特別保護地区、原生自然環境保全地域(保護を図る場所)

※弾丸が公道の上を通過する場合も公道における銃猟とみなされる。

青色 指定猟具禁止区域(銃)
黄色 猟区 
ピンク 鳥獣保護区、鳥獣保護特別保護地区
緑 都市公園
白 乱場(通称)

おおまかに区分すると上記のように分けることができます。
ピンクは鳥獣保護区ですので、猟の種類にかかわらず禁止されています。
この中でスリングショット猟が可能なのは黄色の猟区ならびに青色の指定猟具禁止区域(銃)、
白色の乱場になると思われます。
黄色の猟区は狩猟鳥獣の捕獲を調整するために、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律に基づいて設定される特別な狩猟の場ということらしいのですが、
入猟税と別に猟区を管轄している場所に別に入猟承認料なるものを支払う必要があるのだそうです。
1日辺り5000円から8000円とか・・・
ただスリングショット猟には該当しないので料金を払う必要はないのですが、
猟銃を所持している方が普通に散弾ぶっぱなしているので、
誤って撃たれる恐れがあることもあり、猟区でのスリングショット猟はお勧めできないようです。

白の乱場は入猟承認料なしに猟ができる基本的な場所。
狩猟が禁止されているエリア意外でしたらスリングショット猟が可能なため、
狙い目といえば、狙い目。
散弾銃保持者の方とうまく共存できるかどうか・・・

そこで注目したいのが青色の指定猟具禁止区域(銃)、
罠等の狩猟は可能ですが、銃による狩猟が禁止されており、比較的安全と思われます。
地図でみると分かるかと思いますが、市街地全域がおおよそ青色の区分です。
もちろん市街地で撃つわけにはいかないので、適度に自然があり樹木が茂っているといった、
要件を満たす場所というと河川敷流域がおおよそ狙い目と思われます。
私有地であれば地権者の許可が必要になるようですが、河川敷は国?地方自治体?どちらなんでしょうか?
少なくとも許可が必要になると思われます。
環境農政局 水・緑部 自然環境保全課というところに連絡を取り、
そのあたりについてスリングショット猟をしても問題がないか?
確認をとってみたのですが、担当者不在のため来週以降で折り返し電話連絡をいただける事に。
問題がなければ河川敷流域はスリングショットによる猟のできるポイントとしてベストと思われます。

とりあえず、猟区は神奈川県だと丹沢か清川に集中してますね。
車で行くとしても結構な距離があるので、わざわざ山の中までいかなくても、
自転車こいでいけるところに狩場があるのは数少ないスリングショット猟のメリットだと思われます。

厚木駅周辺
これはグーグルアースで確認した相模川の様子ですが、
川幅の広さは文句なしです。
土手から川まで適度に距離が離れている事もあり、
川に向かって撃つ分には住宅街に球がそれる事もなさそうです。
川の傍まで徒歩で侵入できそうです。
最寄の厚木駅から徒歩ですぐのところがポイント高いですね。
管理人の家から相模川って自転車だと地味に遠いいので、
部屋から愛用のロードを引っ張り出すのも面倒なので・・・

厚木駅周辺2

これは同じ地域をストリートビューで確認したもの。
適度に草木が茂っていて良い感じです。
狩場にはもってこいですね。

家からは境川というところが近いのですが、
ストリートビューで確認したところ、ちょっと微妙ですね。

境川周辺

川幅も狭く、コンクリート壁で土手が形成されていますね。
これを見る限り川に下りることがまず困難。
降りても川の中を移動する事になりますので。(傍からみたら怪しすぎる・・・)
川沿いの歩道から射撃するのは公道での射撃を禁止する法令に違反するため、
問題がありそうです。
そもそも歩道からじゃ撃ってもあたりそうもないですけど。
有力候補は相模川流域でしょうかね。

後は河川敷を管理している行政の許可が得られるかどうかですね?
自然環境保全課から回答が得られたら記事を更新したいと思います。

あとこのスリングショット猟関連の記事。
おそらく管理人が試行錯誤で情報を拾いながら書いている事もあり、
どこまで内容が正確なのか?判断が難しいところ。
よそのサイトから情報を拾い上げて、半ば転載しているような感じですので、
部分、部分で間違いもあるかもしれません。
情報の裏取りは可能な限りなさってください。(行政等に対して)
後から間違いに気づいたときにちょこちょこと加筆修正はその都度していますけど・・・
嘘をうそと見抜けないものは・・・ryじゃないですけど、
このブログみてスリングショット猟したら鳥獣保護法違反になったでござるといわれても、
正直責任取れませんので・・・・
くれぐれも慎重に願います。


追記(14/12/09)
自然環境保全課から返答があり、個人でのスリングショット猟に関して、
河川での使用について問題がないとの回答をいただきました。
正確には一級河川、二級河川などによって管轄が異なるようですが、
いづれも個人での猟については問題はなさそうです。
河川での許可は下りましたが国有林などはやはりその都度許可が必要な事など、
場所を管理している行政に確認は必須と思われます。
自然環境保全課は総合窓口となっているようで、関連部署へ確認を取っていただくことができました。
鳥獣保護等位置図を見て、狩猟をして良いポイントを確認する際に、不明な点がある場合等、
事前に電話で確認をされるのがよろしいと思われます。
関連記事
スポンサーサイト