こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in Minecraft MOD備忘録

マイクラ テクスチャの編集 防具編①

-- COMMENT




javaw 2017-08-18 08-32-38-570

マインクラフトのヴァニラの防具は少々無骨で味気ないです。普段愛用しているリソースパックの「はしばみ」の防具は全体的にかわいらしいデザインで気に入っているのですが個人的にチェストプレートの部分が好みではないです。ヴァニラのチェストプレートのデザインは個人的に好みですが肩当の部分がないすっきりとしたデザインにできれば尚ベターです。

javaw 2017-08-14 21-33-45-542

javaw 2017-08-18 08-31-10-751

javaw 2017-08-18 08-31-10-751

この記事ではSSのように「はしばみ」の防具に鉄の防具のヴァニラのチェストプレートの部分を編集し方の部分を削除し胸と背中の鎧のサイズを少し小さくし移植する形で編集してみたいと思います。「はしばみ」のリソースパックはhashibami_1.11_v1.0を使用しています。

マイクラで使用しているテクスチャファイルはpng形式のファイルですが、png形式のファイル自体は扱いが容易ですので対応しているペイントソフトであれば編集はなんでも可能ですが今回はGimpで主に編集する流れについて記事にしたいと思います。Gimpは無料でありながら高度な機能を有するペイントソフトですがGimpを始めて触るという方でも今回の作業自体は非常に簡単ですので初めてGimpを操作される方でも分かりやすいように記事にしていきたいと思います。





image1_2017081808562683c.png

この画像は鉄の防具であるテクスチャファイル「iron_layer_1.png」ですが、このままだとどのパーツがどの部分のテクスチャなのか分かりづらいです。








image3_2017081809010035b.png

mcskin3dというツールで開くとこのようにテクスチャを2D形式で表示しつつ3D形式で実際の編集内容をプレビューすることができ尚且つ、テクスチャのどの部位が肩当の部分だったりと判別することが容易となります。既存のテクスチャをドット単位でスポイトでいろ情報を吸い取る。色を塗る、消しゴムで消すなど作業する分にはこのmcskin3dというツールで作業を行うことはできるし、割と使いやすいですが範囲指定をして切り取りをしたりテクスチャファイルを複数開いてAからBへテクスチャを部分的に選択コピーして貼り付けという作業ができないとドット単位で色を塗っていく作業が発生するため少々面倒です。

その点Gimpならそのような作業も容易に行うことができるので、今回はmcskin3dはテクスチャのどの部分が肩当なのかを判別しやすくするためと編集内容のプレビュー用途で使用したいと思います。






image4_2017081809123335c.png


mcskin3dのダウンロード


mcskin3dの動作には.NET Framework v4.0が必須とのことです。mcskin3dを起動してエラーが出る場合には別途インストールしてください。ダウンロードはサイトをスクロールしてLatest version (1.6.0.602): の「Download Now!」をクリックします。

ダウンロードしたファイルを解凍後、インストール不要でフォルダの中の「MCSkin3D.exe」を実行すると起動します。






image1_201708180926254a9.png

MCSkin3Dを起動するとこのような画面が表示されます。プレビュー画面での基本操作ですがマウスの左ボタンを押下した状態でマウスを操作することでプレビューのオブジェクトの視点移動。マウスのホイール上下でオブジェクトの拡大、縮小です。






MCSkin3Dの表示形式の変更

image2_20170818093625a57.png

「View」→「View Mode」→「Texture(2D)」

2D形式でテクスチャファイルが表示されます。



image1_20170818093505e1d.png

「View」→「View Mode」→「Perspective(3D)」

3D形式でテクスチャファイルのプレビューが表示されます。


image3_20170818094006e0b.png

「View」→「View Mode」→「Hybrid」

2D形式と3D形式のプレビュー画面が分割表示されます。




鉄の鎧のテクスチャファイルの場所

「はしばみ」
「はしばみ」のリソースパックファイルであるhashibami_1.11_v1.0.zipを解凍し展開されたフォルダの以下のパスのファイル

.....\hashibami_1.11_v1.0\assets\minecraft\textures\models\armor\


iron_layer_1.png:レギンス以外のテクスチャ
iron_layer_2.png:レギンスのテクスチャ


ヴァニラ

以下のパスはVer1.10.2の場合
C:\Users\xxxx\AppData\Roaming\.minecraft\versions\1.10.2\1.10.2.jar(xxxxはアカウント名)

C:\Users\xxxx\AppData\Roaming\.minecraft\versionsフォルダを開くとVerごとにフォルダがありリソースパックのテクスチャファイルであるjarファイルが格納されています。xxxx.jarファイルを解凍するとテクスチャファイルが展開されます。

※C:\Users\xxxx\AppData\Roaming\.minecraft\versions\フォルダを開いてもお目当てのVerのフォルダがない場合は新規でプロファイルを作成しヴァージョンで抽出したいVerのマイクラ本体のVerを選択してゲームを起動するとテクスチャファイルが作成されます。





image1_20170818132225805.png

最初にMCSkin3Dで「はしばみ」のiron_layer_1.pngファイルを開きます。SSの赤枠の部分にドラッグ&ドロップします。表示形式を「View」→「View Mode」→「Texture(2D)」で2D形式で開きます。するとテクスチャが各部位ごとに枠で覆われて分割表示されます。各部位を見るとhead top、Body Front等と表記されているので各部位がどのパーツをさすのか分かるといえば分かりますが断面図のためプレビュー表示したほうが分かりやすいと思います。








image2_20170818135247c59.png

「View」→「View Mode」→「Hybrid」で分割表示に切り替えます。ここでは各部位がどのパーツなのか分かりやすくするために各部位の周囲を色分けしています。黄緑色はのチェストプレートの前面、ピンクはチェストプレートの背面。赤と水色はチェストプレートの側面。青色は肩の部分です。オレンジ色はヘッドパーツです。

今回作業するのはチェストプレートの部分ですが、赤と水色で囲ったチェストプレートの側面は丸々削除。青色のチェストプレートの肩部も削除。黄緑色とピンク色のチェストプレートの前面と背面をヴァニラのテクスチャを移植した後微修正していきます。





Gimpによるテクスチャの編集

「はしばみ」の以下のテクスチャをGimpで開きます。

.....\hashibami_1.11_v1.0\assets\minecraft\textures\models\armor\iron_layer_1.png

image1_20170818151327141.png

Gimpでのファイルの開き方はGimpのメイン画面にドラッグ&ドロップでファイルを移動するか「ファイル」→「開く/インポート」でファイルを指定して開きます。




image2_2017081815184701f.png

このままでは画面のテクスチャサイズが小さいため表示されるサイズを変更します。





image2_2017081815184701f.png


「表示」→「表示倍率」→「16:1(1600%)」を選択します。









image2_20170818152130759.png


これでテクスチャを編集しやすくなりました。








image3_2017081815245819d.png


「ツール」→「選択ツール」→「矩形選択(R)」を選択。






image1_20170818174755b3c.png

「鉛筆で描画」を選択








image2_201708181751189d8.png



「サイズ」を1.0に設定します。







image1_2017081818012586d.png

「画像」→「複製」を選択。




image2_201708181805574f8.png

「レイヤー-ブラシ」ウインドウのSS青枠のレイヤーを右クリックで選択→「レイヤーの削除」を選択。




ヴァニラのチェストプレートのテクスチャである以下のファイルをGimpで開きます。


以下はVer1.10.2の場合

C:\Users\xxxx\AppData\Roaming\.minecraft\versions\1.10.2\1.10.2\assets\minecraft\textures\models\armor\iron_layer_1.png
(xxxxはアカウント名)



ファイルを開いたら「表示」→「表示倍率」→「16:1(1600%)」を選択して表示サイズを変更します。




image3_201708181815169af.png


これで二つのウインドウに「はしばみ」のチェストプレートのテクスチャファイルとヴァニラのテクスチャファイルが表示されました。



これでテクスチャの編集をする準備が整いました。長くなったので記事を分けたいと思います。次回に続きます。







関連記事
スポンサーサイト
  • Share