こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in ダークソウルシリーズ日記

修道女フリーデ戦は難しいけど楽しいボス ダークソウル攻略日記

-- COMMENT




DarkSoulsIII 2017-06-15 09-00-16-418





ダークソウル3攻略も5週目に入りましたがフリーデは個人的に非常に苦手なボス戦でDLC2のボス戦の攻略が終わるまで放置していました。というのも4週目では辛くもソロ攻略しましたが、あらためてこのボス戦をプレイしてみると結構難しいです。フリーデはリーチの長い鎌を使用してきますが第一形態では特に威力が高く一発でHPをごっそりともっていかれてしまいます。

また時折姿を消したと思えば一定時間内に見つけて攻撃を入れないと突然姿を見せたと思えばガード無効の攻撃を仕掛けてくることがあり初見プレイにおいて消えた後の土埃の方向からフリーデがどこに消えたのか判断がつかないうちは消えた後のガード無効攻撃を食らいまくりでまるで安定しませんでした。慣れれば第一形態は割りとワンパターンであり簡単といえば簡単ですが、いまだに慣れないのが鎌を構えたモーションからジャンプ後に地面を凍結させるとともに氷の柱を地面から繰り出してくる攻撃。これが割りと当たり判定が広く非常にやっかいでした。距離が近ければ前方ローリングでフリーデの後方に回って回避できますが、中途半端な距離で繰り出されると後方にローリングしても綺麗に当たる事もあり苦手な攻撃です。


DarkSoulsIII 2017-06-15 09-00-16-418



第二形態では教父アリアンデルとフリーデとの複数戦になりますがこれが個人的に非常に苦手です。アリアンデルの攻撃はたしかにワンパターンですが、アリアンデルの攻撃を回避後に攻撃を加えるとフリーデから地面を凍結させるとともに氷の柱を地面から繰り出してくる攻撃を仕掛けてきて大ダメージとまるで安定しません。この第二形態をソロでプレイすると必然的にノーロックを迫られますがノーロックでフリーデの動きに気を配りながらアリアンデルを攻撃していくのは集中力を要し結構疲れます。ソロでやっているとこの第二形態で疲れ果ててしまうためやむおえずゲールを召還してプレイすることにしました。アリアンデルは幸い出血耐性が非常に低く墓守の双刀にカーサスの緋刃でエンチャントすれば鬼のように削ることができます。


DarkSoulsIII 2017-06-15 09-00-16-418


問題となるのが第三形態ですが、これがあらためてプレイすると鬼のように難しい。まず開始早々にフリーデが黒い炎を纏いジャンプから攻撃を仕掛けてきますがこの攻撃はいうまでもなく炎と冷気のに属性がありフリーデとの距離が近ければ前方ローリング後にバックスタブのチャンスといえばチャンスですが問題なのは中途半端な距離から繰り出してくるときです。このときは前方へローリング回避しても上手くフリーデの背後に回るだけの時間が取れないことが多くダッシュして距離を詰めてからローリングするか素直に後方に回避してやり過ごすしかないとおもわれますが、黒い炎の場合は前方へ黒い炎が地面を這いながら襲ってくるので左右へのローリングで回避しますが、問題なのが冷気のほうで当たり判定がとにかく広く、またかなりフリーデと距離をとってこの攻撃をされた場合でもこの距離で被弾するのかというくらい地面を凍結させるとともに氷の柱を地面から繰り出してくる攻撃の当たり判定が広く非常にやりずらいです。

またフリーデは接近戦では5連撃の連撃を仕掛けてきますが慣れない頃はこの攻撃も上手く回避できず苦戦を強いられました。ただ攻撃自体はややディレイを混ぜてくるのでやりずらいですが割りと見切りやすいので回避はしやすい部類で尚且つ救いなのが第三形態でのフリーデの攻撃の一発当たりの被ダメージは第一形態に比べると非常に低く設定されているため連撃を1,2発受けてもそこまでHPは削られません。ただダッシュからの首刈りによるガード無視攻撃。これは慣れない頃は結構貰いましたが被ダメージはきついです。

これ以外にも連撃に混ぜて黒い炎による攻撃を仕掛けてくると攻撃パターンは非常に多彩です。また問題なのがボス部屋のステージ自体は広いもののフリーデは移動速度が速くエスト瓶を安全に飲むタイミングが意外と難しい点。思いついたのが後方にダッシュして距離を取り回復すること。これ自体は悪くないのですがあまりにもフリーデと距離を取ると遠距離から前方に伸びてくる黒い炎を地面に這わせて襲ってくることがありジャンプからの冷気攻撃による氷の柱攻撃もここまで届くのかというくらい伸びてきます。

当初はセオリーどおりジャンプから地面に鎌を突き刺し周辺に冷気もしくは黒い炎を発生させる攻撃を前方ローリングで回避してバックスタブを入れていく。他の攻撃はひたすら回避し続けるという感じでバックスタブに集中してなるべく被弾しないように努めてフリーデを倒すようにしていたのですが、あまりプレイしていて楽しくない。そこで思い切ってフリーデと真正面からガチンコで勝負を挑んでみることにしました。フリーデの連撃もすべてローリング回避しつつ最後のジャンプ攻撃後に攻撃するなどヒットアンドアウェイで積極的に攻める。まさにフリーデとのガチンコ勝負です。

問題となるのがローリング回避の頻度が高すぎることから来るスタミナ消費の高さです。当初は大盾を使用していたもののスタミナ回復速度が遅いため草紋の盾を装備することにしました。草紋の盾は+4まで強化しても受け値56ほどしかたしかありませんし物理カット率も89%と頼りないです。ただ緑草の指輪+3に草紋の盾の組み合わせによるスタミナ回復速度は緑草の指輪+3に比べると非常に早いです。この組み合わせならスタミナ消費の問題は何とか解消できます。

草紋の盾は受け値、物理カット率共に低いですがフリーデの攻撃は盾受けしてもスタミナ消費量自体は割りと低いので1,2発攻撃を盾受けする分には十分に対応はできます。




という感じでフリーデとガチンコで楽しくプレイしたのがこの動画ですが、まだまだフリーデの攻撃を綺麗に回避できていません。なによりこの動画を取るまでに2時間ほど延々とプレイしていたので第二形態のアリアンデルの攻撃の回避も適当になってしまいかなり雑なプレイですが迅速に第三形態に移行したかったので。5週目とはいえフリーデの攻撃は特に遠距離攻撃の黒い炎の攻撃の被ダメージが割りときつく、氷の遠距離攻撃と合わせて食らうと死にそうになります。というか惜別を掛けていたので助かっていますが本来なら死んでます。フリーデとガチンコでプレイして感じたのはどことなくブラッドボーンのマリア戦を彷彿とさせます。またフリーデの持つ鎌の攻撃が割りと変則的なこともあり無印のアルトリウス戦も彷彿とさせます。個人的にはブラボのマリアと無印のアルトリウスを組み合わせたようなそんな面白いボス戦だと感じました。

普段は週回数が上がるにつれて被ダメージがきついので安全マージンを極力確保して安全にボス戦を制するようにしていますが、ここは2回攻撃できそうだけど1回にしておこうとか考えてしまいます。そういうプレイはたしかに安全にボス戦を制することはできるけどプレイしていて楽しいか?と言われれば確かに楽しくは無いです。フリーデ戦も第三形態のフリーデの接近戦での連撃も後方にローリングを繰り返すか後方にダッシュしてやり過ごすのが無難だし安全なのは分かるけど、敵の土俵に立つとボス戦はより楽しくなると言うことをブラッドボーンのゲールマン戦で学んだのでフリーデ戦もあえて敵の土俵に立って真っ向勝負を挑むと、被弾はしまくりですが非常に楽しいボス戦になります。4週目で初見でプレイしたフリーデ戦は上手く回避できずにイライラの連続でしたが、今も上手く回避できているわけではないものの第三形態は難しいけど非常に楽しいボス戦です。難点はガード無効攻撃を仕掛けてくるためプレイ中気を抜くことができない。特に第三形態でフリーデが消えた後迅速に見つけて一発攻撃を入れるまでは気が抜けないためかなり疲れる点です。

何気にDLC枠の中では一番好きなボス戦かもしれません。ブラッドボーンのゲールマン戦も個人的に非常にプレイしていて楽しいボス戦ですが、ダークソウル3における一番楽しいボス戦は今のところフリーデの第三形態です。











関連記事
スポンサーサイト
  • Share