こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in 電動ガン

ANS Optical ライフルスコープ フロントフォーカス 3-9x50AOE レビュー

-- COMMENT
さて、ANS Optical ライフルスコープ フロントフォーカス 3-9x50AOEが届きました。
以前同じものを購入したのでレビューは不要かと思ったのですが、
ANSの製品にマイナーチェンジが加わったようなので、
変更点を簡単にレビューしたいと思います。

DSCF0575_convert_20141127121821.jpg

変更点は2箇所。
一つ目はエレベーションおよびウィンテージダイヤルがカバーを外さずに、
そのままダイヤルをクリックできるようになりました。

DSCF0573_convert_20141127121553.jpg


これは正直使いやすいです。
旧製品の場合だとカバーを外したうえで、ダイヤルを回す必要がありますが、
ダイヤルの形状が小さいので、手でも回す事は可能ですが、
少々億劫な作業になりがちです。
新製品はカバーをあける必要はなくなり、そのままダイヤルを回す事ができるので、
調整作業が非常に快適です。
これは、なかなか良いマイナーチェンジだと思います。

二つ目はバトラーキャップの材質。
材質自体は旧製品はプラスティックだと思いますが、非常に簡単に抜けてしまうため、
少々使い勝手が悪かったのは否めない点です。
そのこともあり埃が入りやすいのもマイナスポイントだと思います。

新製品はこのキャップの材質が背面がゴムになったため、旧製品に比べ、
抜けづらくなっています。形状もフォーカスリング側はリングの形状に沿って、
ゴムが形成されており、抜きやすく挿入しやすい形状と材質となっています。
密着性が高く埃が入りづらいのはポイントです。

背面側はキャップの形状、材質的に圧迫感があり少々抜きずらくなっています。
外す事自体少々きついです。
その分挿入する事自体も大変です。
こちらはちょっときつすぎるため、少々やりすぎな感じが否めません。
ロットによるのかもしれませんけど。

後細かい点ですがマウントリングの裏面ですが、
ねじの部分がマウントベースに干渉しずらいように奥に引っ込んでいます。
一般的なマウントリングってもっとねじの部分が手前にあると思いますので。
よりカッチリマウントベースにセットできるようになっているところでしょうか?

DSCF0579_convert_20141128103936.jpg


今回のマイナーチェンジはなかなか痒いところに手が届くではありませんが、
ユーザーからの声にメーカーが耳を傾けた結果?なのかは分かりませんけど、
素直に評価する事ができます。

この製品AMAZONでのレビュー数がすくないため、
購入されている絶対数が少ないとは思いますが、
隠れた一品だと思います。

DSCF0576_convert_20141127125045.jpg

DSCF0577_convert_20141128095829.jpg


最後にCM16にスコープをセットした写真を一枚。
うーん、スコープがでかい・・・
個人的にM4にはドットサイトのようなコンパクトなスコープが似合うような気がしますけど、
このどでかいスコープもなかなか様になると思います。
それにしてもM4(タイプ・・・)かっこいいなあ。
M16の系統とは違った良さがありますね。

個人的には今回のマイナーチェンジで魅力が増した事もあり一本買っておいてもよろしいと思います。
今回のマイナーチェンジで完全にマルイのプロスコープズームを、
超えたかな?と思います。
全体的なスコープの作りの質感ということでいえばマルイ製にまだまだ軍配が上がるとは思いますけど、
口径50mmのレンズの視界の広さ、ダイヤル操作の容易さ、イルミネーション機能付きの点だけでも、
この価格はおいしいですね。

それにしても、最初おもちゃにしか見えなかったイルミ機能が最近は、手放せないですね。
慣れるとかっこいい。
クロスボウは赤のイルミ、CM16は青のイルミと使い分ける事にします。

マルイの製品以外でスコープの購入を検討されている方はお勧めしますけど、
どうなんでしょう?在庫の関係によっては旧製品が届くなんて事も・・・
あるかもしれないですね。
旧製品でも悪くはないですけど、新製品のダイヤルを使った後だとなんとなく見劣りするのは、
否めない事実。

唯一人によっては難点と思われるのは重量が700gあること。
CM16がバッテリー込みで2.6kgあるので3.3kg弱になります。
人によっては軽ければ軽いほど良いという見方もできますので、
この点をどうとらえるかでしょうか?

ゲームで使うなら軽いに越した事はありませんが、お座敷シューターには、
さほど気にならないレベルではあります。
長時間銃を構えているわけでもありませんし。
関連記事
スポンサーサイト
  • Share