薪の王グウィン ダークソウル攻略日記






DARKSOULS 2017-05-19 15-14-19-881


薪の王グウィンですが、2年前に初見で無印ダークソウルをプレイしたときは正攻法ではまったく歯が立たずボス部屋の隅にあるちょっとだけ突き出した岩の周りで戦うという地形を利用してなんとか制した記憶があります。パリィが有効とのことですがまったくパリィの練習をしないで来たこともあり、大苦戦を強いられました。特にグウィンが接近戦で仕掛けてくる連撃の攻撃を盾受けした際に炎属性の攻撃によるダメージ以上にスタミナ消費量が高すぎてガン盾ができないことが一番きつかったです。




今回グウィン戦に入りましたが、今回もパリィの練習をまったくしていないこともありますが、できればパリィなしでグウィンを正攻法で倒したかったので装備をグウィン戦に備え整えてみました。武器はリーチが無印でもっとも長い部類である銀騎士の槍、盾は黒騎士の盾。黒騎士の盾は+5まで強化すれば受け値74と十分で炎カット率が95%とグウィン対策としては申し分ないです。

グウィンが接近戦で仕掛けてくる連撃ですが、この攻撃が炎でエンチャントされていますが当たり判定が広く武器の振りも早いため、この攻撃を左右へのローリング回避で回避し続けることは結構しんどいです。そこで思いついたのはグウィンが接近戦で左右への連撃を繰り出してきたら、後方ローリングします。すると連撃がキャンセルされます。個人的にグウィンと戦ってみて大きな隙があると思われるのは距離が離れたら繰り出してくるジャンプ攻撃、グウィンにかなり接近すると仕掛けてくるつかみ攻撃と蹴り攻撃。ジャンプ攻撃は割りと回避が容易で尚且つ攻撃後に割りと長い硬直時間があるので安心して攻撃ができます。

掴み攻撃と蹴り攻撃はグウィンにかなり接近したときに仕掛けてきますが、この攻撃を誘発させ後ろに下がりつつ槍で攻撃する。この3点をベースに安全に攻撃できるときだけ狙うように心がけました。結果だけ見ればエスト瓶の使用はゼロと動画だけみれば完封しているように見えると思いますが、グウィンからの一発の攻撃の被ダメージが高く、攻撃の振りは早く当たり判定も広いと非常に緊張感のあるボスに変わりはありませんでした。

黒騎士の盾を持ってしてもガン盾プレイは難しいためあくまでも盾はローリング回避が遅れた際の保険として使用するしかなく、プレイしている人間にしか分からない緊張感のあるひと時でした。エスト瓶で回復するタイミングですが上記で挙げた3点、ジャンプ攻撃、掴み攻撃、蹴り攻撃後にはエスト瓶で飲むだけの時間的な猶予があるので、エスト瓶で回復したい場合は距離を取るのではなく、あえて接近して掴み攻撃と蹴り攻撃を誘発して後ろに歩いて下がる。その好きに飲むと具合が良いです。

グウィンは一見するとそれほど強いボスには見えませんが、回避タイミングも割りと難しい印象ですが、無印のラストを飾るべきラスボスにふさわしい強さのボスでした。無印の中ではアルトリウスに並ぶ結構好きなボスです。



関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */