こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in ブラッドボーン日記

ゴースの遺子は割りと銃パリィが取り放題

-- COMMENT



20161108131050f40_201705100830403dc.jpg



ダークソウル3のDLC2が出たことで久しぶりにプレイしたダークソウル3は非常に楽しかったです。ブラッドボーンも久しぶりにプレイしたくなったので手始めに聖杯ダンジョンで死体の巨人や人食い豚と遊んできましたが、すっかり立ち回りを忘れてしまったので死体の巨人の後半戦の背中の鎖で瞬殺されたり人食い豚に開幕と同時にひき殺されたりと散々でした。後半戦の背中の鎖ってどうやって回避するんだっけ?という有様でしたが少し練習して徐々に立ち回りを思い出してからは安定して倒すことができるようになってきました。

後、ダークソウル3はPC版でプレイしているのでコントローラーはXBOX360のコントローラーを使用していますがローリングボタンは「B」ボタン。PS4のコントローラは「X」ボタンとボタンの配置が逆なんですが、これが地味にやりづらい。ローリング回避するのにいちいちコントローラーのボタンを見て押す人はいないわけですが、頭と体にコントローラーの配置が染み付いているので、PS4でローリングボタンを押しても反応しない!?と思ったら逆のボタンを押していたということもPC版ダークソウル3とPS4でブラッドボーンを同時にプレイすると散見されます。PS4のコントローラーのボタンの配置を変更できるとありがたいですね。

それはともかくとして、Youtubeにアップした自分のプレイ動画を整理しているときにルドウイークやゴースの遺子戦があったので、懐かしく見ていたのですが、久しぶりにルドウイークやゴースの遺子と戦いたくなったので三週目のセーブデータを戻してプレイしてみたのですが、これが難しい。

四ヶ月ぶりに戦うルドウイークやゴースの遺子は結構な強敵でした。手始めにルドウイークと戦いましたが、開幕早々のジャンプ攻撃すらうまく回避できずに直撃。四ヶ月ぶりでも敵の攻撃パターン自体は案外覚えているものの、回避するタイミングが微妙に遅いのか被弾しまくりです。後半戦も斬撃がうまく回避できずにぼこぼこにされ立ち回りにある程度なれて安定して勝つまでに割と時間がかかりました。四ヶ月ぶりに戦うルドウイークは結構な強敵でした。

次に挑んだのはゴースですが死ぬことはそれほどないけど輸血液の消費量が多くぼこぼこにされました。それから一日10回ほどゴース戦を練習して数日間延々と回避の練習と銃パリィの練習をしていて気がついたのですが、今更ですがゴースは割と銃パリィが取り放題であること。以前は前半戦で接近すると胎盤を頭上に振りかざし前面に叩きつけますが、この攻撃くらいしか安全かつ確実に銃パリィを合わせることができませんでした。






当初はゴースの胎盤によるヨーヨー攻撃にもうまく銃パリィを合わせることができませんでしたが、これも慣れると楽に銃パリィが取りやすい。銃で射撃と同時に前方に2回ステップインすれば仮に銃パリィを外してもヨーヨーの攻撃の中にステップイン2回で入り込んで回避することは可能と失敗してもリスクがないことに気がつき、ボーナスタイムだと分かりました。

ゴースのジャンプ攻撃は高さのあるジャンプはステップインではなく歩いて抜ける感じでやり過ごすとR2貯め攻撃で背後から綺麗に内臓攻撃に繋げられるけど、高さが低いジャンプとの見極めが難しく失敗すると被ダメージがきついので現時点ではスルーしています。

他にも銃パリィのチャンスは腐るほどありますが、ゴースが唸り声をあげつつ胎盤を貯めつつ攻撃をしてくるときは管理人のように銃パリィが下手な人間でも割りと合わせやすいです。前半戦はゴースとの距離感をゴースに対して2回ステップで接近できる程度の距離感を常にキープする。ゴースの攻撃は銃パリィが取れる攻撃以外はスルーして回避に専念する。回避後はすみやかに後ろに2回ステップで下がる。一回だけだと追撃を誘発しやすい印象です。2回ステップで距離を取るとヨーヨー攻撃やジャンプ攻撃を誘発しやすい印象です。

後半戦で個人的に銃パリィが確実に狙えるのはゴースが接近しつつ胎盤を1段目右から、2段目左から横払いしてきますが、1段目は右ステップで回避、回避後およそ0.5秒(1秒だと長い?)ほど経ってから銃撃することで銃パリィが安全かつ確実に入ります。

あとゴースが接近しつつ前面に胎盤を3回叩きつけた後、4回目で上空に飛び上がります。この攻撃は後方に歩いて下がりつつ、4回目で上空に飛び上がった際に前方に歩いて抜けます。その後2,3歩(3,4歩?)程度歩いたところでR2貯め攻撃を入れると綺麗にゴースの背後を取りバックスタブからの内臓攻撃が確実に入ります。

以前は4回目の攻撃をステップインして入り込んでからR2貯め攻撃をしていましたが、コントローラーのスティックを綺麗に前方に倒さないとうまくゴースの背面に当たりません。またこれも同様にゴースが飛び上がってからステップインするタイミングが早いとあさっての方向に攻撃を入れたりとこれ以外と難しいです。

歩いて移動する場合、4回目の攻撃を抜けてすぐにR2貯め攻撃を入れると、あさっての方向に攻撃が入ることがあるのですが、4回目の攻撃を歩いて抜けた後、2,3歩(3,4歩?)歩いてからR2貯め攻撃を入れると綺麗に背後に入ります。この歩数が割と重要なようです。慣れるとぽんぽん決まります。

もう一つはゴースが中距離から飛翔しつつ距離を詰めてきます。これ自体はゴースが一度地面に当たってからこちらに飛んできますが、地面に当たるぎりぎりくらいで銃撃することで銃パリィを狙えますが、タイミングが早いとゴースを止めることはできますが、ゴースは頭を垂れてしまい前方から内臓攻撃はできません。ただ銃撃と同時にステップインで接近してゴースの背後を取りR2貯め攻撃を入れることでバックからの内臓攻撃に繋げることが可能。ただレイテルパラッシュくらいR2貯め攻撃の発動の早い武器でないとゴーストの距離によっては間に合わない場面が散見されます。ノコギリ鉈だとよほど距離が近くないと難しそう。というか同じタイミングで取れたことがないです。

仮に銃撃タイミングが遅くゴースの攻撃と銃パリィが取れたタイミングが同時で相打ちになった場合でもゴースは起き上がりざまに確定で胎盤を頭上に振りかざし前方へ叩きつけてきます。この攻撃は再度銃パリィのチャンスです。この攻撃の銃パリィは非常に取りやすいため、この攻撃はボーナスタイムというしかないです。

現時点では銃パリィないしバックからの内臓攻撃を確実かつ安全に入れることができるのはこの3パターンだけですが、これらの攻撃は後半戦幾らでも仕掛けてくるのでチャンスは豊富にあり外しても幾らでも機会があります。これらの攻撃だけに絞り後は回避に専念すればピンク色の弾の攻撃以外を確実に回避できるようにすれば割と簡単に完封できます。

ゴースの遺子の後半戦は割りとパターン化されており、慣れると回避に専念すれば回避することは容易な部類と思われます。稀に至近距離でピンク色の弾を四方八方に投げつけることがありますが、この攻撃は近距離でやられると確実に回避することは難しい印象ですが、この攻撃以外は慣れると回避は容易な部類です。コツはゴースに対して後ろに下がりながら戦いゴースと一定の距離を常に保つこと。そうすることで攻撃パターンは画一化されます。

ゴースの遺子は前半戦、後半戦ともに回避に専念する。下手にゴースの攻撃後、攻撃すると高確率で反撃されることがあり安定しません。前半戦は銃パリィ狙いに徹する。後半戦は今のところは前述した3パターンに絞って攻撃する。他は無視することで安定してゴース戦を制することは十分にできそうです。

銃パリィのタイミングはこれ以外にも豊富に用意されており自身が安全かつ確実に銃パリィを狙うことができるタイミングのみ狙う。それ以外は無視して回避に専念するといったことを意識すると割と楽にゴースを完封できそうです。動画にしても単調すぎておもしろみは皆無で動画映えはまったくしませんが、安全かつ確実にゴースを制するならこのやり方が無難だと思います。

ゴースに関してだけいえばピンク色の弾の攻撃以外はほぼ確実に回避できるようになったので、カンストでも対応できそうです。他のDLCのボスはカンストでどうこうできる気は現時点ではまったくしませんけどね。

今後の課題は銃パリィを確実に決められるゴースの攻撃パターンをさらに増やし、ゴース戦をより短時間で制することでしょうか。








関連記事
スポンサーサイト
  • Share