Youtubeにアップロードする際のエンコード設定が難しすぎる




Youtubeにゲームの動画をアップロードすると画質の劣化とブロックノイズが不定期で発生する現象に悩まされており、あれから延々とAviutilとx264の関連サイトを拝見しながらAviutilとx264を使用したエンコード設定を調整しているのですが、どうにも解決できそうもないです。Aviutilとx264を使用してエンコードした後の動画を見ると非常に綺麗ですが、動画をアップロードするとブロックノイズというか限りなくモザイクに近い現象が不定期で発生し画質が非常に汚い。これ本当にHD画質?というレベルです。

あれから原因を延々と調査していて分かったのは動画のアップロード後にYoutube側で再エンコードをおこなうようですが、そのYoutube側のエンコードの仕様に添った形で動画をエンコード処理しないとアップロード後画質のクオリティを維持することは難しいようです。一応Youtubeでは動画のアップロードに際して、このような形でエンコードしてねというガイドラインを公開してはいますが簡潔すぎてよく分からないというね・・・

Aviutilとx264を使用したエンコードは当面諦め、別の動画編集ソフトでエンコードをしてみたらどうだろう?と考えTMPGEnc Video Mastering Works 6という製品の体験版を試しに使用してエンコード処理をしてみました。こちらのソフトにはYoutubeに動画をアップする際のエンコード設定のプリセットが用意されており、そのプリセットを使用してエンコードしたものをYoutubeにアップロードしたところ、ブロックノイズの問題はかなり軽減はしました。

ブロックノイズ自体は動きの激しい場面で散見しておりますが、症状はかなり緩和されており、従来の動画と比べるとかなり見れるのですが、少々不満が残ります。TMPGEnc Video Mastering Works 6でもう少し設定を調整すれば、満足のいくクオリティの動画が作れる・・・かもしれない。このソフトを使ってこの問題が解決できるのなら購入しますか。

PS4でブラッドボーンの動画を録画して簡単にカットしてPS4から直でYoutubeに動画をアップロードしていたときは、少なくともこのような問題に悩まされたことはなかったのですが、ひとえにYoutubeにアップロードする際のエンコード処理の設定が適切にできているということなんでしょうかね。

正直ここまで、苦戦するというかPCのゲーム動画をYoutubeにアップロードするだけなのにエンコード設定がここまで難しいとは思いませんでした。むしろPCゲーム動画を高画質でYoutubeに動画をアップロードしている方はどのようなソフトを使用してどのようなエンコード設定をしているのか、その辺りを知りたいところです。エンコード時の設定項目が多すぎてそれらを適切に把握するのは難しいの一言です。

このあたりのエンコード時の設定ですけどYoutube側のエンコード時の仕様が変わったらそれに伴い調整が発生するようですので、いたちごっこになりそうな気がします。動画のエンコードって奥が深いというか難しい。

延々とエンコード設定を調整してはアップロードして動画の確認をするの繰り返し。なおかつ結果は出ないい。いかげんに疲れてきたのでそろそろ解決したいところです。
関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */