HS ノーマルマップとテクスチャの指定




今までの作業では以下のパスの「mat_cha_00.unity3d」ファイルからヴァニラのテクスチャとノーマルマップを読み込んでいましたが、テクスチャの色を変更したなどオリジナルのテクスチャを用意した場合、ヴァニラとは独立して指定したい場合は以下の作業を行います。

C:\illusion\HoneySelect\abdata(規定値)\mat_cha_00.unity3d



以下の変更例はショートパンツ「p_cf_body_bot_09_01」の例


SB3Uで「mat_cha_00.unity3d」をドラッグ&ドロップで読み込み。
続けて「cf_bot_00_unity3d」を読み込み。

ショートパンツ「p_cf_body_bot_09_01」をエクスポートしてDDSファイルを出力。


以下のパスにDDSファイルが出力されます。
C:\illusion\HoneySelect\abdata\chara\cf_bot_00\p_cf_body_bot_09_01(規定値)


出力されたDDSファイルのテクスチャを編集。



「p_cf_body_bot_09_01」フォルダの中の以下のファイルをリネーム。

cf_n_bot09_00_d_00-DXT5.dds→tex_s_pant-DXT1.ddsにリネーム。
cf_t_bot09_01_d_00-DXT1.dds→bump_s_pant-DXT5.ddsにリネーム。

※ファイル名はそのままだと、以下の作業をする際に似たような名前の項目が多いため、不便なためファイル名の先頭にbumpまたはtexとノーマルマップまたはテクスチャファイルであることが分かるように明記しています。ファイル名の命名規則はとくになさそうです。

DXT1.ddsはテクスチャ
DXT5.ddsはノーマルマップ



以下のパスにリネームしたDDSファイルをコピー。

C:\illusion\HoneySelect\abdata\chara\kumama_mod(規定値)

※自身が作成されたMODフォルダを指定。



image1_20170404095522582.png

コピーしたDDSファイルをドラッグ&ドロップ
「tex_s_pant-DXT1.dds」
「bump_s_pant-DXT5.dds」

この二つのファイルをひとつずつ選択して「Texture」タブから「Add Image」をクリック。
DXT1.ddsはテクスチャ
DXT5.ddsはノーマルマップ


「Material」→「cf_M_swbot01_01_d_00_copy」をクリック。
「Material」→「Bumpmap」→リストから「cf_n_swbot01_00_d_00_9223~」を「bump_s_pant-」に変更。

「Bumpmap」ではノーマルマップを指定します。


image3_20170404102009d52.png

「Material」→「Main Tex」→リストから「cf_t_swbot01_00_d_01_9223~」を「tex_s_pant-DXT1.dds」に変更。

「Main Tex」ではテクスチャを指定



「File」→「Save.unity3d」で設定を保存する。














関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */