HSのヴァニラスカートのミニスカート化MODの作成④








SB3Uを使用してBlenderでエクスポートしたFBXファイルをインポートしていきます。




ここでは最新版のSB3UGS_v1.5.22を使用して作業を進めており、それ以外でのSB3UのVer.では検証していませんので注意してください。



image1_20170307153641a60.png


SB3Uを起動します。SSの赤枠内にC:\illusion\HoneySelect\abdata(規定値)の「mat_cha_00.unity3d」をドラッグ&ドロップもしくは「File」から追加します。「mat_cha_00.unity3d」はスカートのテクスチャとマテリアル情報が入っており、このファイルを先に読み込まないとゲームでテクスチャが正常に表示されません。

続けてillusion\Honeyselect\abdata\charaの中の「cf_bot_00.unity3d」をドラッグ&ドロップなどで読み込みます。





image2_20170307154044c86.png

ここではSS左の赤枠内の「p_cf_body_bot_01_00」をダブルクリック、次にSS中央赤枠内の「O_bot01_d」をダブルクリック、次にSS右の「Goto Frame」ボタンをクリック。

次にBlenderでエクスポートしたFBXファイルをSSの左の赤枠内にドラッグ&ドロップ。



image3_201703071547061a1.png

SS左の赤枠内の「O_bot01_d」の項目をSS右の赤枠内の「O_bot01_d」にドラッグ&ドロップ。




image4_201703071549110da.png


このOption画面ではデフォルトのままで「OK」を押します。

image1_201703111436540dc.png


SS赤枠左の「Materials」→「cf_M_bot01_00_n_00」をクリック。SS赤枠右の「Copy->New」をクリック。





image2_201703111439214b2.png

SS赤枠内の「cf_M_bot01_00_n_00_Copy」をクリック。




image3_20170311144119d31.png

SS赤枠上の「Mesh」タブをクリック、「Submeshes」以下の「Material pathID」以下の「 (none)」の右側の下向き→をクリック。



image4_201703111444592e9.png



メニューから「cf_M_bot01_00_n_00_Copy」を選択。


HoneySelect_64 2017-03-07 16-12-33-246

このマテリアルのコピーからの作業を行わないとテクスチャが反映されずにこのようにピンク色になってしまいます。

image1_20170313081220a10.png

なお、このPスカートについては「p_cf_body_bot_01_00」と「p_cf_body_bot_01_01」から「p_cf_body_bot_01_01_04」までの5種類あり、今回は「p_cf_body_bot_01_00」だけの変更で問題がないようですが、このPスカートのように同じメッシュに対して色違いのアイテムというのは少なくありませんが、一箇所だけ変更して、他の色違いのアイテムのメッシュの形が暴れたりした場合は、同じ作業を他の項目でも繰り返し行う必要があります。











「Mesh」タブを開き「O_bot01_d」をダブルクリックで選択。


image5_20170307155244b75.png


ここではSS中央の赤枠内の「Rest Pose」ボタンを押します。表示されない場合は「Mesh」タブの「O_bot01_d」の下の「O_bot01_n」をダブルクリックで選択してから再度「O_bot01_d」をダブルクリックで選択。

「Rest Pose」ボタンを押すと「Render」にスカートが表示されるようになります。表示されない場合はマウスホイールの上下でズームイン、ズームアウトで調節。



HoneySelect_64 2017-03-06 22-24-52-919

HoneySelect_64 2017-03-06 22-30-23-664

HoneySelect_64 2017-03-06 22-33-04-363


この「Rest Pose」ボタンですが、適用しない状態で「cf_bot_00.unity3d」を適用するとスカートが離れた場所に表示されたりスカートが暴れまくって表示されてしまいます。上のSSはその失敗例です。


image6_20170307160011a92.png



赤枠内の「X」アイコンの隣の下向き矢印をクリック→「ct_bot.unity3d」を選択。





image7_20170307160315111.png

「File」→「Save .unity3d」を選択して変更内容を保存します。

別に作成した作業用のフォルダ、illusion\Honeyselect\abdata\charaの中の「cf_bot_00.unity3d」をC:\illusion\HoneySelect\abdata\chara(規定値)にコピーしてゲーム上で正しく反映されるか動作チェックをします。




HoneySelect_64 2017-03-07 16-12-29-484
HoneySelect_64 2017-03-07 16-12-31-482
HoneySelect_64 2017-03-07 16-12-28-025

今回Blenderで行ったのはスカートの丈を5マス切り詰めるというものです。とりあえずはスカートの丈が短くなりテクスチャが正しく反映されていることを確認できたら編集済みの「cf_bot_00.unity3d」ファイルは今後も使うのでバックアップしておきます。

仮に上記の失敗例のようにスカートが暴れたり、離れた場所に配置された場合は上記のSB3Uでインポートする作業からやり直します。検証した限りでは大抵は「Rest Pose」ボタンを押していないことが原因のようです。後から「cf_bot_00.unity3d」を読み込んで
「Rest Pose」ボタンを押してもうまく反映されないことがほとんどのため素直にやり直したほうが無難です。



SB3Uで保存すると「cf_bot_00.unity3d」と同じフォルダに「cf_bot_00.bak0.unit-y3d」のように自動的にバックアップが作成されますが「cf_bot_00.bak0.unit-y3d」を「cf_bot_00.unity3d」にリネームしてからD:\illusion\HoneySelect\abdata\charaに「cf_bot_00.unity3d」をコピーすれば適用したスカートはヴァニラに戻ります。

既存のヴァニラのスカートに上書きコピーして適用するなら、これで作業は完了です。単独でリストに表示する場合はリストに追加する作業が入りますが、この作業は作業工数が少々多いので、面倒な作業です。面倒な方は上書きコピーで適用する方法でも良いと思います。とりあえず動作チェックは済んだので次回はアイテムリストを作成し既存のMODに上書きせずに単独でリストに表示して適用できるようにしたいと思います。











関連記事
スポンサーサイト