こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in クロスボウ雑記

フロアマットの的を用意したんだが・・・

-- COMMENT
さてと、AMAZONで買ったフロアマット8枚、3セット。
これを使ってあたらしいクロスボウ用の的に使ってみたいと思います。
8枚重ねた場合厚さ96mm相当になると思われますが、
今まで使っていた雑誌一冊90mm程度なので、
同程度の強度というか使い勝手があればと思いたいところ。

これを8枚1セットにして重ねそれを3段積んで高さを稼いで見ました。
今までの経験から保険としてこの後ろに別冊少年マガジンをフロアマットの継ぎ目に当たる箇所に2冊、
重ねて配置。

今まで使っていた4冊の別冊少年マガジンはすでにぼろぼろで使えなくなってしまったので、
やむおえず、的用にAMAZONで中古を2冊購入しておきました。
背後のオットマンにも新品の別冊少年マガジンを配置、その後ろにダンボールを敷き詰め、
万全を図ります。

さて、フロアマットと注文した別冊少年マガジンがくるまで4日ほど射撃してなかったので、
ひさびさにクロスボウで射撃するとなると、妙に緊張するわけですが、
いつもどおりにスコープを覗き込んでトリガーを引きます・・・

結果は・・・

DSCF0545_convert_20141117172246.jpg


うーん。写真でみると分かりずらいんですけど、側面からフロアマットめくってみると、
綺麗にフロアマット貫通してますね。
矢がブロードヘッド装着時くらい抜けづらい事から、矢の威力を減衰させる目的の的としては、
一定の役割を果たしているとは思いますけど、
雑誌にまで到達していると思われます。
150ポンドの280FPS程度のコンパウンドでもフロアマットだけでは支えきれないようです。
これは・・・
値段も安いんですが、部屋撃ち用の的として矢の威力を減衰して停止させる目的としては、
フロアマットだけでは役不足と判断せざるおえないですね。
背面に壁までの十分なスペースを用意すればあるいは・・・
でも外で撃つならともかく部屋で撃つにはやはり難しいかな?

やはり雑誌が無難なのかな?
1発、2発ならダンボールに服を詰め込んで使うのが効果的とのことですが、
外側からだと中の服の損傷具合が一目で分からないのが難しいところ。
でもフロアマット+雑誌の組み合わせは雑誌を長持ちさせる上で悪くないかもしれません。
フロアマット安いですしね。
これでそろそろ届くバーネットのワイルドキャッド320FPSの威力に耐えられるかですよねえ。
理論値と言うか計算上280FPSの1.4倍程度の威力のようですけど撃ってみないと分からないですから。

ワイルドキャットですけどUSPSの追跡を見ている限りそろそろ航空便で日本に向かってるころだと思うんですけど、
どうなんでしょうか?
水曜か?木曜あたりに届いてくれるとうれしいんですけどねえ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Share