ハニセレの感想と購入を検討されている方へ






HoneyStudio_64 2017-02-20 21-07-15-385



ハニーセレクトは管理人にとって恐らく15年ぶりくらいに久しぶりに購入したエロゲーでしたが、これが実に面白い。普段はダークソウルシリーズとかブラッドボーンのようなゲームが好きでプレイしているんですが。もちろんGTA5とかDOA5とかFallOut4とかSkyrimとかも好きですけどね。

たまたまSkyrimでお気に入りのコンパニオンMODの作者様のサイトを拝見した時にハニーセレクトでキャラメイクをしているけど、結構楽しかったと触れていたことで興味を持ち体験版をプレイして見たのがこのゲームをやることになったきっかけです。体験版はプリセットで用意されている女性キャラもお世辞にも可愛くないし、肝心のH自体もありきたりかなと思ってあまり印象には残らなかったものの、このゲームで一番惹かれたのはキャラのデザインを自分で行うことが出来、なおかつそのキャラデータをpngファイルで出力してネット上に公開することで皆で共有することが出来る点です。

SkyrimではECEを導入すれば非常に美麗なキャラを作成することも可能ですが調整箇所が非常に多いため誰でも美麗なキャラを作成することは出来ません。ですがハニーセレクトでは調整項目自体は比較的に少ないにも関わらずそれなりに美人キャラも可愛いキャラも作成することが出来ますが、この点は非常に万人向けといえ誰でもキャラメイクを楽しむことに寄与しています。Skyrimではどうやっても美麗なキャラを作成することができなかった管理人にとっては画期的でした。

またこのハニーセレクトですが有志の方によりMOD文化も活発でエロゲーという限られたニッチな層しかプレイすることはないと思われるジャンルにもかかわらずMODも意外なまでに充実しています。ハニーセレクトにMODを導入することでキャラメイクの自由度を広げ更に繊細なキャラに仕上げることが可能。Shortcuts PluginというMODを導入すればHの際に主観視点となりさながら男性の視点から女の子とプレイをしているような臨場感を味わうことが出来ます。MODの存在は非常に大きいです。


お世辞にもヴァニラのハニーセレクトは洗練されたゲームではありませんし、発売されたのが2016年ですがグラフィックも次世代機全盛の現在の水準から考えるとチープですが、MODの存在によりそのゲーム性を劇的に改善することが出来、非常に満足の行く作品に変わっています。恐らくMODの存在がなければ正直ハニーセレクトというゲームをココまで面白いとは思うことはなかったと思います。

ただこのハニーセレクトというゲームですが、女の子のキャラを自分で作成したりネットでキャラデータをダウンロードしたりして使用することが出来ますが、好みのキャラを作成しHを楽しむ。これはこれで楽しいですが、女の子と会ってそれこそ出会った瞬間Hが始まります。これは少々味気ないです。

昔のエロゲー、たしか管理人がプレイしていたエロゲーのジャンルは寝取られ系だと思うのですが、女の子と会話し徐々に高感度を高めていき如何に女の子を落とすかのプロセスを楽しむことができました。女の子を口説き落とす楽しみがあったわけですがハニーセレクトにはそのような要素は皆無です。出会った瞬間即H。まどろっこしい女の子を口説き落とす過程が邪魔だと思われる層からしたら良いと思うんですが、管理人的には少々不満な点でしょうか。当時は口説き落とす過程がやや面倒だと感じ、能書きはよいからはよ脱げや!と思ったものですが、あれはあれで良い演出だったとハニーセレクトをプレイして感じます。


H自体は体験版では正常位くらいしかなかったように思いますが、行為における体位の種類は割りと豊富です。この辺りはエロゲーだけあってよく出来ています。Shortcuts Pluginを導入して主観視点にすれば最高にHは興奮します。それが自分好みにキャラメイクした女の子であれば尚更です。キャラメイクが自由にできることから人によっては好きなアニメやゲーム、リアルの芸能人などに似せて作成したキャラとプレイを楽しむことができる。この点は非常に面白い点だと思います。

ただ、Hだけだとハニーセレクトは残念ながら人によっては飽きが来るのは早いのかなと思います。やることは単調ですしね。管理人的には購入してから半月ほどしか経過してませんが、ほとんどハニーセレクトでは遊んでいません。もっぱらハニースタジオの方で遊んでいます。ハニーセレクトのゲーム性が単調すぎて既に飽きました。

このハニースタジオですが、好きなスタジオを選択して女の子を配置、ライトの調整や小物などを配置したりして自身の発想次第で撮影を楽しむことが出来ます。カメラが趣味で女の子の撮影会に行かれたことがある方はイメージしやすいと思いますが、さながらあのような感じで撮影を楽しむことが出来ます。撮影会はライトのセッティング等煩雑なものは事前にスタッフがやってくれるので参加者はカメラで思い思いに女の子を撮影するだけですが、ハニースタジオではライトのセッティングや女の子を配置して好きなようにポーズを取らせたりと下準備が色々と必要です。

ポーズ自体はヴァニラで用意されている種類は少ないので、IKターゲットなるものを使用して自分でポーズを調整する必要がありますが、これがまた操作性が悪く難しいし慣れないとその作業だけで日が暮れそうです。ただ苦労してセッティングしてお気に入りのスクリーンショットを撮れたときは何とも言えない喜びや面白さを味わうことが出来ます。

イメージ次第ではそれこそAVの撮影現場のようにHな場面に仕上げることも出来ますし、服を着せて売り出し中のアイドルの卵の撮影会のように爽やかに楽しむことも出来ますが、そのあたりは自身のイメージ次第です。エロゲーなんだからエロく楽しむも良し、爽やかに楽しむも良しと言った具合です。

このハニースタジオ自体もMODによりスタジオの追加、スタジオアイテムの追加が割と豊富に用意されていますので、好きなように楽しむことが出来ます。

個人的にですがハニーセレクトというゲームを長く楽しめるかどうかは、このハニースタジオで撮影をすることに面白さを感じることが出来るか否かだと思います。ハニースタジオを楽しむことが出来面白いと感じる方はハニーセレクトは間違いなく神ゲーです。ですが、ハニースタジオは面倒なだけでつまらないと感じる向きからは、ハニーセレクトで単純に女の子とのHを楽しむだけに終始する場合には残念ながらハニーセレクトは飽きが早いのかな?と思わなくもないです。

個人的にはハニーセレクトでHを楽しむことが出来る要素というのはこのゲームにおいては蛇足だと感じます。面白いことは面白いけど、やることが単調すぎてすぐに飽きます。管理人的にはすでに飽きてます。ハニースタジオがなかったら、まあ、無茶苦茶面白くはないけど悪くはなかったね。久しぶりにプレイしたエロゲーだったけど、昔からやることは変化してないね。という感想に落ち着いたと思います。そしてPCからアンインストールをすることになっていたかと。それくらいハニーセレクトのH要素というのは単調です。

恐らくですが管理人はすっかりおじさんなので性欲も減退していますのであまりH要素には興味が無いですが、10代の方であればそれこそエロゲーでセンズリ用のアイテムとしては最高だとは思います。ハニーセレクトがあればもうAVもXVIDEOにも頼らなくても良いね!状態です。

若い方にとっては最高のセンズリ用のアイテムとなりえますが、ある程度歳を重ね性欲が減退されている方は、多分すぐに飽きるんじゃないかと思います。そのような層からはハニースタジオを楽しめるかどうかでこのゲームが神ゲーにもなり得るし、それ以外の方にとっては悪くはないけど良くもない程度に落ち着くかと思います。それくらいこのゲームにおけるハニースタジオの要素は大きいです。

ハニースタジオ自体はハニーセレクトの無料DLCですが、この要素をイリュージョンが提供してなかったら恐らく管理人の評価は60点くらいかな。悪くもないけど良くもない。そんな感じに落ち着きます。ただハニースタジオが楽しいと感じMODで様々な要素を追加した環境を整えた後のハニーセレクトの評価は90点くらいはつけても良いです。それくらい結構はハマッテいますし楽しく感じます。

ハニーセレクトは長く遊ぶことが出来るかどうかは割と人を選ぶゲームだと思います。できれば体験版でハニースタジオがプレイできれば良いんですが、製品版を購入しないと試しにプレイすることも出来ないんですよね。そのためハズレを引いたと感じるか神ゲーと感じるかは個人差が非常に大きいと感じます。ハニーセレクト面白かったので、まだ購入されていない方は是非製品版を購入することをおすすめしますとは中々言えないところです。ただ10時間程度プレイできれば十分だということであれば6000円弱で購入できるので悪い選択肢ではないと思います。

管理人は一眼レフをフィルムの頃から趣味にしており今はデジタル一眼で時折撮影する程度ですが、昔は付き合っている彼女とか知り合った子にモデルをお願いしてポートレートを楽しんでいましたが、カメラが趣味で撮影することが好きな方は案外ハニースタジオはハマる気がしますね。そうではない方は、ハニースタジオが楽しいかどうかは、可能性は半々だと思います。

嵌る人はとことん嵌る。そんなスルメゲーだと思います。

















関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */