DOA5 マリーの髪と服の変更 ②ddsファイルの抽出






image1_201702210821347cc.png

抽出したTMCファイルを保存したフォルダを開くとTMCファイルが山のようにあることが確認できます。この中から今回はマリーローズのデータだけをコピーします。やり方は検索欄に「marie」と入力して検索結果のファイルをコピーするか、スクロールしてMARIE_COSとファイル名が表記されている項目を探し、全てコピーしてわかり易い場所に保存しておきます。



xnview 
ddsファイルを閲覧する時に使用。

GIMP
ペイントソフト。髪色を変更する際に使用


GIMP DDS Plugin
GIMPでddsファイルを読むことが出来るようにするプラグイン
https://code.google.com/archive/p/gimp-dds/

gimp-dds-win64-3.0.1.zip gimp-dds 3.0.1 (Windows 64-bit binaries)で動作確認。32bitOSの場合は32bitを選択。
ファイルを解凍して中にあるdds.exeをProgram Files\GIMP 2\lib\gimp\2.0\plug-insにコピーします。

※GIMPでddsファイルを読み込む際、DDSファイルのあるフォルダの名称が日本語だと読み込み時にエラーが表示されます。階層の全てのフォルダ、アカウント名に英語で名称をつける必要があります。


Texture Tool
TMCファイルとそれに付随するTMCLファイルからddsファイルの抽出、ddsふぁいるからTMCファイルへテクスチャの上書きをする時に使用

uMOD(Texture Tool以前に使用されていたツール。Texture Toolの使用を推奨)
ddsファイルの抽出に使用

uMod_alpha_v2_r53.zipで動作を確認。
https://code.google.com/archive/p/texmod/downloads




ddsファイルの抽出


uMODを使用した場合

image2_20170221083039fe7.png

uMODを起動します。メニューの「Main」→「Use global hook」にチェックを入れます。ODA5を起動してから「Add game」→以下のパスの「game.exe」を選択。

C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Dead or Alive 5 Last Round(既定値)


しばらくするとuModのに「uMOD」タブの隣に「Game」タブが表示されるため「Save all textures」にチェック、右クリックからUpdate(reload)をクリックします。

DOA5のコスチューム選択画面でddsファイルを抽出したいキャラクタのコスチュームを選択するとuMODフォルダの「textures」フォルダにddsファイルが抽出されます。もしくは「Save director」のボタンを押しフォルダを任意で選択すればその場所にddsファイルが保存されます。後はコスチュームを決定せずにコスチュームを一つづつずらしていきます。


必要なddsファイルを抽出したら「Save all textures」のチェックを外す→下の方にある「Single Textures」を右クリックし「Update(reload)」を選択します。今回はマリーローズだけ抽出するため、作業が終わり保存先にddsファイルが保存されていることを確認したらuMODを終了します。





Texture Toolを使用した場合



image1_20170228211329679.png



「開く」→DDSファイルを抽出するTMCファイルを選択。

読み込んだTMCと付随するTMCLからすべてのDDSファイルを抽出する。

※TMCと付随するTMCLファイルが同じ階層にないと読み込めない場合あり。

「その他」→「全て書き出し」→指定したフォルダにTex_01.dds、Tex_02.dds・・・とDDSファイルが抽出されます。


部分的にDDSファイルを抽出する。

TMCの中のテクスチャの一覧が表示され、選択すると抽出するDDSファイルのテクスチャが右のプレビューに表示されるので、その項目の上で右クリック→「書き出し」で指定フォルダに抽出。



※GIMPでddsファイルを読み込む際、DDSファイルのあるフォルダの名称が日本語だと読み込み時にエラーが表示されます。階層の全てのフォルダ、アカウント名に英語で名称をつける必要があります。









関連記事
スポンサーサイト