こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in Dead or alive 5LR日記

DOA5LRをuModで遊んで見る②

-- COMMENT




20170218165926_1.jpg





DOA5でuModを使用してコスチュームを変更するMODを導入する場合にはテクスチャデータであるddsファイルをDOA5から抽出して、それをgimpなどddsファイルを読めるソフトを利用して自分で編集する必要があります。ただ、これがやってみると人によると思いますが、結構面倒な作業です。

部分的に裸にしても乳首や乳輪は当然元のテクスチャには描かれていないため、その辺りも自分でペイントソフトで作業しないといけません。管理人的にはこのような細々とした作業が若い頃は苦にならなかったけど、年を取りおじさんとなった今ではできれば避けたい作業です。

他のゲームMODみたいに何処かに編集済みのddsファイル落ちてないかなあ等と思い、ネットで探してみると・・・・普通に落ちてました。とりあえずマリーローズの初期コスチューム2の青色と白色のタイプの二種類を幾つかのパターンで入手しました。編集済みのddsファイルさえ入手すれば後はuModで読み込むだけです。




20170218165756_1_20170220095044a39.jpg
20170218165825_1_20170220095045e34.jpg
20170218220516_1_20170220095046542.jpg



ちゃんと変わってますね。普段のコスチュームも可愛いけど南国の開放感溢れるステージだと、このような部分的に裸にするコスチュームはエロ可愛くて案外悪くないかも。全裸よりもこっちのほうが好みです。

DOA5のマリーは児童ポルノに該当するのか?分かりませんが、ブログBANが怖いのでモザイク入れています。実際はちゃんと乳首も乳輪も描かれています。

uModはテクスチャファイルであるddsファイルの抽出から、編集済みのddsファイルを読み込ませてMODの導入と非常に簡単にできるのが特徴ですが、難点があってCPU負荷が非常に高いです。そのためゲーム中にFPSが唐突にガクっと10台まで落ちることが有り少々フラストレーションが溜まります。CPUはi5ですが、4コアの内CPU負荷が高いのが1コアだけが限りなく100%近くまで常時使用率が高く、他のコアは精々30%程度です。

どうもuMODはリアルタイムにDOA5のメモリ内容を読み取っているようでCPUにかかる負荷は無視できません。後問題点があり、UMODに適用したいddsファイルをドラッグ&ドロップでコピーすると強制終了することが有ります。新規でコピーするときはともかく、一度今まで適用したddsファイルをリセットした後で導入すると大抵ゲームが落ちます。ゲームを再起動すると適用自体はされているんですけどね。

uMODは簡単にMODが導入できる点は魅力ですが、快適にプレイが出来るとは言い難いです。DOA5でMOD環境を構築する場合uModを使う手法ともう一つあるようで、そちらはpython、Noesis、Texture Tool、DLC Toolといったツールを使いますが、uMODのようにリアルタイムにメモリ内容を読み取ることもなくゲームを終了した状態でテクスチャファイルの抽出、入れ替え作業が可能で、ゲーム中になんらかのツールを起動する必要はないため、CPUに負荷が掛かりddsファイルのコピーした際に強制終了することもなくuMODと異なり快適にDOA5がプレイできそうです。

一応これらのツールの導入してテクスチャファイルの抽出からプラグインを導入してNoesisやTexture ToolでTMCファイルを読めるところまでの環境は構築していますが、髪色を黒髪に編集したddsファイルと部分的に裸にしたコスチュームのddsファイルは用意したので、あとはそれをTMCファイルに変更するだけです。

ただこの手法だとなんらかのDLCを導入する必要があるようですが、DOA5のDLCは持っていないので、何かしら購入する必要がありそうです。とりあえず不知火舞とそのコスチュームセットでも購入しようと思います。DOA5のコスチュームセットはどれも結構良いお値段するので本当はSteamセールまで待ちたいところだけど、快適にDOA5でMOD環境を構築したいからしょうがないね。








関連記事
スポンサーサイト
  • Share