ハニーセレクトの主観視点MODがすごい



あれから、色々とハニーセレクトの基本的なMOD環境を構築して色々とスタジオアイテムを追加するなどしてスタジオ撮影をして遊んでいるのですが、導入したMODの中で個人的に一番インパクトが有ったのがShortcuts Pluginというものです。このMODを導入することで通常であればHシーンはAV撮影のカメラマン的な第三者からの視点になりますが、このMODを導入することで男からの視線にカメラを切り替えることが出来ます。



HoneySelect_64 2017-02-22 23-27-51-471

※ブログのBAN対策のため洋服を着用しています。



ちなみにバニラだとHシーンをこのような第三者視点から見ることになります。それがこのMODを導入すると・・・


HoneySelect_64 2017-02-22 23-28-38-262

HoneySelect_64 2017-02-22 23-34-49-554






このような感じで男性からの視点に切り替えることが出来ますが、あたかも自分がその場所で行為にふけるが如きちょっとした臨場感を味わうことが出来ます。このMODは視点切り替えを「O」キーと「P」キーで適用できますが、「O」キーを押すと視点が男性の体に合わせて動くのでよりリアリティが増しますが、行為によっては少々動きが激しいので普通に酔います。「P」キーを押すと視点の移動が固定されるので、こちらのモードをよく使用しています。ちなみに「N」キーを押すとショートカットメニューが表示され直接適用することも出来ます。この主観視点からの騎乗位プレイはなかなかすごいです。ぜひ導入して体感していただければと思います。モードの解除はそれぞれ「O」キーと「P」キーを押すと解除されてデフォルトの視点に変わります。

主観視点の場合男性を表示するとデフォルトの状態だと視点を遮って邪魔なので、服を脱がして限りなく透明にしています。全く表示させないとそれはそれで、なんだかマヌケな状態になりますので多少は見えるようにしています。





Shortcuts Plugin導入方法

Hongfireという海外サイトのハニーセレクト関連の以下のフォーラムからダウンロードできます。

hongfire

サイトに飛び少しスクロールすると以下のように表示されておりDownloadの下にダウンロード先のURLが表示されていますので、現在はVer.1.0が最新のようですが一番新しいものをダウンロードします。もしくは以下のv1.0に表示されているリンクに移動するとダウンロードできます。直リンクからのダウンロード時にはVer.が古くなっている可能性があるのでなるべくフォーラムに一度移動した上でダウンロードされることをお勧めします。



Download:
v0.7 http://www94.zippyshare.com/v/PH0DyFRB/file.html
v0.8: http://www106.zippyshare.com/v/TtzoJI4V/file.html
v0.9: http://www3.zippyshare.com/v/wjyUnLiA/file.html
v1.0: http://www33.zippyshare.com/v/LJ27BfFP/file.html



Shortcuts Pluginのようなプラグインを初めて導入する場合、IPA(GGMod)をインストールする必要があります。通常であればハニーセレクトでMODを導入する場合は以下のインストールフォルダにダウンロードしたMODファイルの中のabdataフォルダをコピーするだけですが、IPAは少しだけ異なります。

C:\illusion\HoneySelect\abdata(既定値)

IPAは「Illusion Plugin Architecture for HS」が正式名称ですがその略称です。このMODはIPAの導入が必須と記載されているMODを導入する場合事前にIPAをインストールする必要があります。IPAは「GGmod Plugin for the HS」をインストールすることで導入できます。

GGmod Plugin for the HSダウンロード

リンク先のHongfireに飛び少しだけスクロールするとDownloadの下に「MEGA」とありますので、そこをクリックすると現在だと「GGmod1052_for_HS_mod.7z」というものがダウンロードできます。




image1_2017022306462575e.png


ダウンロードしたGGModを解凍後、フォルダを開くとこのようなフォルダとファイルが入っています。この中で「NO REPRODUCTION 严禁转发.txt」は不要です。





image2_201702230656189fe.png

OSが32bitと64bitどちらを使用しているかの確認

Windows7の場合

スタート→コンロール→システム→システムの種類に記載されています。このスクショの場合は64bitOSを使用しています。Windows10など他のOSを使用されている方でどちらのOSなのか分からない方は各自調べて確認してみてください。



64bitOSと32bitOSで必要とするフォルダとファイルが異なります。OSの種類ごとに以下のファイルとフォルダをゲームのインストールフォルダにコピーします。

コピー先
C:\illusion\HoneySelect\(既定値)


「abdata」フォルダ
「HoneySelect_64_Data」フォルダ
「HoneyStudio_64_Data」フォルダ
「Plugins」フォルダ
HoneySelect_64_Patched.exe
HoneyStudio_64_Patched.exe
Mono.Cecil.dll

64bitOS




「abdata」フォルダ
「HoneySelect_32_Data」フォルダ
「HoneyStudio_32_Data」フォルダ
「Plugins」フォルダ
HoneySelect_32_Patched.exe
HoneyStudio_32_Patched.exe
Mono.Cecil.dll

32bitOS



image1_201703021458335af.png

もしくは面倒であれば64bit、32bit二つのVer.のファイルをまるごとコピーし、不要なファイル名の末尾に「_」アンダーバーでもつけて無効にしても良いと思います。そのままですと32bitと64bit二つの実行ファイルがあるため実行するときに間違えて実行する可能性がありますが、こうすることでそのようなことを避けることができます。この例では64bitOSを使用しているので32bitの実行ファイルをアンダーバーをつけて無効にしています。



Shortcuts Plugin導入

コピーが終わったらShortcuts Pluginをダウンロード後、解凍、「ShortcutPlugin.dll」というファイルが中にあるので、ハニーセレクトのインストールフォルダの中の「Plugins」フォルダにコピーするだけです。

C:\illusion\HoneySelect\Plugins(既定値)

コピーが終わったら「~Patched.exe」というファイルがあるので32bitと64bitごとに以下のファイルを一回だけ実行します。実行するとハニーセレクトとハニースタジオが起動するので、起動したらすぐにゲームを終了します。

HoneySelect_64_Patched.exe
HoneyStudio_64_Patched.exe

64bitOS

HoneySelect_32_Patched.exe
HoneyStudio_32_Patched.exe

32bitOS


この「~Patched.exe」はShortcuts Pluginのように「Plugins」フォルダにコピーして導入するMODを今後インストールした場合は同じように一回だけ実行する必要があります。

これでIPAとShortcuts Pluginの導入は終了です。お疲れ様でした。





このハニーセレクトというゲームですが、Hシーン自体は案外良く出来ているので悪くないです。行為中の女の子の表情がまた結構よいですね。キャラメイクが自由にできることから自分好みの娘を作成し好きな洋服を着せて部屋を選んで行為に及ぶことが出来ますが、グラフィックも次世代機全盛の昨今、発売時期を考えるとチープな部類かもしれませんが許容範囲です。

特にキャラメイク要素は非常に面白くSkyrimではECEを導入すると調整項目が非常に多く調整次第では非常に美麗なキャラを作成することが出来ますが、あくまでも腕によります。万人が美麗なキャラを作成できるわけではありません。だからこそかわいい顔や美人の女性フォロワーや作成したECE用Slotデータやセーブデータの需要があるというものです。

ですがハニーセレクトでは調整項目は割と少ないのですが、WidesliderというMODを入れれば調整項目のスライダーの限界値を解除することが出来、少ない調整項目の割に、割と簡単に可愛い顔や美人の顔を作成することが出来るため、その点は誰でも楽しむことができ万人向けの調整となっています。この点が個人的には一番気に入っています。

ハニーセレクト結構面白いですね。エロゲーを購入するのはかなり久しぶりでしたが文句無しで良作です。Shortcuts Pluginはもう手放せないMODですが、まだ導入されていない方は是非導入をおすすめします。











関連記事
スポンサーサイト