娘へのプレゼントを買うためにソリチュードに向かう





20170210151242_1.jpg


Skyrimではファストトラベルという便利な機能があるので一度訪れた場所を歩いて移動する必要は必ずしもありません。ですがファストトラベルは便利な半面使用すると旅をしているという感覚がどうしても希薄になります。

そのためニキャラ目ではファストトラベルを使用せずに移動手段は徒歩に限定して旅をしています。初めて訪れる場所も馬屋は使用せずに徒歩で移動していました。ただSkyrimは7年も前のゲームですがマップは割と広く徒歩で移動するとリバーウッド南西の自宅レイクビュー邸からソリチュードまで移動すると朝の7時頃自宅を出てソリチュードに到着するのは戦闘をできるだけ避けても夜の10時、11時に何とか到着する感じです。

さすがに徒歩のみで移動するのは少々時間がかかりすぎ苦行になってきます。そこで選択肢に入るのが馬ということになりますが、バニラで馬を初めて購入して乗ったときは、遅いしお供のコンパニオンは乗る馬がないので徒歩でついてくる始末。遅いのはともかくとして一人が馬に乗って、一人が徒歩だと雰囲気が壊れると思い馬の使用はしていませんでした。

Skyrimには馬以外にも動物の乗り物のMODは色々とありますが、私見ですがSkyrimの雰囲気を壊すと感じます。やはり馬が無難かつ世界観にはあっていると思いますので馬を利用したいと思います。もちろんMODの楽しみ方は人それぞれですので、好きなものを使うのが一番だと思います。



20170211100709_1.jpg
20170211184224_1.jpg
20170210184707_1.jpg


今回馬MODとして定番のConvenient Horsesを導入したのですが、このMODは実に良いです。馬屋で購入できる角笛をプレイヤーが使用するとお供のNPCも合わせて角笛を吹き馬が召喚され自動的に馬に乗りますが、この時のアニメーションが非常に良く出来ています。特に馬を召喚した後騎乗した後に陣形を組みますがこれが実に格好良い。

このMODは機能も豊富で使いやすく、なにより馬を呼ぶ時のアニメーションが優秀で文句無しで格好良い。騎乗時に抜刀している状態で馬によるダッシュで敵にぶつけると、大抵の敵はひっくり返すことが出来ます。人間だけではなくクマですら同様です。これはなかなか楽しいです。

難点はスクリプトを多用しているため少々負荷がかかる。このMOD導入以降で稀に起動時にアニメーション絡みのエラーでクラッシュすることも有ります。最近CTDが酷いのでこれ自体はおま環かもしれませんが。

他にも馬を連れているNPCの数だけ召喚してくれる馬MODは幾つかあり、いくつか導入してみましたが、馬を召喚する時のアニメーションが優秀かつ自然で格好良いので少々負荷がかかってもトラブルがあってもConvenient Horsesを一度使うと手放せないです。




現在、ニキャラ目でニュープレイしてSkyrimを楽しんでいますが、メインストーリーはほとんど進めていませんホワイトランに自宅が欲しかったので、ホワイトラン近郊のドラゴンを倒すイベントだけ消化してブリーズホームを入手するところまでは進めましたが、そこでストーリーは完全に放置、延々とSkyrimの世界をコンパニオンと一緒に馬でのんびりと移動しつつ雄大な自然を楽しんでいます。ダッシュは戦闘中以外は使用しません。



20170210190333_1.jpg


今回のお目当ては娘に度々おねだりされていた洋服を買うためにソリチュードの服屋に買い付けに行こうと思います。



20170210150516_1.jpg


20170210154627_1.jpg


リバーウッド南西のレイクビュー邸を朝の7時くらいにでて馬を使えばソリチュードまで日が落ちるギリギリの夕方の5時とか6時には到着します。徒歩だと途中で日が落ちてしまうのでソリチュードに向かう途中のロリクステッドの宿屋で一泊する感じになりますので、馬の移動速度が遅いと言っても徒歩よりは早そうです。CKで編集して馬の移動速度を変更できるようですが、のんびりとSkyrimの土地を移動することが目的なので、その場合には馬の速度はバニラくらいが丁度よいと感じます。旅をしているという感覚が嫌でもでますので。



20170210184612_1.jpg

20170210184547_1.jpg



途中道中で出くわした野良ドラゴンや山賊を蹴散らしつつソリチュードに到着します。

20170210165658_1.jpg
20170210165710_1.jpg


娘へのプレゼントである服を購入後、早速宿屋に入りますが、部屋を取る前に食事を取りつつ酒を飲み吟遊詩人の歌を聞いて旅の疲れを癒やします。

20170210165558_1.jpg

食事が終わった後は旅の疲れも手伝い早々と部屋を取り寝ることにします。

ファストトラベル縛りをすると同時に休息は宿屋で一泊した時に限り行うという縛りを入れているのですが、これがまた雰囲気が出て良いです。どこでも休息を任意の時間行うことも出来ますが、せっかく宿屋があるのに使わないのはやはり味気ないですので。



娘へのプレゼントの買い付けが終わったので宿屋を後にし、朝の7時過ぎにはソリチュードを立ち一路、リバーウッド南西のレイクビュー邸に向かいます。これと言ったイベントもなく、のんびりとした帰路でしたが、ホワイトランの馬屋の側でカジートの度商人を見つけました。


20170209212453_1.jpg


娘からは度々人形をおねだりされており、カジートが人形を売っていると聞いていましたが、ここでカジートの一向に遭遇したのはラッキーです。会おうと思っても中々捕まりませんので。早速人形を購入します。

20170210095339_1.jpg
20170210095430_1.jpg


その後夕方の6時前には自宅であるレイクビュー邸に戻ることが出来ました。娘とは久々の再会です。さっそくおねだりされていた洋服と人形のプレゼントを渡しますが、一言ありがとうと返ってきただけでした。もう少し喜んでくれると思ったんですけどね。

レイクビュー邸からソリチュードまでは幾つかの戦闘を挟んでも馬を使えば夕方には到着しますので、用事を済ませて一泊してから家路につけばSkyrimの世界でちょっとした小旅行を楽しむことが出来ます。この旅をしている感じはSkyrimやFallOut4等のベセスダゲームは非常に楽しいです。










関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */