こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in 輸入代行サービス

Amazom.com Internationalおよび、輸入代行サービスについて

-- COMMENT
今回はamazom.com internationalというサービスについて説明をしたいと思います。


amazom.com international

アメリカAMAZON、(以下amazon.comと表記)では一部の商品についてですがアメリカ国外への配送サービスを行っています。
ですので上記のアドレスから商品を検索し、該当する商品については日本への配送を行ってくれます。
管理人はこのサービスを使ってPCのゲームソフトを購入した事がある程度ですが・・・
配送日数は料金により3系統から選択できますし、割と使い勝手は良いと思います。
PCゲーム、DVD(BD(主に日本のアニメ))等は送料を入れても日本AMAZONよりも割安で購入可能な製品が多いいです。(※DVDの場合リージョンが異なるため、リージョンフリーのDVDプレーヤー必須)


amazon.comのアカウントの作成ですが日本アマゾンとは別に作成する必要があります。
アカウントさえ作成してしまえば買い物の方法などは変わりませんのでクロームの翻訳機能を適宜使用して、
あげれば買い物を楽しむ事ができると思います。
おいおい、画面キャプチャーを乗せて紹介したいと思いますが以下のサイトで詳細に説明していますので、
ご覧になってみてください。
海外のアマゾンで購入する方法



ですが、クロスボウは税関の関係になると思いますが、サービス対象外となっています。

一般的にはこのようなときに利用できるサービスとして転送サービスをあげる事ができます。
転送サービスとはアメリカの転送サービスの会社の住所を取得し、amazon.comに登録、
商品購入時、転送サービスの会社の住所に一度転送してサービス会社の倉庫に送り、そこから日本に発送してくれるサービスです。
サービスを利用するには手数料と送料が別途かかりますが、それを考慮しても割安で購入できる。

日本amazonで購入できない。amazon.comでしか購入できない商品を入手する事ができるため、
魅力的なサービスです。
この転送サービスを行っている会社はいろいろあるようですが、転送する際の手数料が割安で信頼の置ける会社として
SpearNetが有名なようです。
このサービスの利用については以下のサイトが詳細に説明しているので一度ご覧になるとよろしいかと思います。

海外のアマゾンで購入する方法

おおまかな料金形態ですが手数料として購入代金の20%(20ドルに満たないものは切り上げ)、梱包1つにつき9ドル、2つめ以降は6ドルの手数料、
別途送料が発生します。
日本語でメールの問い合わせができ、返答も比較的早く、なかなかのサービス対応です。
ただ実際にアカウント登録を行いメールにてクロスボウの転送サービスが利用できるか確認したのですが、
武器扱いになるためSpearNetでは購入する事ができないようです。
うーん、これには困りました。
クロスボウの矢であるとか弦であるとかワックス等はamazon.comでの購入を検討していたので・・・
クロスボウの矢も転送サービス除外だそうです。

交換用の弦やワックスは大丈夫とのこと(ワックスは成分分析表の提出が必要なため配送方法が限定される模様)。

amazon.comはクロスボウストア並みに品揃えも豊富だし料金も安いため、こちらで購入できれば、
助かったのですが、他の転送サービス会社を探す必要があるようです。
何社か当たりましたが現時点では(14/09/05)転送サービスでクロスボウを扱えるところは見つかりませんでした。
クロスボウストアでは輸出手続きができるのに、転送サービスではできないというのは、
理由は定かではないですが、税関の手続き(申請書類が煩雑等)が面倒と言う事でしょうか?
すくなくとも購入するショップが税関手続きを肩代わりしてくれているということでしょうか?
Amazon.comより割高なのは、その手続きの手数料といったところだと勝手に考えています。
いづれにせよamazom.com internationalおよび輸入代行サービスは商品のカテゴリーによっては、
便利なサービスではありますので、上手に使えばいいと思います。


繰り返しになりますが、クロスボウストアでクロスボウ本体を購入する際の注意点といたしましては、
購入を検討するクロスボウはなるべく有名なブランドを選択したほうがよいということです。
というのも交換用の弦など、消耗品をクロスボウストアで購入できる事を確認してから買わないと、
国内ショップでの弦の入手が難しい場合弦が切れてしまうとお手上げになってしまう可能性が高いです。

クロスボウの種類がリカーブの場合購入予定の製品のスペックでStringの長さ(String length)、Peak Weightを確認しておき、
それと同じ長さ(String length)、引く際の重さ、Peak WeightのStringを購入すれば問題ないとは思いますが、(例:Peak Weightが150、String lengthが26-3/4"なら同じ数値に対応したStringを購入)
コンパウンドクロスボウの場合、あまり汎用性もないようですので・・・
専用の弦が売られていないとまずい事になります。

このような理由から国内ショップもしくは海外サイトのいづれかで弦の購入ができる機種を購入したほうが無難かと思います。
コンパウンドクロスボウより、リカーブタイプを最初の一本目にチョイスしたほうがよいというのは、
このあたりの流れについて理解できてから購入するのが無難であると言う事なのかもしれません。
もっともだと思います。消耗品の汎用性、メンテナンス性すべてにおいて、勝ってますね。

とはいってもコンパウンドクロスボウは見た目のルックスがかっこよいですからね。
管理人も誘惑には勝てませんでした。w


またSpearNet以外の転送サービスでクロスボウの扱いができるところが見つかったら、
ブログにてお知らせしたいと思います。
スポンサーサイト
  • Share