SkyrimMOD環境で養子を迎える




Skyrimには家を所有し結婚していると養子を迎えることが出来ますが、Skyrimの世界の子供は軒並み不細工です。この度可愛い子どもMODを見つけたので養子を迎えることにしました。使用したMODはTiny Serana and adoptable children plus Babetteというものです。


Tiny Serana and adoptable children plus Babetteダウンロード

このMODで追加出来るのはSera、Valary、Sophia、Phileの四人ですが、Sera、Valaryはリフテンのオナーホール孤児院におり、Sophia、Phileはホワイトランのバーナードメアの近辺に夜はいるようです。

20170207142813_1.jpg

リフテンのオナーホール孤児院にいるSeraとValary。

20170207150733_1.jpg

ホワイトランにいるSophiaとPhile。


養子には二人まで追加することが出来ますが、一度追加してしまうとフォロワーのように解任して追加し直すということはできませんので、養子に迎える場合は念のためにSaveをしておきSavedataのBackupを取っておいたほうが無難だと思います。

ファルクリースの森にあるレイクビューに家を所有しているので実際に養子を二人迎えてみましたが、これは楽しいです。子どもたちは最初は養子にされたことに対し素直に感謝の気持ちを述べますが時間の経過とともに徐々にフレンドリーになり打ち解けていきます。(気のせいかも)

20170207144457_1.jpg
20170207143243_1.jpg
20170207150733_1_2017020808052846f.jpg



この二人の子どもたちには色々と指示を行うことが出来、家の手伝いをしてとか、一緒に遊ぼうとか、外で遊んでおいで、プレゼントを渡す(手料理)といった感じです。一緒に遊ぶを選ぶと子どもたちと鬼ごっこやかくれんぼをするミニゲームで遊ぶことが出来ます。単純なゲームですが、案外楽しいです。

20170207222456_1.jpg


また養子を迎えると妻のセリフも時間の経過とともに変化し子どもたちの様子はどう?など選択することが出来ますが、その返事から幸せそうな様子が伺えます。

20170207223543_1.jpg
20170207223603_1.jpg
20170207223613_1.jpg
遊ぶ疲れてベッドで眠りにつく妻と子どもたち

DLCであるHearthfireで家を建てるイベント自体は素材を集めたあとはただ設計図通りにボタンを押していれば家が建つという単純なものでマインクラフトやFallout4のような家を建てる自由度や面白さは皆無ですが、ファルクリースの森にあるレイクビュー邸はすぐ側が湖であり2Fから湖を眺めることが出来、雄大な自然の中にあるため立地は最高です。

この中で可愛い嫁と可愛い子供に囲まれて生活するのは素直に楽しいです。それもひとえに可愛い子どもを養子に迎えることが出来るMODの存在様様といった感じです。ヴァニラの子供だと可愛くないので多分楽しさは半減しそうです。


20170207150544_1.jpg



ちなみにホワイトランにいるSophiaとPhileですが、バーナードメアにいると聞いていってみたのですが、中にはおらずPhileに至っては建物の裏手で野宿していました。Skyrimは全土で戦争中なので戦争孤児がいても不思議ではないものの、年端もいかぬ子供が帰るべき家もなく野宿している様を見るのは正直ゲームとはいえ、涙腺が崩壊しそうです。こういう演出に弱いなあ。ヴァニラの不細工な子供が野宿していてもなんとも思わないということは、やはり可愛いは正義ということでしょうか。

20170207150554_1.jpg
この顔面格差・・・

なにはともあれMODを導入すると養子を迎えるイベントは非常に楽しいです。

関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */