アトピーと口呼吸



アトピーの方で呼吸というものを意識されたことは有りますでしょうか。呼吸というのはほとんど無意識のうちに行うものですが、知らず知らずのうちに口で呼吸している方は注意が必要です。本来であれば呼吸というのは鼻で行うものですが、仮に口呼吸している場合、その弊害として喘息、アトピー、睡眠時無呼吸症候群、虫歯、免疫機能の低下など様々な弊害を引き起こすことが知られています。

鼻呼吸のメリットとして最初にあげられるのは鼻から空気を取り入れる際に鼻毛がフィルターの役割を果たし微細なホコリ、塵を細菌やウイルスを除去し、それらが肺に直接入ることを防ぐことが出来ますが、口呼吸の場合、それらがダイレクトに肺に入ることを意味し、また口呼吸よりも鼻で呼吸したほうが単純に酸素の吸入量が増え血行の促進、免疫力の上昇が期待できます。

アトピーの方が口呼吸を行った場合、部屋のホコリ、塵、ダニ等を呼吸時にダイレクトに吸い込むことになりますが、日常的にそれらを吸い込むことでアレルギー値は上昇し結果的に微量のホコリやダニ等に過度に反応を示すことになります。免疫機能の低下をあわせて考えると、アトピー持ちの方は特に口呼吸をしている場合早急に是正することが求められそうです。

管理人も今まで呼吸が口呼吸なのか鼻呼吸なのか別段意識することはありませんでしたが、口呼吸がアトピーに悪いことを知ってから呼吸について意識すると案の定口呼吸していました。口呼吸になってしまう原因は様々なようですが、心肺機能の低下、顔の筋肉の衰えから口が自然と開いてしまう等が上げられそうです。

特にタバコを吸っている方は心肺機能の低下とあわせて注意が必要となり、タバコはもちろん口で吸いますが喫煙が生活習慣になると呼吸も口で行うようにどうしてもなってしまいます。これは限りなく無意識のうちに行っているためなかなか改善することは難しそうです。

管理人が実践している口呼吸から鼻呼吸への改善する上での方法は日常的にマスクをつけて生活するというものです。まず呼吸について常日頃意識するようにし、マスクを付けて口呼吸すると若干呼吸が苦しいです。その息苦しさを感じた際に口で呼吸している。鼻呼吸しなければ。という風に自分で自覚することがやりやすいです。

また普段散歩やウォーキング、筋トレ等を行う際に負荷がかかるとより多量の酸素を取り入れようと呼吸が深くなりますが、その際にも鼻呼吸を意識しつつ行います。慣れてくると明らかに鼻呼吸のほうが楽に呼吸することが出来、多量の酸素を取り入れることが出来ます。

基本的には入浴以外の時間はマスクを付けて生活し寝るときもマスクを装着しています。寝ているときは意識して鼻呼吸を行うことが出来ませんが、仮に口呼吸していてもマスクを装着していればマスクがフィルターの役割を果たすためそれほどの問題はないと思います。寝ている時に寝返り時にマスクが外れることもありますが、流石に不可抗力だと思います。

このように普段からマスクを付けつつ鼻呼吸について意識してあげると自然と鼻呼吸が出来るようになってきます。アトピーの方にとって口呼吸はアトピーの悪化要因しかないため早急に改善したほうが良いと思います。


関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */