こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in 日常の雑記

skyrim special editionをプレイしてみたけれども

-- COMMENT
20170125132923_1.jpg
20170125133302_1.jpg
20170125133109_1.jpg

昨年2016年11月10日に発売されたSkyrim special editionですが、MODが多少なりとも出揃うまでプレイするのを控えていたのですが、どんな感じなのかこの間プレイしてみました。PC版については32bit版のDLCを全て購入してるユーザーには無料配布しており、管理人も無料で頂きました。ベセスダは太っ腹です。

今のところ、オープニングからドラゴンに襲われて脱出するまでのチュートリアルを終わるまでしかプレイしていませんが、グラフィックのクオリティについてはヴァニラの32bit版に比べれば遥かに綺麗であり、High Resolution Packのテクスチャークオリティよりも綺麗だとは思いましたが、残念ながらENB+Skyrim HD - 2K Texturesの組み合わせと比較すると見劣りするように感じます。

グラフィックのクオリティ自体は今後Skyrim HD - 2K Texturesのようなテクスチャーを刷新するオーバーホールMODの登場を待てば良いので大した問題でもありませんが、長らく32版スカイリムをシステム面からキャラメイク、多彩なフォロワーの数々に至るまでMODによって修正され別物のスカイリムで遊んでしまうと、やっぱりヴァニラのSkyrimで遊ぶことは正直無理そうです。

キャラメイクをしようにも肝心のEnhancedCharacterEditが64bit版に対応していない。EnhancedCharacterEditはSKSEが必須なので止む終えませんが、これがないとCME_saveスロットによって可愛いキャラのキャラメイクを簡単に移植することすら出来ません。管理人が今まで愛用してきたコンパニオンも残念ながら現時点では全滅です。

些細な点だとXbox360 Controller KeyRemapというMODがありXBOX360コントローラーでの操作を劇的に改善してくれる便利なものですがこれも対応なし。このMODに慣れてしまうとコントローラーの操作がしづらくてしょうがないです。ヴァニラのスカイリムはインターフェイスやその操作、各種バランス調整にも難があり、そのあたりも修正したいので、MODの存在は欠かせません。

32bit版で愛用していたシステム面を修正するMODの数々は32bit版のSKSEとSkyUIの対応が不可欠なものが大半であり、64bit版の登場から僅かに3ヶ月ほどですので、このあたりは想定内というしか無いですが、少なくともMODの中核である64bit版のSKSEとSkyUIの登場までSkyrimSEで遊ぶのは当分お預けということになりそうです。

64bit版のSKSEはベータ版が3月にはリリースされるようですが、32bit版のSKSEもリリースからゲームの解析が進み実際に使えるレベルになったのは1年ほどの期間を要したと聞いていますが、恐らく64bit版もそのくらいの期間がかかるのではないかと思っています。それと合わせてSkyUIの64bit版への対応、付随するMODの64bit版への移行と拡充ということを考えると、最低でも半年から1年程度はさらに日数を要するのではないかと勝手に思っています。

いずれにせよ、今後も32bit版同様に64bit版のSKYRIMのMOD文化は活性化すると思いますが、64bit版によりメモリー制限がなくなり少なくともメモリー周りが原因のCTDから開放され快適にプレイできるのだとしたら、それほど喜ばしいことはないです。Fallout4は64bitですが、MOD環境を構築しても32bit版のスカイリムとは比較にならないくらい安定しているので、同様に快適にプレイできることが期待できます。

残念ながら管理人にはヴァニラのSKYRIMで遊ぶのは色々と無理なので、64bit版のMOD環境が整うまでは従来通りに32bit版のMOD環境で遊ぼうと思います。










関連記事
スポンサーサイト
  • Share