呪われた重い深淵血晶の効果 ブラッドボーン攻略日記


Bloodborne®_20161119225349_1



[聖杯文字]9kv8xiyiの3層のボス獣血の主を倒すことで入手できる呪われた重い深淵血晶を入手してきました。既存の武器にこの血晶石を装備した場合にどのように変化するのか検証してみました。

この呪われた重い深淵血晶は数ある血晶石の中でもランク20の最高峰の血晶石ですが表示上は筋力+65とありますが筋力補正が+65%相当になるようで筋力99で使用した場合に補正値とダメージ量を劇的に上昇することが出来ます。

この3層のボス獣血の主から取得できる血晶石は確認している限り3種類あり、筋力補正を加算する+65、+50、+36.5です。この中で+65以外は深淵血晶ではなく濡れ結晶と表記され3デブ産物理27.2%以下の補正値となるため廃棄対象となります。

確認しているオプションは物理の攻撃力を加算する、武器の耐久度を加算する、貯め攻撃を高める、HP最大時物理といった感じですが、物理の攻撃力を加算する+10から15まで確認しています。


Bloodborne®_20161123165948


まずはノコギリ鉈+10に装備してみます。能力補正に注目していただきたいのですが筋力補正がC補正からS補正に上昇しているのがわかります。補正値の合計は3デブ産の物理+27.2%で固めた場合552ですが、これを呪われた重い深淵血晶に付け替えることで補正値は594まで上昇します。

血晶石を呪われた重い深淵血晶に付け替えた状態で人形に対してどの程度表示上ダメージ量が出るのか検証してみました。
検証に使用した血晶石は3デブ産物理+27.2%×3、重い深淵血晶+物理+27.2%×2、貞子産の物理21%+HP最大時物理○%合計値34%×3、重い深淵血晶+物理21%+HP最大時+○%合計値34%×2です。 

以下のステータスでどの程度ダメージ量が変化するのか検証しています。
※呪われた重い深淵血晶に物理の攻撃力を加算する+10.4のオプション付きの数値です。

Bloodborne®_20161123152449_1


Bloodborne®_20161125165121
人形さん攻撃してすいません。

ノコギリ鉈R1攻撃

658 物理+27.2%×3 
697 重い深淵血晶+物理+27.2%×2 
775 物理21%+HP最大時+○%合計値34%×3 
777 重い深淵血晶+物理21%+HP最大時+○%合計値34%×2 

人形に攻撃した場合のダメージ量と実際に敵に使用した場合のダメージ量にはそれほど大きな開きはないです。刺突や重打等の耐性も可もなく不可もなく平均的だと思われますのでダメージ量の検証には丁度よいです。


3デブ産の物理+27.2%と比較すると威力の高さは一目瞭然です。ただ貞子産の物理21%+HP最大時+○%合計値34%×3に比べると重い深淵血晶+物理21%+HP最大時+○%合計値34%×2の比較では僅かに上昇量は2です。微増というしかないですが、威力自体は貞子産の物理21%+HP最大時+○%合計値34%と概ね同等という感じです。

ただ物理の攻撃力を加算する+10.4のオプション付きでこの数字ですので、物理の攻撃力加算なしですと-10となります。その場合貞子産より若干落ちる程度になります。

筋力99までステータスを苦労して上げたうえでこの結果だと少々残念という気もします。もう少し上昇幅が高いと思っていました。ただ貞子産の物理21%+HP最大時+○%の血晶石はHP最大時に限り34%弱に達するという限定された条件の上での数値ですので、その貞子産の血晶石よりも微増とは言え威力が僅かに高い上にHP最大時に限るというペナルティもなくこの数字というのは見方と変えればかなり優秀といえます。

他の武器で確認しているのは+10まで強化している武器ですが、3デブ産の物理+27.2%から一個だけ呪われた重い深淵血晶に変更した場合に筋力補正と補正値がどのように変化するか確認しています。

ノコギリ鉈 筋力補正C→S 補正値+32
獣狩りの曲刀 筋力補正C→A 補正値+34
獣狩りの斧 筋力補正B→S 補正値+36
ルドウイークの聖剣 筋力補正B→S 補正値-15
教会の石鎚 筋力補正A→S 補正値+11
瀉血の槌 筋力補正A→S 補正値+31
千景 筋力補正E→A 補正値+43
レイテルパラッシュ 筋力補正E→A 補正値+17
葬送の刃 筋力補正D→A 補正値+27
教会の杭 筋力補正D→A 補正値+25
回転ノコギリ 筋力補正S→S 補正値+1

ルドウイークの聖剣については筋力補正はS補正になるものの補正値は-15となりかえって下がっています。教会の石鎚はAからS補正となりますが補正値は+11、ノコギリ鉈はC補正からS補正で+32、獣狩りの曲刀はCからA補正で+34。この中で目をみはるのは千景ですが補正値は+43に達しています。

全体的に言えるのは筋力補正や技量補正ががA補正とか高い武器よりもC補正程度の武器のほうが返って補正値の伸びが良い点です。ルドウイークの聖剣のように筋力と技量がB補正のような能力補正の高い武器はかえって下がっています。

この呪われた重い深淵血晶というのは、内部でどのような計算式が用いられているのか分かりませんが、少なくとも筋力補正AやS等の脳筋武器に装備しても補正値の上昇幅は僅かであり表示上のダメージ量も誤差の範囲です。

ノコギリ鉈や獣狩りの曲刀等の筋力や技量がC、D補正もしくはD、B補正などあまり高くない武器に装備すれば最も恩恵が得られる変わった血晶石と言えそうです。ただ千景は筋力補正Eですが補正値+43、レイテルパラッシュは同じく筋力E補正ですが補正値+17です。千景は技量B補正、レイテルパラッシュは技量A補正です。やはりもともとの能力補正は低いほうが血晶石による補正値の底上げには有効なようです。

回転ノコギリに装備して最強の脳筋武器を作りたかったのですが、呪われた重い深淵血晶は筋力補正の高い回転ノコギリに装着しても補正値は微増も良いところです。このあたりは少々残念な結果と言えます。

ただボス戦では部位破壊を狙える場合にはノコギリ鉈や獣狩りの曲刀の武器の振りが早く手数の多さで部位破壊を狙うことができるこのような武器の出番が多いため、貞子産の物理+HP最大時+物理○合計値34%と同程度の威力の底上げを狙うことができる点は十分に評価できそうです。

貞子産は強力ですが、いかんせんHP最大時以外ですと物理+21%に低下してしまうデメリットがありますが、この呪われた重い深淵血晶にはそのようなペナルティ無しで常に同等の威力を発揮できます。ただその恩恵が得られる武器は限られてしまう。武器を限定すればこの呪われた重い深淵血晶は相当に使えそうです。

後、呪われた重い深淵血晶ですが、現在のステータスでは二個装着した場合残念ながら補正値はさらに上昇するどころか減少するようです。二個装着してさらに威力を劇的に上げることは残念ながらできないようです。

ただそれでも十分に強力なため、貞子産の物理+HP最大時物理+○%と上手く使い分ければ、劇的に火力を底上げするには非常に有効な血晶石なのは間違いなさそうです。回転ノコギリはステータス上の補正値は微増しますが、表示上のダメージ量は変化が見られません。そのため回転ノコギリと行った脳筋武器は貞子産の物理+HP最大時物理+○%のほうが最も火力を出すことが出来ます。

ノコギリ鉈など筋力と技量の能力補正が低い武器に関しては補正値の上昇幅が高いためかなり使える血晶石といえます。ただいずれにしてもこの呪われた重い深淵血晶の真価を発揮するのは筋力99の高レベル帯のキャラに限るといえそうです。結局のところ、筋力と技量の能力補正の低い上質武器でしか真価を発揮しないため筋力99かつ技量にも相応のレベルを求められます。







獣血の主は接近戦で戦う場合、HPが半分となるペナルティもありますが、ロックしているとカメラワークが悪すぎて敵の攻撃が見えづらいため苦戦は必死です。獣血の主は攻撃パターンは割りとパターン化されているのでそこまで強いというわけではない印象です。敵はカメラワークの悪さに有ると行った感じです。そのためノーロックを必然的に迫られますが、ノーロックに慣れていないためうまく獣血の主を倒せない方は面倒ならシモンの弓剣を使用して遠距離戦を挑んでも良いと思います。距離が離れると割とこちらの位置を見失います。柱を上手く利用して立ち回ると良いです。

顔がないので目が見えないのかもしれません。こちらの位置を嗅覚で察知しているのかもしれませんが嗅覚の届く範囲が限定されているようです。いずれにしても呪われた重い深淵血晶はこの強敵を倒すマラソンをするだけの価値は十分にありそうです。

この呪われた重い深淵血晶ですがドロップ率も今のところ13回ほどマラソンを回して6個入手しているのでドロップ率は割と高いと思われます。貞子マラソンで物理+21%+HP最大時物理+○%合計値34%弱の血晶石のドロップを狙うためには相当な回数をマラソンしなければいけません。

現時点で貞子を聖者の頭蓋の数から考えて1000回弱回してペナルティの少ないものを厳選し入手しているのは僅かに6個です。

仮に貞子よりもドロップ率が格段に良いのだとしたら、これだけ補正値の上昇幅の高い血晶石ですのでマラソンしない手はありません。

関連記事
スポンサーサイト