死体の巨人に見る聖杯ダンジョン血晶石の有効性 ブラッドボーン攻略日記


Bloodborne®_20161116214622

聖杯ダンジョンのボスやMOBからは実に様々な血晶石をドロップします。代表的な【聖杯文字】 9kv8xiyiの3デブからは物理27.2%の血晶石をドロップするほか、【聖杯文字】s3xhw58sの3層の貞子からは物理+21%+○をよく落とします。

【聖杯文字】s3xhw58sの3層の貞子産ではMAX物理+21%+HP最大時攻撃力+12%もしくは物理+21%+HP貯め攻撃力+12%に達しますが、物理+21%+HP貯め攻撃力+○%このあたりの合計値34%程度ものは比較的ドロップしやすく厳選しやすいですが、合計値40%のものも狙うことも可能なようです。

狙っているのは物理+21%+HP最大時攻撃力+12%の合計値35%ですが、ドロップ率も悪くペナルティのましなものを厳選するのは相当にシビアです。今のところ1000回ほど貞子を倒して合計値41%の愚者物理を一個入手しています。物理+21%+HP最大時攻撃力+○%合計値34%弱のペナルティのマシな使えるものは今のところ6個だけです。

【聖杯文字】cr7sp9kc等の死体の巨人からは刺突、重打特化を確定でドロップしMAX28.7%になります。28.7%+HP最大時物理+5.5%を落とすため、この+HP最大時物理+5.5%狙いで回していますが非常に低確率でドロップするためペナルティの低いものと合わせて選別するのは相当な回数を回すことを必要としそうです。今のところペナルティのマシな使えるものは一個しか見てないです。

これらの場所を中心に様々な場所で延々と聖杯ダンジョンでマラソンを回して記事を書いている時点で100時間弱ほど血晶石を集めています。

特に死体の巨人はプレイしていて楽しいボスなのでよく回していますが、この死体の巨人は刺突が弱点属性となっており刺突属性の武器を使用することでダメージが面白いくらい入ります。特に教会の杭は変形後のモーションが全て刺突属性となるため刺突特化で固めた教会の杭は対死体の巨人戦では非常に有効です。

変形後のR1攻撃は刺突特化30%弱で補正値620ほど、表示ダメージは700ほどですが、R2攻撃に至っては1200弱に達します。これは物理+27.2%で固めたルドウイークの聖剣のL2攻撃が1190ほどであることを考えると相当に強力です。

何より教会の杭はリーチはそこそこですが振りも早い、攻撃後の硬直も短いため、攻撃後すぐに回避行動に移ることができると、非常にこのボス戦では使いやすいです。

またルドウイークの聖剣の変形後L2攻撃はリーチもそこそこあり武器の振りも早い、何より死体の巨人を怯ませやすいため怯んだところにもう一発叩き込むことができるためこのボス戦でも使いやすいです。変形後のL2攻撃は重打属性のため重打特化で固めたルドウイークの聖剣を別に一本用意しています。この刺突、重打特化血晶石は特定のボス戦では非常に重宝します。

ただ当然の話しですが、変形後全ての攻撃モーションが刺突属性となるような教会の杭というのは非常に稀な存在でして、他の武器はどうかというと変形前、変形後の攻撃モーションの属性が全て重打であったりすべてが刺突というものはほとんどありません。重打で見ると全ての攻撃モーションの攻撃属性が重打の武器はトニトルスや爆発金槌など非常に限定されます。

ルドウイークの聖剣は変形前の直剣もノコギリ鉈ほどではないものの攻撃の振りは割と早く、なおかつ威力も高いため変形前も攻略時には割と多用します。変形後の攻撃モーションも全てが重打属性にはなりません。そのためルドウイークの聖剣を重打特化で固めた場合にはL2攻撃など重打属性の一部の攻撃モーションはダメージ量が上がるけど、それ以外の攻撃モーションはダメージ量が返って下がると行った状況になります。

特化で固めた場合銃パリィからの内蔵攻撃の威力も大きく低下するため、武器としての汎用性は大きく損なわれすべての攻撃モーションを多用する場合、全体としては使いづらい武器になってしまいます。




動画は死体の巨人戦、重打特化血晶石で固めたルドウイークの聖剣でどの程度ダメージが入るのかの検証動画です。

もちろん重打や刺突に特化した血晶石は非常に魅力的です。物理+27.2%が上限の3デブ産の血晶石よりも高い特化+32.6%もしくは特化+28.7%+HP最大時物理+5.5%合計35%弱を使用することでさらなる威力の底上げを図ることが出来ます。死体の巨人戦で物理27.2%と30%弱の特化を比較した場合、ルドウイークの聖剣の変形後L2攻撃は敵に与える表示火力の差は一発あたり130ほど変わります。この数値の差は大きく無視できません。

ただ全体として武器としての使いやすさと汎用性は大きく損なわれてしまう。この問題をクリアするために現実的なのは通常の物理+27.2%で固めた武器を一本、特化で固めた武器をもう一本用意してあげること。それをシチュエーションによって使い分けることでしょうか。

ルドウイークの聖剣は(放射、放射、欠損)を物理乗算で固めて普段の攻略で普段使いして、異質の聖剣(放射、放射、三角)は重打特化で固めて主に聖杯ダンジョンのマラソン用で使用しています。



話は変わって【聖杯文字】s3xhw58sの三層の貞子からは放射の物理+21%+HP最大時物理+12%をMAXとした物理+○の血晶石が比較的にドロップしやすい印象ですが、今のところ入手しているのは物理+20.3%+HP最大時物理11.5%と物理+21%+HP最大時物理11.5%です。これらはHP最大時、合計値34%弱に達するため3デブ産の物理+27.2%に比べると威力を大きく上げることが可能です。また物理+貯め攻撃といった血晶石もドロップしやすいので、これはシモンの弓剣に装備して運用しています。

Bloodborne®_20161121092908


【聖杯文字】casu4dqmの一層の獣憑きからは三角の物理+23.1%+HP最大時物理+5.3%のドロップが狙えますが、今のところ入手したのは物理23.1%+HP最大時+4.9%といった感じです。獣憑き産の血晶石は貞子産に比べるとHP最大時の物理上昇率は控えめですがそれでもHP最大時に限り合計値29%になります。

以下の画像は貞子産の放射の血晶石と聖杯文字casu4dqmの獣憑き産の三角の血晶石で固めたものです。

Bloodborne®_20161121182016

現在回転ノコギリに装備して運用しています。回転ノコギリは変形後はすべての攻撃モーションが重打になると思いきや、そうではなく重打特化にした場合は変形後ジャンプ攻撃とR2攻撃に限定しても意外にも返って威力は下がります。そのため物理+HP最大時物理○で固めています。

ステータス上の威力は物理+27.2%が700弱ですが600と下がります。ですが、実際に使用した場合の表示火力はこの合計値34%程度の血晶石でも恐ろしく上昇します。



この動画は3デブマラソンにて物理+HP最大時物理+○で固めた血晶石を装備した状態でどの程度火力が出るのかを検証したものになりますが、物理+27.2%で固めた場合ジャンプ攻撃で1300弱といったところですが、この物理+HP最大時物理○合計値34%弱で固めた場合は1774と大幅にダメージ量は上昇しています。

重打特化血晶石と異なり攻撃モーションが重打属性でなくても、すべての攻撃モーションでその威力を発揮します。ただHP最大時に限り合計値34%に達します。当然HPが1でも減れば基本となる物理21%等に大きく低下してしまいます。

また回転ノコギリに限りませんが変形前、変形後どちらも有用な攻撃モーションが多く重打や刺突特化の場合それらが大抵の武器では限られたモーション時にしか威力を発揮することが出来ません。特化と異なりすべての攻撃モーションで威力をまんべんなく出すことができるため、貞子産の物理+21%+HP最大時○%合計34%弱の血晶石の汎用性は特化に比べると非常に高いです。

威力を検証した限りでは物理+30%弱の重打特化ルドウイークの聖剣の変形後L2攻撃は1324、物理+HP最大時物理+○合計値34%弱のものが1487になります。物理27.2%のものが1197。物理+HP最大時物理+○の威力の高さが伺えます。

そのためこれらの物理+○+HP最大時物理○で固めた血晶石を使用する場合、比較的にノーダメージ攻略が狙える3デブマラソンや死体の巨人など簡単なボス戦もしくは呪われた汎聖杯でHPがペナルティにより常に半分になっている場合でしょうか。

呪われた汎聖杯ではHPが半分となっており少しでも被ダメージをうけたら輸血液で回復して最大HPを保っていないと少々怖いです。このようなシチュエーションにおいては物理+HP最大時物理の血晶石の恩恵を余すこと無く受けることが出来ます。

ただ通常の本編やDLCの道中やボス戦では平均的なプレイスキルではノーダメージ攻略というわけには行きませんので、輸血液の数にも限りがあり、敵から一発攻撃を受けて僅かしかHPが減っていないのにその都度輸血液を使うというのは輸血液の管理上、好ましくないです。

必然的にノーダメージ攻略を狙うことができる道中や簡単なボス戦もしくはやはり聖杯ダンジョンにおけるマラソン向けと行った感じに運用方法は落ち着きます。非常に限定された使いみちになりますが、用途を限ればその火力の高さを遺憾なく発揮することが出来ます。

愚者物理というHP最大時物理+○という更に尖った性能の血晶石もありますが、こちらも用途を限れば非常に有用だと思います。ただ愚者物理はHPが1でも減れば物理+補正はゼロになります。貞子産の物理+21%+HP最大時物理+○であればHPが1下がっても少なくとも物理+21%は保証されます。

Bloodborne®_20161122184336



貞子マラソンを回しまくって念願の愚者物理、HP最大時物理+貯め攻撃物理+○合計41%の貞子産の血晶石を一個入手しましたがさっそくシモンの弓剣に装備しています。

シモンの弓剣は基本的に複数戦を強いられる際に事前に敵を減らして処理する場合、または高所から遠距離で火炎瓶を投げてくる場合、高所から下にいる複数の敵を減らす場合などで狙撃する場合等に使用していますが、これらの愚者物理、HP最大時物理+貯め攻撃物理はシモンの弓剣に非常にマッチしておりHP最大時および貯め攻撃に限るという限定された場合に限りますが表示火力は1060を超えておりその火力は目を見張る物になります。

物理+○%+瀕死時物理+○もしくは瀕死+瀕死という血晶石もあります。合計値の火力は数ある血晶石の中でもっともでますが管理人のような平均的なプレイスキルで瀕死状態でノーダメージ攻略できるシチュエーションというのは、死体の巨人戦などほとんどないため使用していません。ノーダメージ攻略の狙える腕に覚えの有る方であれば最も火力の出る血晶石となります。


まとめ

私見ですがボスの難易度、マラソンのしやすさ、ドロップ率の高さ、汎用性の高さを総合的に考えると全てのシチュエーションでその性能を安定して叩き出すことができるのは3デブ産の物理+27.2%だと思いますが、これで十分な気がします。本編やDLCの道中やボス戦など全てのシチュエーションで安定した火力を叩き出すことが出来ます。

何よりドロップ率は死体の巨人産や貞子産に比べると格段に良いため、回数をこなしていれば確実にすべての武器に装着する数は入手可能です。この入手の容易さも3デブ産の大きな魅力です。

刺突特化の教会の杭は初代教区長ローレンス戦等の獣相手のボス戦で使いやすいため主に使用しています。ローレンスは火力がとにかく高いため密着して戦うのは怖いのでヒットアンドアウェイで使用していますが、振りが早くリーチも割りとある、攻撃後の硬直も短いのですぐに回避に移れると、ローレンスのような獣相手のボス戦では教会補正に加えノコギリ補正も乗るため威力もそこそこ出るので相性は悪くないです。

アメンドーズや星の娘エーブリエタースなどの上位者は刺突属性が弱点のため、頭の位置の高いこれらのボス戦では教会の杭は一段目が前方への振り下ろしのため高い位置に有る頭に当てやすいと尚更使いやすいです。

ただ部位破壊を狙うことができる大抵のボスの場合ノコギリ鉈や獣狩りの曲刀のように手数にまさる武器の連続攻撃で部位破壊を狙うほうが明らかに楽なので、やはり一部のボス戦など非常に限定された使い方になりそうです。

貞子産の物理+○+HP最大時物理+○は非常に攻撃力が高く魅力的です。その攻撃力は3デブ産物理+27.2%、32.6%の重打、刺突特化よりも上を行くため、最高峰の火力を叩き出すことが出来ます。

ただHPが1でも減ればその威力は基本となる物理21%に低下するため平均的なプレイスキルですと聖杯ダンジョンでノーダメージが狙える比較的簡単なボス戦のマラソンに使うのが無難と思われますが、その使用用途は限定されそうです。重打、刺突特化はHPの減少に左右されずに全てのシチュエーションで安定した火力を出せることが魅力です。

ですが変形後の教会の杭や爆発金槌、トニトリス等、すべての攻撃モーションが刺突や重打のみという武器は限定されるため、刺突や重打属性以外の攻撃モーションでは威力は返って下がるため大抵の武器は特化で使用した場合武器の汎用性は失われ返って使いづらいです。

聖杯ダンジョンに潜って血晶石のレアドロップ狙いで延々とマラソンをする。苦労して手に入れた血晶石も聖杯ダンジョンにおける簡単なボスや死体の巨人戦など一撃がほぼ即死のためノーダメージ攻略を必然的に迫られる、そのようなボスのマラソンをする際に使用する限定的な使い方に留まるとしたら、聖杯ダンジョンにおける血晶石マラソンもなんだか自己満足の世界に過ぎないと思わなくもないです。

もちろんレアドロップを引き当ててお目当ての血晶石を入手して武器に装備する。その表示火力の高さに俺TUEEできる。この過程も十分楽しいので、今後も貞子マラソンをして主要な武器に装備できるだけの物理+HP最大時物理+○の血晶石を集めようと思いますが、一般的には3デブ産の物理+27.2%で十分だと思います。

3デブ産でも十分すぎるだけの火力も期待できますし、なにより汎用性はもっとも高いです。貞子産は血晶石を入手する労力に対して使用できるシチュエーションが平均的なプレイスキルですと非常に限定される印象です。労力に対して結果が見合わないと言えなくもないです。シチュエーションを絞ればその火力の高さは非常に魅力的ですが、このあたりをどのように考えるかでどこでマラソンするのか検討すればよろしいと思います。

ただそこにより高い威力を叩き出せる血晶石があるとしれば、とりあえず入手してその威力を検証したくなるのが人の性。限定されたシチュエーションでのみ真価を発揮できると分かっていても、その威力の高さは3デブ産の物理+27.2%とは比較になりません。やはり貞子産の物理+HP最大時物理+○はレアドロップだけあってその威力の高さは非常に魅力です。

やっぱり聖杯ダンジョンの血晶石マラソンは楽しいですね。









関連記事
スポンサーサイト