簡単操作で動画編集ができるShareFactoryがとっても便利


SHAREfactory™_20161118221355


ブラッドボーンをプレイしていて、物理27.2%上昇などの通常の物理乗算血晶石と重打特化の30%超えで固めた血晶石で、武器の火力がどの程度変化するのか検証したいとき等、プレイしながら敵と戦いながらダメージ量をチェックするのは意外と面倒な作業です。

また脳筋武器を重打特化血晶石で固めた場合、変形前、変形後すべての攻撃モーション属性が重打属性というわけではないので、どのモーションに重打が乗るのか、その時のダメージ量は物理乗算に比べてどの程度変化するのか検証したい時もあります。

PS4はビデオクリップという機能があり常にバックグラウンドで録画をしていますが、この機能を利用すればYouTube等の動画サービスにアップロードすることでいつでも自分のプレイを動画で確認することもできますが、ボス戦等でも動画で見直すことで、ボスの攻撃パターンを把握するのにも非常に便利です。

ビデオクリップは最長30分まで録画され編集なしでも見るだけなら支障はありませんが、不要な部分はカットして必要な部分だけ残すと行った簡単な編集を加えてあげれば、ダラダラと長い動画を見なくても済むためできれば行いたいところです。

ShareFactoryは複数のクリップを使用して一つのクリップにする、不要なシーンのカット、テキストの入力など最低限の機能は網羅しているのでゲームプレイの録画から編集、Youtube等へのアップロードまですべてPS4の機能だけで完結できます。

Youtubeへアップロードする場合も公開設定にすればもちろんすべての方が閲覧可能になりますが、限定公開することで本人以外は閲覧できない設定にもできるので、自分のプレイ内容をYoutube動画でチェックすることができるなど非常に便利です。

ここではShareFactoryの基本的な使用方法を解説してみます。

20161119073123.jpg

ShareFactoryはPSstoreで無料でダウンロードできますのでまずはダウンロードします。ダウンロードしたらメイン画面の一覧にShareFactoryが追加されるので起動します。

SHAREfactory™_20161118162855

ShareFactoryが起動したらメイン画面で「新プロジェクト」を選択します。


SHAREfactory™_20161118162902

次にテーマを選択します。これは作成した動画の最初と終わりに派手なムービーが流れるようになります。このようなテーマがデフォルトで用意されています。ブラッドボーン等、各種テーマはPSstoreで無料でダウンロードできます。テーマを任意で選択したら「○」ボタンを押します。

SHAREfactory™_20161118162921

ここでは動画編集をするクリップを選択します。複数のクリップを選択して繋げることも出来ます。該当するクリップを「○」ボタンで選択して「□」ボタンでプロジェクトを開始します。



SHAREfactory™_20161118162927


ここではプロジェクト名を決定します。デフォルトのままで良ければ「続ける」を選択して「○」ボタンを押して続行します。


SHAREfactory™_20161118162945

編集画面に移行します。ここで動画のカット等を行っていきます。下の方を見ると動画のフレームが表示されています。左からテーマ、FX、動画のフレームといった感じです。テーマの次にFXと言うものが自動的に付加されます。ログインしたユーザーのIDがそこに表示されるので個人的に不要です。

テーマも派手なムービーが流れますが、個人的に不要ですのでカットしていきます。カットをするためには「□」ボタンを押します。


SHAREfactory™_20161118162954

ここでは「クリップを分割」を選択して「○」ボタンを押します。

SHAREfactory™_20161118163033

ここで動画をカットする位置を選択します。R3スティックの左右で動画の早送り、巻き戻し、R2で再生して内容を確認できます。R3スティックを使って動画を進めてカットする位置を選択します。位置を選択したら「○」ボタンを押します。R1でクリップの最初に移動、R2でクリップの最後に移動できます。


SHAREfactory™_20161118163039

ここでは「確定」を選択して「○」ボタンを押すとクリップが分割されます。

SHAREfactory™_20161118163049


クリップがこのように分割されるので、不要な部分をR3スティックで移動して選択したら「□」ボタンを押して削除していきます。テーマやFXと表示された部分が不要な場合も同様に削除します。

ShareFactoryでは画面に字幕を入れる、簡単なエフェクトを入れるといったこともできますが、今回は割愛します。特に字幕を入れるための文字入力ですが、コントローラーを使用して文字を入力していくのは、使いづらいを通り越し苦行でしかありません。別途USB接続もしくはワイヤレスのキーボードの用意は必須と思われます。



SHAREfactory™_20161120160726



動画の編集作業が終わったら「✖」ボタンを押します。画面右横にShareと表示されるので「△」ボタンを押します。編集した動画のレンダリング作業に入ります。ムービーをレンダリング中と表示されるので完了するまで待ちます。


SHAREfactory™_20161118163830

レンダリングが完了した動画はキャプチャーギャラリーに保存されます。ここではアップロードするSNSサービスを選択します。「SHARE」を選択します。

Youtubeにアップロードする場合にはタイトル、説明文、タグ等の入力をしますが、キーボードを使用しない場合コントローラーでのテキスト入力は面倒なのでまずはアップロードした後でYoutube上で動画の編集時にタイトルや説明文などのテキスト入力をすれば良いと思います。

Youtubeにアップロードする際、動画の共有設定を行います。普通に公開設定にして全ての方に閲覧可能な状態にするか、個人で見るだけに留めるのか選択します。個人で見るだけで公開したくない場合は非公開を選択します。


作業はこれで完了です。従来であればゲーム機のプレイ動画のキャプチャーをするためにはPCにキャプチャーカード、編集用のソフトを導入するなど初期費用が安くない点、編集ソフトの操作が難しいなど初心者には敷居が高かったですが、PS4で機能は限定されるもののキャプチャーから編集、アップロードまで簡単に行うことができることから非常に便利です。

ただアップロードされた動画はPS4PROを除くと720Pと解像度的にはやや劣るといった感じです。ただ十分に視聴には耐えることは出来ます。

自分のプレイ内容の確認をするために非公開にしておけばYoutube動画でいつでも内容を確認して色々と検証することができるなど、公開しなくても動画で内容が確認できるというのは案外便利な機能です。



こんな感じで不要な部分をカットするだけであれば作業時間10分ほどで動画を編集できます。まだShareFactoryを使っていない方は試してみてはいかがでしょうか。慣れると割と簡単に使うことができるので、かなり使えるアプリです。

関連記事
スポンサーサイト