こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in ブラッドボーン

ゴースの遺子戦は難しいけど楽しい ブラッドボーン攻略日記

-- COMMENT



Bloodborne®_20161107212921






ブラッドボーンもようやく三週目に入りゴースの遺子と再び相まみえてきましたが、やはり強い。被ダメージはさらに増しており一発辺りの被ダメージが高く連続で攻撃を受けるとHPはごっそり削られるため三週目でも割ときついです。





動画は三週目のもの。武器はレイテルパラッシュ、前半戦はヒットアンドアウェイ主体で攻め後は銃パリィを安全に狙えるときは狙っています。後半戦は完全にバックスタブ狙いで他の攻撃は無視しています。

武器にレイテルパラッシュを使用しているのは変形前のR2貯め攻撃の発動が数ある武器の中でも最速の部類で変形前のR1攻撃の1段目は割と出が早くリーチも悪くないです。この武器の特筆すべきはバックステップやサイドステップで回避後R1攻撃でダッシュで距離を詰めつつダッシュ攻撃を自動的に繰り出してくれる点ですが、それ自体はすべての武器で同様の挙動を示すもののそのダッシュの速度は数ある武器の中でも最速の部類で、かつダッシュ距離も最も長い部類です。

このステップ回避からのダッシュ攻撃は非常に便利でヒットアンドアウェイ主体で攻める場合非常に重宝します。この武器のR2貯め攻撃の発動の速さは4連続の叩きつけ後のバックスタブの取りやすさは数ある武器の中で随一です。バックスタブ狙いでR2貯め攻撃からの内蔵攻撃主体でゴースを攻略する場合、ノコギリ鉈同様に使いやすいです。




以下の内容はゴースの攻略の考察とゴース戦を振り返ってみての感想になります。


前半戦で特徴的なゴースの振り回してくるヨーヨー攻撃ですが、攻撃範囲は相当に広いです。ゴースと近距離を保ちこの攻撃の一段目にステップインして前に踏み込んで背後に回れるだけの位置をキープしていれば背後を取りバックスタブからの内蔵攻撃のチャンスではありますが、回避に失敗してかえってまずい状況になりがちです。

現時点では決まるときは決まるけど、成功率がまだまだ低いので無理せずヨーヨー攻撃の一段目を右ステップで回避、二段目にステップインでゴースに密着してR1攻撃を一発入れて迅速にバックステップ2回して距離を取る。ヒットアンドアウェイで徐々に削っていくスタイルでプレイしています。

このヨーヨー攻撃はいくつかパターンが有り、1段目で貯めを入れながら振ってくる場合は銃パリィが狙いやすいです。ただヨーヨーの届かない安全な距離から銃撃した場合、ステップインで接近して内蔵攻撃に繋げる時間的な猶予はなく、内蔵攻撃を取れる距離から銃撃して外すと下手をするとヨーヨーの攻撃を下手すると二回連続で食らうため被ダメージは相当にきついです。確実に狙うことが出来ない場合銃パリィは狙わずスルーしたほうが無難かもしれません。


後はゴースがジャンプからの攻撃を入れてくるときにサイドステップで回避後に攻撃。もしくはジャンプ後の攻撃が当たるぎりぎりでステップインしてゴースの背後を取りR2貯め攻撃から内臓攻撃のチャンス。ステップインすると綺麗にゴースの背後を取ることができ、確定で内臓攻撃を入れることができるので非常にこの攻撃はおいしいです。ステップインの回避タイミングは割とシビアで早すぎても被弾します。

ゴースが右から持っている胎盤を引きずりながら攻撃を入れてきたら、同じく左ステップで武器を振るってくるタイミングで回避後に攻撃、それ以外の攻撃は距離を取り無視しています。この胎盤を引きずりながらの攻撃はガスコイン神父同様、早めに回避すると被弾しやすいです。じっくり観察して振って来るギリギリまでひきつけます。もしくは銃パリィのチャンス。

ゴースに接近すると稀に胎盤を両手持ちにして攻撃を貯めつつ前方へ叩きつけ攻撃を仕掛けてきますが、この攻撃が最も安全で楽に銃パリィを入れやすいのでこのときだけ銃パリィを狙っています。ゴースの武器の射程外から安全に射撃することが可能であり銃パリィを外してもリスクは低いです。ステップイン二回でゴースに接近できる距離からの射撃なら内臓攻撃に間に合います。

三週目でもゴースのHPは相当に高くヒットアンドアウェイでちまちま削っていると時間がかかりすぎるため、特定の攻撃パターンに限り安全に銃パリィが狙えるタイミングだけ狙う。極力被弾しないように安全マージンを取って攻めるとこのような感じに落ち着きます。むしろヨーヨー攻撃を掻い潜りながら前面から攻撃すると反撃を受けやすいので無視しても良いかもしれません。

ゴースの他の攻撃のパターンはピンク色の玉を地面に投げつけて範囲攻撃と遠距離攻撃を仕掛けてきます。範囲攻撃は攻撃範囲にうっすらとピンク色がかかりますが、その範囲以上に範囲攻撃が広がるので慣れないうちは2回ステップして距離をとり安全マージンを取る。範囲攻撃は回避は容易なものの、ピンク色の玉の遠距離攻撃は回避が早すぎても綺麗に食らうようになっており、プレーヤーに当たる直前にステップインなどで回避。

サイドステップだと当たり判定が広いため同じタイミングで回避しても被弾しやすいです。被弾してしてダウン、ダウン後にダッシュで接近してきて起き上がりざまにラッシュを仕掛けてくることがあり、回避に失敗すると危険な状況になりがちで案外危険な攻撃です。

慣れないうちは木の盾を使用してガードしても良いと思います。木の盾でガードすれば被ダメージはそれほどではありません。木の盾でガードすれば少なくとも被弾してダウン後に猛ラッシュを受けることは回避できます。

Bloodborne®_20161108100050


前半戦をしのぐと後半戦に移行しますが後半戦は攻撃パターンが大きく変化します。接近しつつ右から左、左から右と横方向の連続攻撃を仕掛けてきます。

この攻撃自体は左から右へ横方向へ胎盤を振るってきた場合は1段目を右ステップで回避、その後2段目の左から攻撃が来るので左ステップで回避、もしくは素直にバックステップで回避すれば安全に回避できます。逆の場合は逆にステップするかバックステップで回避します。ただ稀に左から右への横払いの攻撃時に左からの攻撃を貯めてからディレイ気味で遅めのタイミングで攻撃を入れてくることが有り、忘れた頃にこの貯め攻撃を仕掛けられると案外喰らいがちです。

この横方向の攻撃の動きに慣れてきたところで今度は前方に4連続の叩きつけ攻撃に繋げてくる時があります。これ自体はバックステップもしくは歩いて後ろに下がっていれば当たることはありません。この叩きつけ攻撃は3回目の叩きつけ後に若干上空に飛び上がるため、後ろに歩いて下がりつつ4回目でゴースが飛んだ瞬間にステップインして懐に飛び込んだ後、すかさずR2の貯め攻撃をいれることで綺麗にゴースの背後を取りつつバックスタブを入れることが出来ます。

ただ上手く背後を取れないとバックスタブを外すこともあります。検証していてわかったのは4回目でステップインする際に前方へスティックを綺麗に倒さないと上手く背後が取れない模様。斜め前方へステップインした場合は決まるときは決まるけど、角度がずれるので背後を綺麗に取れません。

またこの4連続の叩きつけ攻撃ですが、3回目の叩きつけ後、4回目でゴースが上空に飛んだ際にステップインではなく前方に歩いて抜けることが可能。これなら確実にゴースの背後を取ることができぬけた直後にR2ため攻撃で確実に内臓攻撃を入れることができます。ただ前方に移動するのが早いと被弾するので4回目でゴースが飛んだことを確認したら移動する。

この攻撃は慣れればバックスタブからの内蔵攻撃をもっとも安全に狙うことができるため割とチャンスです。仮に外した場合でもこの4連続の叩きつけ攻撃は頻繁に仕掛けてくるので内蔵攻撃のチャンスは幾らでもあります。

稀に中距離から低空で空中を飛翔しながら距離を詰めて攻撃を繰り出してきます。これは安全に銃パリィが狙えるチャンスですが、タイミングが早すぎるとゴースの動き自体は止められるもののゴースが頭を垂れてしまい前方からの内蔵攻撃は取れないようになっているようで、プレーヤーに近い距離でゴースが一旦地面に当たってからこちらに向かって吹き飛んできます。この地面に当たるかどうかのタイミングで銃を当てる必要があるようです。

遅すぎると銃パリィはとれるものの、相打ちとなりゴースの硬直が解ける時間も短いため起き上がり様に前方から内蔵攻撃に繋がりません。ただ相打ちになった場合、確定で胎盤を両手持ちで前方へ叩きつけてきます。この攻撃は再度銃パリィを狙うチャンスです。

射撃のタイミングが早いとゴースの動きは止められるもののゴースは頭を垂れてしまい前方からの内蔵攻撃はできないようです。ただゴースとの距離が近い場合ステップ・インして迅速にゴースに接近して背後を取りR2貯め攻撃を入れればバックスタブからの内蔵攻撃に繋げることは可能です。これは案外時間的な猶予があるため、銃パリィを外したとしてもゴースの動きを止められればバックスタブを十分に狙えます。

ただこれも検証した限りR2貯め攻撃の発動の最も早い部類のレイテルパラッシュだと決まりますが、ノコギリ鉈だと間に合わない場面が散見されます。このシチュエーションでのバックスタブは慈悲の刃やレイテルパラッシュなどR2貯め攻撃の発動の最も早い武器でないとゴーストとの距離によりますが間に合わないかもしれません。
 
低空で空中からの飛翔攻撃は外しても硬直させることができれば内蔵攻撃のチャンスが再度あります。この攻撃はボーナスステージも良いところです。またこの低空で空中からの飛翔攻撃はステップで回避のタイミングがシビアで難しく一応ゴースが空中から低空で飛翔してから一度地面にぶつかってからこちらに吹き飛んできますが、この一度地面に当たったタイミングでサイドステップなどで回避することは可能なようですが、当たれば大ダメージのため、銃パリィ狙いでなくても銃で動きを止め安全に処理したほうが無難だと思われます。

後はゴースが上空に大ジャンプしたあと叩きつけ攻撃を何回かしてきます。これはプレーヤーに対してホーミングして誘導してきます。1回目より2回めでさらに強く誘導してくるので案外怖いです。攻撃の兆候を察知したら後ろに歩いて下がりつつバックステップで回避します。特に2回めは攻撃が当たるギリギリまで引きつけてからバックステップで回避します。

基本的にゴースの後半戦の攻撃の大半はピンク色の玉の攻撃以外はバックステップすればほとんど攻撃を食らうことはありませんが、そうすると攻撃のタイミングが殆どなくなってしまいます。中距離からジャンプで距離を詰めて左から右へ胎盤を叩きつけてくる攻撃も、右ステップで回避するかバックステップで回避は容易ですがこの攻撃を右ステップで回避後、攻撃のチャンスとばかりに攻撃をを入れると高確率で胎盤を背後に対してぐるっと一周させて攻撃を入れてくるため被弾しがちです。ダークソウル3の後半戦の踊り子みたいなやつですね。

背後を取ってから攻撃を入れると反撃を受けても当たりにくいですが、当たるときは当たるようです。攻撃を入れずに距離を取り次の攻撃にそなえたほうがよさそうです。

後の攻撃はゴースが雄叫びをあげるとゴースママから雷が全方位へ広がっていきますが、海の奥の方で戦うようにすれば雷の隙間が部分的にでき、なおかつ距離が離れれば雷は減衰していきます。その隙間を抜ければ回避は容易です。この攻撃があるので海の中で戦うようにしてゴースが雄叫びをあげたらゴースから距離を取り雷の切れ間を抜けて回避します。慣れれば雷の隙間を縫って歩いて回避可能です。

後はゴースが空中をあっちこっちに飛翔しながらピンク色の玉を広範囲に投げつけてきます。このピンク色の玉の攻撃は範囲が広く前方へ伸びてくるのでバックステップだと案外当たりやすいため左サイドステップで回避。稀に空中を飛び回りやたらめったらピンク色の玉を広範囲へ投げつけてきますが、これはゴースとゼロ距離でも仕掛けてくる場合があり確実に回避することは難しい印象です。被弾したらおとなしく輸血液で回復しつつゴースと距離を取り次の攻撃に備えます。

まとめると後半戦はゴースの攻撃を回避後、安全かつ確実に直接攻撃で攻撃を入れる隙きというのはあまりない印象です。回避後、攻撃すると高確率で反撃を喰らいます。そのため通常の攻撃はバックステップなどで回避に専念しつつ特定の攻撃で銃パリィとバックスタブからの内蔵攻撃に的を絞ったほうが安全に処理できます。

4連続の叩きつけ攻撃時に4回めで空中にジャンプしたらステップインした後R2貯め攻撃でバックスタブからの内蔵攻撃を狙う。低空で空中からの飛翔攻撃は銃パリィを狙う。それ以外の攻撃はバックステップなどで回避に専念して攻撃はしない。それ以外に安全かつ確実に銃パリィを狙える場合は狙う。

現在はまだ三週目ですがさらに周回を重ねた場合被ダメージも更に上昇するため極力被弾しないように安全に立ち回りたいところですが、これが安全第一で行くなら後半戦を楽に攻略できるような気がします。時間が少々かかるのが難点ですけど。

当初は鬼のように強く感じたゴースですが立ち回りに慣れてくると銃パリィはもちろんバックスタブからの内蔵攻撃を入れることができるタイミングも案外豊富に用意されているようです。またゴースの攻撃は慣れれば割と回避しやすい部類のため今ではそこまで強くは感じません。




こちらは安全第一で前半戦は銃パリィに縛っています。これが安全かつ楽でよいかも。


追記

当初はゴースの胎盤によるヨーヨー攻撃にもうまく銃パリィを合わせることができませんでしたが、これも慣れると楽に銃パリィが取りやすい。銃で射撃と同時に前方に2回ステップインすれば仮に銃パリィを外してもヨーヨーの攻撃の中にステップイン2回で入り込んで回避することは可能と失敗してもリスクがないことに気がつき、ボーナスタイムだと分かりました。ただゴースのヨーヨーの射程外ぎりぎりで銃パリィに失敗した場合、ヨーヨーが直撃します。

ゴースのジャンプ攻撃は高さのあるジャンプはステップインではなく歩いて抜ける感じでやり過ごすとR2貯め攻撃で背後から綺麗に内臓攻撃に繋げられるけど、高さが低いジャンプとの見極めが難しく失敗すると被ダメージがきついのと、失敗時にテンポが悪くなるので現時点ではスルーしています。

他にも銃パリィのチャンスは腐るほどありますが、ゴースが唸り声をあげつつ胎盤を貯めつつ攻撃をしてくるときは管理人のように銃パリィが下手な人間でも割りと合わせやすいです。前半戦はゴースとの距離感をゴースに対して2回ステップで接近できる程度の距離感を常にキープする。ゴースの攻撃は銃パリィが取れる攻撃以外はスルーして回避に専念する。回避後はすみやかに後ろに2回ステップで下がる。一回だけだと追撃を誘発しやすい印象です。2回ステップで距離を取るとヨーヨー攻撃やジャンプ攻撃を誘発しやすい印象です。

後半戦で個人的に銃パリィが確実に狙えるのはゴースが接近しつつ胎盤を1段目右から、2段目左から横払いしてきますが、1段目は右ステップで回避、回避後およそ0.5秒(1秒だと長い)ほど経ってから銃撃することで銃パリィが安全かつ確実に入ります。

あとゴースが接近しつつ前面に胎盤を3回叩きつけた後、4回目で上空に飛び上がります。この攻撃は後方に歩いて下がりつつ、4回目で上空に飛び上がった際に前方に歩いて抜けます。その後2,3歩(3,4歩?)程度歩いたところでR2貯め攻撃を入れると綺麗にゴースの背後を取りバックスタブからの内臓攻撃が確実に入ります。

以前は4回目の攻撃をステップインして入り込んでからR2貯め攻撃をしていましたが、コントローラーのスティックを綺麗に前方に倒さないとうまくゴースの背面に当たりません。またこれも同様にゴースが飛び上がってからステップインするタイミングが早いとあさっての方向に攻撃を入れたりとこれ以外と難しいです。

歩いて移動する場合、4回目の攻撃を抜けてすぐにR2貯め攻撃を入れると、あさっての方向に攻撃が入ることがあるのですが、4回目の攻撃を歩いて抜けた後、2,3歩(3,4歩?)歩いてからR2貯め攻撃を入れると綺麗に背後に入ります。この歩数が割と重要なようです。慣れるとぽんぽん決まります。

もう一つはゴースが中距離から飛翔しつつ距離を詰めてきます。これ自体はゴースが一度地面に当たってからこちらに飛んできますが、地面に当たるぎりぎりくらいで銃撃することで銃パリィを狙えますが、タイミングが早いとゴースを止めることはできますが、ゴースは頭を垂れてしまい前方から内臓攻撃はできません。ただ銃撃と同時にステップインで接近してゴースの背後を取りR2貯め攻撃を入れることでバックからの内臓攻撃に繋げることが可能。ただレイテルパラッシュくらいR2貯め攻撃の発動の早い武器でないとゴーストの距離によっては間に合わない場面が散見されます。ノコギリ鉈だとよほど距離が近くないと難しそう。というか同じタイミングで取れたことがないです。

仮に銃撃タイミングが遅くゴースの攻撃と銃パリィが取れたタイミングが同時で相打ちになった場合でもゴースは起き上がりざまに確定で胎盤を頭上に振りかざし前方へ叩きつけてきます。この攻撃は再度銃パリィのチャンスです。この攻撃の銃パリィは非常に取りやすいため、この攻撃はボーナスタイムというしかないです。

現時点では銃パリィないしバックからの内臓攻撃を確実かつ安全に入れることができるのはこの3パターンだけですが、これらの攻撃は後半戦幾らでも仕掛けてくるのでチャンスは豊富にあり外しても幾らでも機会があります。これらの攻撃だけに絞り後は回避に専念すればピンク色の弾の攻撃以外を確実に回避できるようにすれば割と簡単に完封できます。

ゴースの遺子の後半戦は割りとパターン化されており、慣れると回避に専念すれば回避することは容易な部類と思われます。稀に至近距離でピンク色の弾を四方八方に投げつけることがありますが、この攻撃は近距離でやられると確実に回避することは難しい印象ですが、この攻撃以外は慣れると回避は容易な部類です。コツはゴースに対して後ろに下がりながら戦いゴースと一定の距離を常に保つこと。そうすることで攻撃パターンは画一化されます。

ゴースの遺子は前半戦、後半戦ともに回避に専念する。下手にゴースの攻撃後、攻撃すると高確率で反撃されることがあり安定しません。前半戦は銃パリィ狙いに徹する。後半戦は今のところは前述した3パターンに絞って攻撃する。他は無視することで安定してゴース戦を制することは十分にできそうです。

銃パリィのタイミングはこれ以外にも豊富に用意されており自身が安全かつ確実に銃パリィを狙うことができるタイミングのみ狙う。それ以外は無視して回避に専念するといったことを意識すると割と楽にゴースを完封できそうです。動画にしても単調すぎておもしろみは皆無で動画映えはまったくしませんが、安全かつ確実にゴースを制するならこのやり方が無難だと思います。

ゴースに関してだけいえばピンク色の弾の攻撃以外はほぼ確実に回避できるようになったので、カンストでも対応できそうです。他のDLCのボスはカンストでどうこうできる気は現時点ではまったくしませんけどね。

今後の課題は銃パリィを確実に決められるゴースの攻撃パターンをさらに増やし、ゴース戦をより短時間で制することでしょうか。







マリア戦のほうがさらなる周回で被ダメージが上昇した場合怖い相手かもしれません。特に第二形態は連続で3,4回攻撃前の予備動作も無しで切り付けられる事があり、高周回だと二発食らえば即蒸発と思われるためその時点でゲームオーバーです。ゴース戦は難しいけど慣れれば今作でも随一の楽しいボス戦です。


関連記事
スポンサーサイト
  • Share