ソウル稼ぎ 大書庫 羽の騎士マラソン ダークソウル3攻略日記


今作ダークソウル3で終盤における定番になっているソウル稼ぎの場所をご紹介してみたいと思います。

マラソンを行う際に最大限獲得ソウルを増やすために以下の装備が必須となります。一周目ないし二周目でも行うことは出来ますが、敵を倒した際の獲得ソウル量がそもそも低い、三周目でないと貪欲な銀の蛇の指輪+2が取得できないことから獲得ソウルはその分目減りするため三周目から獲得ソウルの上昇幅が高いです。検証は四周目で行っていますが、三周目でも獲得できるソウル量はそれほど違いはないようです。


獲得ソウルの増加量

・貪欲者の烙印        約1.5倍 
・貪欲な銀の蛇の指輪+2  約1.3倍
・渇望の盾           約1.2倍
・宅鉢の杖           約1.2倍 

合計2.34倍


20160831082739_1.jpg



宅鉢の杖ですが、古竜の頂の篝火、大鐘楼の側に蛇人の霊媒という闇術で攻撃と召喚をしてくる敵がいますがこの敵からドロップします。ソウルの獲得量を大幅に上げることができるため、可能な限りマラソンしてドロップを狙ったほうがより効率よく獲得ソウルをあげることができます。



20160901174555_1.jpg




・大書庫 羽の騎士(黄金)

篝火、大書庫からショートカットを開通後エレベータを登り、城に向かうルートを左にそれ屋根を登った先に羽の騎士(黄金)が3体います。この3体の羽の騎士を倒すことで得られるソウルは獲得ソウル増やすアイテムを使用しない場合でも35100ソウルとかなりのものですが、獲得ソウルを上昇させるための前述したアイテム一式を装備した場合四周目で一体82134ソウル得られます。三周目でも8万ソウルは超えるためもっとも短時間で稼ぐことができる場所としては非常に優秀です。



20160831141642_1.jpg

装備一例

右手

・イルシールの刺剣
・宅鉢の杖
・呪術の火

左手

・渇望の盾

指輪

・静かに眠る竜印の指輪(装備者の出す音を消す)
・貪欲な銀の蛇の指輪+2

魔法スロット

・見えないからだ
・魅了



20160831135109_1.jpg

武器はイルシールの刺剣を使用していますが、お好みでよいです。刺剣は割と良くダメージが入るのでオススメではあります。
普通に戦って羽の騎士(黄金)を倒してももちろん良いのですが、より効率よく短時間で倒すには見えない体を使用して羽の騎士に近づき羽の騎士が屋根から降りてきたら降りてきた羽の騎士2体の内一体に魅了をかけて同士討ちを誘います。そのとき羽の騎士は天使の光柱のような奇跡を使用してくる場合があるため多少距離を取りつつ、同士討ちにより一体が倒れるのを待ちます。
敵が倒された時に備えて右手は宅鉢の杖に切り替えておきます。



20160831141833_1.jpg



後は、見えない体をかけ直し同士討ちをしていた羽の騎士に近づき魅了を掛けた後、攻撃して倒した後宅鉢の杖に切り替えます。後は残り一体の羽の騎士に接近して魅了をかけ普通に攻撃して倒した後宅鉢の杖に切り替えます。これで四周目で合計246402ソウルを獲得できます。敵を倒した後宅鉢の杖に切り替えるのを忘れると獲得ソウルは6万台まで目減りするため注意が必要ですが、見えないからだと魅了を適宜使用することで楽にソウルを稼ぐことが出来ます。後は螺旋剣の破片か帰還の骨片を使用して篝火に戻り、同じことを繰り返します。

一回のマラソンでかかる時間は徒歩で羽の騎士のところに向かって篝火に戻るまでスムーズに行けば、羽の騎士がいる場所まで歩いて行って篝火に戻るまで平均して2分かからない程度といったところです。のんびりやっても慣れれば2分30秒あれば十分です。羽の騎士のいるところまで走っていけば更に時間の短縮が図れます。

注意点は静かに眠る竜印の指輪を装備していない場合、見えない体が切れていると当然ですが足音で敵に察知されて思わぬ反撃を受けて蒸発する危険が出てきます。羽の騎士の攻撃は非常に強力なため注意が必要です。


他のソウル稼ぎ場所としては古竜の頂の篝火、竜人の霊廟の竜血の騎士マラソンなどがありますが、この大書庫の羽根の騎士(黄金)マラソンが最も楽に短時間でソウルを稼ぐことが出来そうです。
関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */