クーラー病にご用心


クーラー病、冷房病とも言うらしいのですが、昨今の猛暑でエアコン無しで昼間過ごすことは困難なため自宅でもオフィスでもエアコンを使用していることと思いますが、このエアコンによる冷房が原因で発生する体の不調というものが有るようですが、症状は頭痛、肩こり、腰痛、腹痛、疲労感、食欲不振、不眠症等色々とあるようです。

一般的に気温が5度以上の差がある場合、例えば屋外では30度を超えているが屋内では25度の場合など体温調整をするための自律神経が対応できなくなるそうですが、仮に自宅で暑いからといって24時間エアコンをつけっぱなしにした場合には完全に自律神経に不調をきたし体温調整ができなくなる。具体的には自律神経の不調により汗腺の機能が大幅に低下してしまい、体に溜まった熱を汗をかいて放熱するという機能が損なわれてしまうため、部屋は冷えているのに皮膚の表面はむしろ熱を持ってしまう。けれども体の芯は冷えきっているという状態になるようです。一日中エアコンの効いた部屋で過ごし外に出れば猛暑に晒される。このような環境で体調を崩さないほうがどうかしているというしかないです。

7月は猛暑が続いておりエアコンを稼働させる日が増えていましたが、8月は気がついたら24時間フル稼働な状態が続いていました。管理人的にも前述した不快感の症状に有るように慢性的な疲労感、肩こり、食欲不振は当てはまり、さらに体の芯は冷えているが皮膚の表面は非常に熱を持っている。だけど汗はまったくでないと言った感じです。持病のアトピー的にも汗を書くことが出来ないため皮膚が熱を持つ、結果的に炎症が悪化するという悪循環に繋がるため、エアコンの使いすぎによる自律神経の不調は改善しなければいけないと感じています。

一般的には入浴によって自律神経の不調は改善を図れるようですが、風呂あがりにエアコンの効いた部屋で過ごしてしまうと、本末転倒といえますので、結局のところ、クーラー病を改善するにはエアコンを使用する時間を制限するしかなさそうです。
昼間の暑さはどうにもならないのでエアコンを使用するとして、夕方以降気温が低下してきた場合エアコンの使用は極力控え扇風機で我慢するなどの対処が求められそうです。エアコンの風は自然な風と異なり乾燥していて肌にはよくないです。

実際に昼間はエアコンを使用して、夕方以降は我慢する、ゆっくりと入浴をするということを守るだけで、今までは熱くても汗をかけずに皮膚の表面が熱を持ってしまうという症状が緩和され、緩やかにですが暑ければ汗をかけるようになってきました。その結果皮膚の表面が熱を持つということもなく、触ってみると適度な体温と言えそうです。エアコンの使用時間を制限して入浴を適当な時間するだけで自律神経の機能の回復は図ることは出来そうです。猛暑が続くこの時期、前述した体の不快感に悩まされている方はクーラー病が原因かもしれません。エアコンは昨今の猛暑の中使用しないということは難しいですが、上手にエアコンを利用して体調の管理に気をつけたいところです。

関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */