ドグマチールの断薬できました



ドグマチールの断薬ですが無事に辞めることが出来ました。まだ辞めてから二週間程度ですが、以前服用を辞めた際の症状、体が重い、胃が痛い、むかむかする、食欲が乏しい、全体的に意欲が乏しい、気力がない、元気がない、後は謎の不安感、頻尿、
体の重さ、謎のエネルギー切れにより体が夕方以降満足に動かせないといった症状も現在はでていません。

辞めるきっかけはある日薬の服用を忘れたことがあったのですが、体調に変化がなかったため試しに服用を辞めることにしました。それ以降一週間経過しても二週間経過しても体調に変化はなく比較的に良い状態が続いていることから、油断はできませんが概ね辞めることは出来たと判断して良さそうです。

ドグマチール自体は向精神薬に分類されるとはいえ、8年ほど服用をしていた中で突然辞めることもありましたがそのときも前述したような辞めた際の離脱症状と思われていた不快な症状は出ていなかったので、今回に限り前述した症状に苦しめられたのは謎ですが、ひょっとしたらベンゾ系睡眠薬を2月くらいに辞めることはできていたもののベンゾの離脱症状はそれ以降も続いていた可能性があります。それも半年近くの期間ということになるので、それが本当ならベンゾ恐るべしといった感じです。

ドグマチール自体は向精神薬に分類されるとはいえ、ベンゾ系の薬ではないので薬の断薬にあたりベンゾほどきめ細かく減薬を図りつつ断薬をするといったことは、どうやら必要なさそうです。このことはドグマチールの断薬に関するブログなどのクチコミ情報と合致します。

今まではドグマチールは食欲不振により服用していたわけですが、今も昔に比べると食は細いといえます。ただ加齢による食欲の低下、暑さにより食欲が落ちたとしても、体が欲する分だけ食事を取れば良いと発想を切り替え、安易に薬に頼ることは今後は辞めようと思います。以前ドグマチールを服用していた時は食欲が旺盛で外食で家系ラーメンを注文しても大盛りをペロリと平らげていましたし、自炊をした時は丼ご飯でご飯一合を平らげていましたが、食後の強烈な眠気に悩まされていました。
単純に炭水化物の摂り過ぎだと思います。今は米を一合を炊き、一度に食べるのは茶碗いっぱいまでと決めています。
その分を野菜等で補っているのですが食後の眠気も大幅に和らぎかえって体調も良いです。

断言してよいかは分かりませんがドグマチールには離脱症状はない、もしくはあったとしても非常に軽微でベンゾ系の薬ほど神経質になる必要はないと思われます。仮に150mg/一日に服用している場合一気に50mgまで減らして二週間から四週間程度様子を見てそこから一気にゼロにする。これで問題はなさそうです。実際にこんな感じで服用をやめています。

ベンゾ系睡眠薬を辞めドグマチールを辞めたことで概ね体調も戻ったといえますが、これで心療内科も晴れて卒業できそうです。
睡眠薬を辞めたことでもう心療内科には通ってはいないんですけどね。

関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */