ダークソウル3 防具考察 ダークソウル3攻略日記




今作における防具というのは過去作のように物理防御力ではなく物理カット率で表記しています。この物理カット率というのが曲者でして正直どの程度防具により被ダメージ量が低下しているのか一見すると良く分かりません。そのためこの記事では防具と鉄の加護の指輪+1の組み合わせでどの程度被ダメージ量が変化するのか考察してみたいと思います。

なおステータスにおける体力は物理防御力を底上げすることができるとのことですが、体力30と体力11(騎士の初期値)でどの程度変化するのか合わせて検証しています。



20160815091148_1_convert_20160815101348.jpg

調査した場所は二周目のロスリックの高壁の大盾と槍持ちのロスリック騎士、この敵から基本となる槍の二連撃の攻撃の一発を貰いどの程度防具の違いにより被ダメージ量が変化するのか確認しています。



検証に使用した装備

鉄の加護の指輪+1 カット率13.0 重量0.8

1.

重量0、物理0 



20160815095317_1_convert_20160815110625.jpg

2.
主教のローブ 重量3.5、物理3.6、対打撃3.6、対斬撃4.4、対刺突3.6
伝令のグローブ 重量2.9、物理3.1、対打撃2.1、対斬撃3.1、対刺突2.9
合計重量6.4

3.

主教のローブ 重量3.5、物理3.6、対打撃3.6、対斬撃4.4、対刺突3.6
伝令のグローブ 重量2.9、物理3.1、対打撃2.1、対斬撃3.1、対刺突2.9
鉄の加護の指輪+1 カット率13.0 重量0.8
合計重量7.2

4.
主教のローブ 重量3.5、物理3.6、対打撃3.6、対斬撃4.4、対刺突3.6
伝令のグローブ 重量2.9、物理3.1、対打撃2.1、対斬撃3.1、対刺突2.9
闇の足甲 重量6.1、物理7.8、対打撃5.7、対斬撃7.1、対刺突6.8
鉄の加護の指輪+1 カット率13.0 重量0.8
合計重量13.3

20160815091631_1_convert_20160815110836.jpg

5.
兵士の鉄兜 重量4.6、物理4.3、対打撃3.6、対斬撃4.2、対刺突4.2
主教のローブ 重量3.5、物理3.6、対打撃3.6、対斬撃4.4、対刺突3.6
伝令のグローブ 重量2.9、物理3.1、対打撃2.1、対斬撃3.1、対刺突2.9
闇の足甲 重量6.1、物理7.8、対打撃5.7、対斬撃7.1、対刺突6.8
鉄の加護の指輪+1 カット率13.0 重量0.8
合計重量17.9

20160815153730_1_convert_20160815154600.jpg

6.
兵士の鉄兜 重量4.6、物理4.3、対打撃3.6、対斬撃4.2、対刺突4.2
黒騎士の鎧 重量13.9、物理13.8、対打撃11.7、対斬撃12.7、対刺突12.6
黒騎士の手甲 重量4.0、物理3.4、対打撃2.9、対斬撃3.3、対刺突3.1
黒騎士の足甲 重量8.5、物理8.1、対打撃6.7、対斬撃7.6、対刺突7.4
鉄の加護の指輪+1 カット率13.0 重量0.8
合計重量31.8

20160815085204_1_convert_20160815110733.jpg

7.
ハベル装備一式 物理35.3、対打撃31.6、対斬撃33.6、対刺突31.6、重量58.9
鉄の加護の指輪+1 カット率13.0 重量0.8
合計重量63.3

20160815095644_1_convert_20160815110942.jpg

8.
スモウ装備一式 物理29.8、対打撃20.3、対斬撃29.0、対刺突27.0、重量30.9
鉄の加護の指輪+1 カット率13.0 重量0.8
合計重量62.8

体力30で検証

1.HP 792/1045 防御力102/カット率0 裸  
2.HP 825/1045 防御力134/カット率6.588 軽装(伝令のグローブ、主教のローブ)
3.HP 853/1045 防御力134/カット率18.732 軽装(伝令のグローブ、主教のローブ)+鉄の加護の指輪+1
4.HP 870/1045 防御力154/カット率25.071 軽装(伝令のグローブ、主教のローブ)+闇具足+鉄の加護の指輪+1
5.HP 884/1045 防御力172/カット率28293 兵士の鉄兜+軽装(伝令のグローブ、主教のローブ)+闇の具足+鉄指輪+1
6.HP 900/1045 防御力172/カット率36.287 兵士の鉄兜+黒騎士の鎧、黒騎士の手甲、黒騎士の足甲+鉄の加護の指輪+1
7.HP 907/1045 防御力172/カット率40.201 ハベル装備一式+鉄の加護の指輪+1
8.HP 904/1045 防御力172/カット率41.667 スモウ装備+鉄の加護の指輪+1

※ダメージ割合は裸と比較した場合の数値です。

1.HP 792/1045 防御力102/カット率0    被ダメージ253 
2.HP 825/1045 防御力134/カット率6.588  被ダメージ220 ダメージ割合87%
3.HP 853/1045 防御力134/カット率18.732 被ダメージ192 ダメージ割合76%
4.HP 870/1045 防御力154/カット率25.071 被ダメージ175 ダメージ割合69%
5.HP 884/1045 防御力172/カット率28293 被ダメージ161 ダメージ割合64%
6.HP 900/1045 防御力172/カット率36.287 被ダメージ145 ダメージ割合57%
7.HP 907/1045 防御力172/カット率40.201 被ダメージ138 ダメージ割合55%
8.HP 904/1045 防御力172/カット率41.667 被ダメージ141 ダメージ割合56%



追記
三周目同じ条件下での被ダメージの変化を確認しました。体力は34まで上げています。
※寵愛の指輪+2を装着しているのでHPは+5、体力が30から34に上がっているので物理防御力は+4です。

HP766/1050 防御力106/カット率0 裸
HP840/1050 防御力176/カット率17.578 兵士の鉄兜、主教ローブ、伝令、闇具足、
HP868/1050 防御力176/カット率28.293 兵士の鉄兜、主教ローブ、伝令、闇具足、鉄の加護の指輪+1
HP886/1050 防御力176/カット率36.287 兵士の鉄兜、黒騎士装備、鉄の加護の指輪+1


検証結果ですが、裸の場合と何かしらの防具を着ている場合ですが、数値上のカット率よりも若干ですがダメージの割合で見ると
高くなっています。これはおそらくですが防具を着ることにより防御力が上昇するためそれによるものだと思われます。

重装であるほどに防具のカット率は高くなりますが、数値上のカット率が上がるほどにダメージ割合も減少しているため正しく機能しているようです。

裸とハベル装備+鉄の加護の指輪+1を比較した場合の被ダメージの割合は55%ほどです。指輪込みでカット率40%ほどですが指輪を外した場合は27%、ハベル装備は一式を装備した場合重量は指輪込みで63.3ありますが、これは体力30ですと合わせてハベルと寵愛の指輪をセットしても装備重量の割合が73%と中ローリングすら出来ずドッスンローリングです。そのことを考慮すると今作のハベル装備は重量の割にカット率は控えめだというしかないです。

そのため体力30で運用可能な中でもっとも被ダメージ量を軽減することができているのは6の兵士の鉄兜+黒騎士装備といったところですが、重量は31.8、その次に4の伝令のグローブ、主教のローブと兵士の鉄兜、闇の具足で固めた場合は重量17.9です。両者の重量は13.9違いますが両者の被ダメージ量は30、被ダメージの割合は83%です。

この検証結果を見ると重量のかさむ装備を着込んだとしても、重量がかさむ割には指輪無しでの物理カット率は控えめだといえます。ただ5番と6番を比較した場合一発辺り被ダメージ16でも100発攻撃を受ければ1600、被ダメージ32なら50発です。

エスト瓶の回復量最大強化で600と考えると攻略の道中で2本弱のエスト瓶を節約できることになります。ステージ後半、敵の種類により被ダメージ量は跳ね上がりますがそのことを考慮すると、この差は無視にできないかもしれません。

一発あたりの被ダメージ量の違いは軽微でも塵も積もれば山となる。そのことを考慮すれば篝火間の長いステージなど、特に初見プレイにおいては最低限物理カット率を底上げすることはエスト瓶の節約に寄与すると言えそうです。

ボス戦などでは更に被ダメージ量も大幅に上昇するため、この場合には装備重量の割合が中ロリの可能な69.9%以下になる程度に装備を固めてあげて物理カット率を底上げすることは有効かと思われます。今作では装備重量の割合を69.9%以下にした場合と軽ロリが可能となる29.9%以下に抑えた場合を比較してもスタミナの回復速度に違いは見られません。

意識して軽ロリの可能な装備重量に抑えるのでなければ、装備重量を69.9%以下になる程度に可能な限り防具を装備して物理カット率を稼ぐことは重要だと思います。

仮に大槌などを両手持ちにしてあえて敵の群れの中に飛び込んで少々の被弾は覚悟の上で複数戦に持ち込んでラフに戦う場合等は被弾回数は大幅に増加するため防具の恩恵もそれなりに効いてくると思われます。

少なくとも今作におけるハベル装備は重量の割に物理カット率が低いためカット率を稼ぐためにハベル装備一式を装備するためだけに体力を上げる必要はコスプレ以外の目的ではなさそうです。

重量と物理カット率をバランスよく上げることを目的とした場合、鉄の加護の指輪+1で13.0、後は比較的に軽い割に物理カット率を稼ぐことができる装備を身につけ防御力を172確保する。

お好みで装備すれば十分と思われます。例えば5番の兵士の鉄兜+軽装(伝令のグローブ、主教のローブ)+闇の具足+鉄の加護の指輪+1と言った構成です。この構成で物理カット率25%ほどですので重量13.3であることを考えれば十分だと思います。

一周目や二周目は被ダメージも低いため端的に言えばヴィジュアルと重量、物理カット率のバランスが取れていれば後は好みの防具を身に付ければなんでも良いといった感じです。

ダークレイスがドロップする闇シリーズ、もしくは黒騎士シリーズでしょうか。これらの装備は重量と物理カット率のバランスが優れており悪くないです。

ただ三周目では被ダメージが二周目からおよそ1.12倍に上昇しているためロスリック城以降、敵からの被ダメージは跳ね上がります。ロスリック城、大書庫、古竜の頂等はMOBの数が多く敵の攻撃力も非常に高いためこの辺りはできるだけ防具を整え物理カット率を30%から35%まで上げるとHPの減り方が目に見えて変わるほど減少します。

20160819152722_1.jpg



古竜の頂には鎖鎌を持った大きな蛇人という鎖鎌を投げてくる強敵がいますが、三周目だとHP1050で物理カット率10程度だと攻撃によっては一発で蒸発しますが、物理カット率を35%程度まで上げるとなんとか耐えることは出来、目に見えて死にづらくなります。

やはり三周目以降、ステージ後半で被ダメージの上昇が顕著なため、物理カット率を上げることは明らかに効果があります。多少装備重量を圧迫しても物理カット率を稼ぐために重い防具をスポット的に装備する意味はありそうです。一周目は被ダメージも低いので、別段物理カット率を意識して重い防具を装備する必要は必ずしもないかと思います。


また鉄の加護の指輪ですが+1で物理カット率13、+2で15稼ぐことが出来ます。普段は割と脳筋装備で道中を攻略しているのですが、呻きの盾が重量21.5、モーンの大槌が重量24と非常に重いため防具に割くことができる重量は13ほど。あまり余裕がなく軽装です。ですが鉄の加護の指輪により+1で13、+2で15の物理カット率を稼ぐことができます。

仮に重量13で物理カット率13稼ぐことができる防具を着た場合装備重量を13圧迫することになりますが、装備重量を圧迫すること無く物理カット率の上げることができる鉄の加護の指輪はいわば防具専用のハベルの指輪のようなものです。

指輪のスロットは一つ圧迫するものの、強敵がいるステージを攻略するときなど物理カット率を少しでも稼ぎたい場合、この鉄の加護の指輪を装着することで、+1で13、+2で15の物理カット率を重量を圧迫することなく稼ぐことができるとしたら悪くない選択肢だと思います。

三周目以降の終盤ステージでは敵からの被ダメージも大幅に上昇するため物理カット率を指輪込みで35%程度まで上げることに対する恩恵は相当に有ると感じます。


20170416075126_1.jpg

DLCで入手できる鉄の加護の指輪+3ですが物理カット率は実に+17です。指輪だけで物理カット率が+17底上げできることの恩恵は計り知れません。難所ではこの鉄の加護の指輪を装着することで道中の難易度とボス戦での被ダメージの軽減に大きく寄与してくれるものと思われます。普段軽装で望んでいるのでこの指輪は個人的に手放せません。




一応体力11の場合にどうか検証しています。

体力11で検証

HP 789/1045 防御力98/カット率0.0 裸
HP 822/1045 防御力129/カット率6.588 軽装(伝令のグローブ、主教のローブ)

体力30と比べると物理防御力は裸の状態で僅かに4です。被ダメージ量もわずかですので、体力を向上することで物理防御力を底上げすることができるとのことですが、恩恵は非常に僅かであることが分かります。


関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */