アメスピ紙巻たばこから葉の流用 手巻きタバコ



DSCF0771_convert_20160807182813.jpg


DSCF0769_convert_20160807181255.jpg

前から気になっていたアメスピの市販の紙巻たばこの葉の部分を取り出し、手巻きタバコに使用した場合味に違いはあるのか興味があったので試してみました。普通にハサミでタバコを裁断して葉っぱを取り出した後普通に巻いてみます。使用したタバコはアメスピのペリックブレンドです。

紙巻たばこは手巻き用のシャグよりも裁断が細かいのでうまく巻けるか心配でしたが、ローラーにセットして巻いたところ、やや巻きづらさは感じるものの問題もなくペーパーをセットして巻くことが出来ます。

早速吸ってみますが、特に手巻き用のシャグと当たり前ですが違いは見られませんでした。念のためアメスピを輸入販売を手がけている会社に問い合わせして紙巻たばこと手巻き用のシャグに裁断方法以外で違いは見られるか確認しましたが、これといって違いはないそうです。

だとすればアメスピ一箱480円、40g換算で960円。手巻き用のシャグはペリックブレンドで40g、1080円と120円の違いですが、シャグはどこでも売っているわけではなく管理人の場合、電車に乗って数駅先のタバコ屋に行かないと通販以外では入手できません。そのため交通費を入れるとシャグは割高な感は否めませんでした。

シャグにはペーパーが50枚付属していますが、普段使用しているスモーキングブラウンのペーパーと比べると品質は劣り紙が燃えた際の香りがやや臭く感じます。漂白されている所為かもしれませんがあまりよい品質でもなさそうです。

アメスピの紙巻たばこはそれこそ近所のコンビニでも販売しているため、入手の容易さで言えば比較になりません。特に違いも見られないようですので、今後は手元にあるシャグが切れたら紙巻たばこを買ってきてバラして使おうと思います。

そこまでするなら普通に吸えばよいのではと素朴な疑問が湧くと思いますが、試しに紙巻たばこのペリックブレンドを吸ってみたのですが、残念ながら味は別物でした。どちらかといえばペーパーの所為というよりもフィルターの問題が大きいように感じます。

紙巻たばこのフィルターというのは久々に吸ってみたのですが、フィルターの透過量が低いのか吸ってもなかなか肺に煙が入ってきませんが、手巻きで使用しているフィルターは軽く吸えばすんなり煙が肺に入ってきます。

大抵のタバコというのは銘柄によりニコチンやタール量が異なりますが、その辺の違いというのは煙草の葉によって調整しているわけではなくフィルターによって調整をしているようですが、アメスピも例外ではなくフィルターでそのあたりを調整しているようです。

手巻き用に販売されているフィルターはこのフィルターの煙の透過量が明らかに高めに設定されておりタバコの味をよりダイレクトに味わうことになり本来のタバコの味を感じることになり純粋に美味しいです。

個人的には直径6mmくらいのスリムタイプのフィルターで吸うのが好みです。個人的にメンソールが好みなのですが、紙巻たばこにはペリックブレンドはメンソールのラインナップはありません。なので手巻きであれば太さの調整が楽にでき、手軽に自分好みの味に調整が可能です。

もちろんフィルターを使用せずに吸えばよりタバコ本来の味を楽しむことが出来ます。当初はきつく感じたものの慣れればこちらのほうが美味しいです。市販のシガレットではなく手巻きタバコにして吸う意義は大きいと感じます。

関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */