我が家にNHKが来なくなった理由


以前の話ですが我が家のインターフォンが鳴り寝ぼけていたのでカメラ付きのインターフォンに写った営業らしき人間にうっかり応対してしまったのですが、NHKでした。相手がNHKと名乗った瞬間「しまった」と思ったのも後の祭り、そこからはテンプレートのようにTVはありますか?携帯にワンセグはついていますか?PCにTVチューナーは付いていますか?と畳み掛けてきます。我が家では有ろうが無かろうがありませんと答えていますが、その時はそれでも引き下がらずTVをお持ちではない方にも書類に一筆もらうことになっていますと、そのNHKを名乗る来訪者はいいます。常識的に考えて、アポ無しで来たNHKを名乗る人間がTVがないと言っているにも関わらず、書類にサインしろ等怪しすぎます。その時は丁重に断りました。

念の為にNHKに電話してTVが無いにもかかわらず書類のたぐいにサインすることが発生することはあるか?確認を取りましたが、そのようなことはないと確認が取れました。そこから考えられるのはNHKを名乗る詐欺、もしくはTVが無いにもかかわらず受信契約書にサインさせて契約させようとする詐欺、どちらにしても立派な詐欺行為と思われます。
このNHKを名乗る訪問員が来てからというもの、それ以降インターフォンが鳴ってもNHKと思われる人間と思われる場合は、ひたすら無視を決め込みます。NHKの受信料代行業者の人間は一人ないし二人でくる場合が大半でありスーツを着用して、かつ首から社員証を下げているのが特徴です。

大抵の場合、1,2度インターフォンを鳴らし不在と思われる場合、帰るのですが、その後今度はドアをドンドン叩くなど段々とエスカレートしてきます。一度、夜に来たと思ったら893まがいの風貌の人間が立っているのを確認しました。
NHKに電話してTVがないと言っているにもかかわらず対応がしつこいと苦情をいうものの、それで来なくなるのは束の間です。
少し間を置いてまたインターフォン連打攻撃、ドア、ドンドン攻撃が始まります。
さすが、天下の電波893NHK、偏向報道を垂れ流すだけでは飽きたらず契約している受信料徴収代行業者の質も最低、最悪です。受信料徴収代行業者の人間はその質の悪さから刑務所上がりの人間がいるのではないか?もしくは893のシノギになっているという噂もどことなく信ぴょう性が出てきます。

このNHKとの不毛なやり取りが1,2ヶ月ほど続きましたが(もっと長かったかも)とあることがキッカケでばったりと来なくなります。
大抵の賃貸マンションというのはCATVに対応しており、仮にTVを設置して見る場合CATV経由で地上波を見ることになります。そのため、CATVの会社では定期的に電波の受信状態を確認するという名目で部屋を訪れ、受信状態を計器で軽く確認した後、CATVと契約して欲しいので月にいくら払うと様々な番組がこれだけ見れますよと営業活動に入ります。
すでにTVを見ない生活が長らく続いており、電波の受信状態の確認の知らせというかビラが来る度に不要である旨事前に電話で連絡をしていました。というのもアポ無しで来てインターフォン連打、ドア、ドンドン攻撃するので、NHK並に質が悪いのです。
そのため基本的にアポ無し訪問は一切対応していません。

こちらもNHKに劣らず相当しつこいので、対応が面倒なため我が家にTVはないので今後、ビラを入れる、家を訪問する等の対応はしないで欲しいと一度きっぱりと言ったことがあります。それからです。あれだけバルサンを炊こうがホウ酸団子を設置しても湧いていたゴキブリの如きしつこさを見せたNHKがぱったりと来なくなりました。
最初はそのうち来るだろうと思っていたものの、すっかり静かな生活を取り戻しそういえば最近NHK来ないな?などと思った時には3ヶ月ほど経過していました。
管理人はぴーんと来ました。CATVの会社にTVはないと伝えた瞬間にNHKが来なくなった・・・
そこから導き出されるのはTVの有無といった個人情報を両者間でやり取りしている可能性が濃厚である点です。個人情報保護法が施行されてから、久しいですが残念ながらNHKにはその辺りの法令を順守するという精神は欠片もないようです。それともNHKにはTVの所持に関する個人情報をこのように共有できるように特例でも認められているのでしょうか。その辺りはちょっと分かりません。ただひとつ分かったことはNHKの訪問員に対してTVがないことを説明しても意味がなく、NHKに電話でその旨を伝えても意味は無いが、CATVの会社にTVがない旨を伝えたほうが効果が高いこと。

いずれにせよ、仮にお住まいの賃貸物件がCATVに対応している場合、NHKの訪問が執拗でうんざりしている場合、CATVの受信状態の確認の知らせが入った段階でCATVの会社に電話してTVは無いので、これ以上の訪問は不要であり、来ないでくださいときっぱり伝えれば、情報を共有したNHKもそれ以降来なくなるかもしれません。常識的に考えてTVがないと主張しているにもかかわらず、執拗に来ること自体無駄な労力ですので、NHK側としてもそのような不毛な作業は省きTVがありそうな家庭を回ったほうが効率は良いと思いますので。

NHKの受信料徴収代行業者と思われる人間が来た場合、無視が一番です。インターホンが鳴っても対応しない、カメラで覗けばAMAZONからの荷物であればそれっぽい服装で荷物を持っているのですぐに分かります。アポ無しで友人が訪れてもカメラで見ればすぐに分かります。基本的にはアポ無しの客は無視が一番です。アポ無しで訪問する人間の99%は招かれざる客です。一度対応したが再度、執拗に来るのでイチイチ対応しているとエネルギーの消耗が激しくなにより不毛な行為です。

このケースは偶々かも知れませんが、NHKの執拗な訪問にウンザリしている方で、CATV対応の物件にお住まいの方であれば、CATV会社に電話してTVがない旨伝えてみてはいかがでしょうか。それでぱったりとNHKが来なくなれば前述したような理由だと思われます。家にTVが有り、普通にTVを見ている方はこのような不毛な行為から開放されるためにも受信契約したほうが良いかもしれません。契約すれば少なくとも893まがいのNHKの人間が来ることはなくなり静かな生活を取り戻すことが出来ます。
受信料というのは電波893であるNHKに対するみかじめ料のようなものですので。
関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */